家賃っていつまで滞納しても大丈夫?家賃滞納から強制退去までの流れとすぐにお金を用意する方法

「家賃っていつまで滞納しても平気なの?」

「管理会社から電話がかかってくるけど無視しちゃってる…」

「もう滞納して3ヶ月以上経つけどまだ大丈夫なんじゃない?」

一人暮らしってお金がかかってとても大変ですよね。

このようにヤバイなとわかっていながらも家賃が払えずに悶々としている人多いかと思います。

 

では実際いつまで家賃を滞納しても大丈夫なのか?

今回は家賃滞納から強制退去までの流れと、とりあえずすぐに支払いをする方法をまとめました。

スポンサードリンク

家賃っていつまで滞納しても平気?

ぶっちゃけ家賃滞納ができる期間は明確には決まっていません。

まずは管理会社から電話が来ますが、支払う意志を示さず無視し続けるとついには大家さんから内容証明郵便が届きます。

これは管理会社や大家さん次第なので何とも言えませんが、3ヶ月〜1年も滞納してしまえば十分アウトな期間です。

どうにかして支払う手段を考えなければこのままだとさらにマズイ展開が待っています…

内容証明が来たらいよいよ裁判。100%負け戦

実際、内容証明郵便が届きいざ裁判となればあなたに勝ち目はありません。100%負け戦です。

裁判ともなれば法的に裁かれ、延滞分の利息まで求められるケースもあります。

終了後は毎月の支払い義務を命じられ、当初滞納していたよりも多くの金額を支払うことになる可能性もあります。

当然強制退去にもなりますし、住む家も失ってしまいます。

 

毎月の支払いが困難なのはわかりますが、その点をどうにかする手段を考えないことには借金地獄の幕開けとなってしまうのです…!!!

裁判沙汰になる前にお金を作って家賃を支払おう

ここまで読んだ方はわかる通り、裁判沙汰になってしまえばもう手遅れ。

家賃を滞納し続ければ住む家を失い莫大な借金を負う可能性だってあります。

そんな人はとりあえず大家さんから裁判を持ち込まれる前に、何とかお金を用意して滞納分を支払ってしまいましょう。

プロミスならネットで今すぐ申し込みができて、すぐに審査が可能です。

最短で即日振込も可能ですので、以下の概要を見ながら申請してみてください。

  • ネットから24時間申し込み可能
  • 瞬フリサービスを使って三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を登録すると最短10秒で振り込まれる
  • 上記口座が無くても平日14時まで契約完了なら即日振り込みも可能
  • 初めての方は30日間利息0円

▼プロミスのネットキャッシング!初めての方は30日間利息0円!

>>即日振込ネットキャッシングの申し込みはコチラ

※30日間無利息での借入を希望の方はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

日本の借金経験者は3人に1人!?

実はキャッシングをしている人はとても多く、日本貸金業協会の調査によると、世の中の約3割近くがお金を借りたことがあるという統計も出ています。

つまり、3人に1人は借金経験があるんですよね。

正直、周りに言うようなことではありませんが、それでも「自分だけじゃない」というのは少しホッとする点かと思います。

副業で家賃分を稼ぐのもアリ

また、どうしても家賃の支払いが厳しいなら他に収入源を作るという手もあります。

例えばこちらの「すぐにお金が欲しいあなたへ!簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法12選」という記事で紹介している副業は1日で3~5万円稼げるものもありますし、ネットさえあればスキルなしでも誰でもできるのでやってみる価値はありますね。

 

実際問題、都会に住んでいると一人暮らしの家賃だけで7,8万なんてこともあるでしょう。

家賃の支払いに追われて生活を貧しく節約するくらいなら副業を始めてその分稼いでしまうというのは理想的ではないでしょうか?

 

もし家賃の滞納経験がある人や、滞納しそうだなという人。

お金に余裕が無い人はぜひ挑戦してみてください。