読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

行動力がない人必見!誰かを巻き込む力を養ってあなたの想いを具現化しよう!

f:id:bun1125:20160706011743j:plain

こんにちはぶんたです。

みなさんはなにか新しいことをする時って「よしやるぞ!」っていきなり始められますか?もちろん思い立ったらすぐ行動が1番ですが、それってなかなかエネルギーがいるし大変ですよね。即行動はぼく自身も心がけていますが、それでもサクッと行動に移せない時があります。

今日はそんな時にぼくが実践している方法を書きました。キーワードは「誰かを巻き込む力」です。

なぜ口だけの人が多いのか

世の中口だけの人が本当に多いですよね。

「こんなのやりたいんだよねー」

「ああ、それ私もやろうと思ってたー!」

「絶対こういうのあったらいいっしょ!」

「そうか。じゃあ明日やれよ」

前までぼくは誰彼構わずこう答えるようにしていました。でもこれって本当に相手のこと考えた上での発言なのかなーって疑問を持つようになりました。もちろんすぐに行動に移せる人ならいいのですが、ぶっちゃけそんな人はブーブー言わずにもう既に動いている訳でして。

ではなぜ人はこんなことを言うのでしょうか。答えは簡単。後押しが欲しいんです

あなたの一言が誰かの行動を変える

なにかやりたいことがあっても踏み出せない。そういう人ってきっと恐いんですよね。動いた結果どんなことが起きるか自分でもわからないから。だからきっと誰かに言いたくなるんです。背中を押して欲しいんですよ。

人は見えないものを怖がります。幽霊とか暗いところが苦手な人、高所が苦手な人も本質的に同じかなって思ってます。先や周りが見えないから。生きていくのも同じです。何か新しいことをしたくても、未来が見えないから怖いんです。調べて準備しても結局出来ないのはその後の未来が想像できないからです。

その結果、誰かと意見を共有して、未来に少しでも明かりを灯してみようと思うわけです。自分以外の意見は重要な判断材料ですから。未来の道標を探すために誰かに話すんです

そんな人を見かけたら少し話を聞いてあげてください。彼らは否定を求めている訳ではありません。行動に移す方法を探しているのです。話を聞き終えてから「じゃあやってみようか」って声をかけてあげましょう。

上手な勇気の作り方

あなたにもし何かやりたいことがあったら。もちろん自分で計画してサクッとやり始めたら素晴らしいです。でもそんな人は稀です。だから周りに頼ってみましょう。親でも、友達でも、その類に詳しい人でも。

ぼくは周りに相談する以外で全く話したことのない人をおすすめします。そんな人ほど親身になって聞いてくれるはずです。まずは誰かに話すこと、それがあなたが行動するための勇気を作ってくれます

ひとりに話しかけただけじゃまだ行動に移せないかもしれません。勇気を持てるまでどんどん話しかけていきましょう。きっと何かのきっかけでスタート出来るはずです。

勇気は誰でも作れます。もっと周りに相談しましょう。小さな勇気を作っていきましょう。

行動力とは「誰かを巻き込む力」

行動力のある人の周りには必ずたくさんの人がいます。それはその人に「誰かを巻き込む力」があるからです。この力の大きさがそのまま行動力に起因しています。

でもこれって先程の勇気の作り方と同じなんです。きっと誰かに話した数だけ、応援も批評も色々もらうと思います。それはあなたのことが気になるから出てきた意見です。あなたはその瞬間から誰かを巻き込むことが出来たのです。どんどん周りの人を巻き込むと、応援してくれる人は勝手に周りへ拡散してくれます。すると、自分の知らないところからもあなたへの応援が始まります。出会った人の数だけ、巻き込む力は強くなり、あなたの行動力は少しずつ少しずつ培われていきます

本当にやりたいことが明確な人は自分で動かずとも、周りが勝手に背中を押してくれるようになります。その人たちはあなたのファンであり仲間であり、そして次はあなたが背中を押してあげるべき人々です

自分で出来ないことは誰かにやってもらえばいい

人に相談してもなかなか行動に移せない...そんな人もいると思います。そういう時は思い切って自分でやらないのも手です。だって自分で出来ないから(そう思い込んでいるから)行動しないんでしょう?それならば誰かにやってもらえばいいじゃないですか。周りを頼ってみればいいじゃないですか。

企業にも同じことが言えますよね。実現したい計画がある。でも今のままじゃまだ出来ない。それでもやりたい...。経営者ならそうなる前に未来を実現できる人を見つけます。自分で出来ないことは徹底的に誰かに頼むべきです。あなたはあなたにしかできないことをすればいい

あなたの計画をしっかりと実行出来る人は必ずいます。そんな人が現れたらあなたは徹底的にその人が活動しやすい環境を作ってあげるべきです。それがあなたにだけ出来ることです。

ぼくは背中を押してもらうことで成長してきた

ぼくは基本的に新しいこと、楽しいこと、興味の湧くことが好きです。そして何より、人と話すのが大好きです。これまで様々な事業に手を出してきましたが、それもこれも周りからの後押しがあったからだと思っています。環境に支えられてきましたし、支えてくれる環境作りをぼくは徹底して行ってきました。

未だに背中を押してもらうことは多々あります。このブログを始めたのも背中を押してくれた人がいたからです。ぼくはきっとこれからもそういう風に生きていきます。

結局人間は周りの人や環境に作り上げられていきます。その環境作りが上手い人、つまり誰かを巻き込む力のある人がガンガン成長して、見えない未来を作る人間になっていくんです

まとめ

そんなわけで今回は行動力が無いと嘆く人へのぼくなりの想いを書いてみました。自信を付けるというよりも小さな勇気を積み重ねることでそれは解消できるはずです。そのためにはもっと周りを巻き込んであなたの想いを具現化させていきましょう。