浮気調査を探偵や興信所に依頼すべき?自力で浮気調査する方法を徹底解説 | いつまでもアフタースクール
【経験者が解説】転職保証付きプログラミングスクールの実態を本音で解説

浮気調査を探偵や興信所に依頼すべき?自力で浮気調査する方法を徹底解説

最近恋人と会っていますか?

最後に一緒に食事をしたのは?

出かけたのは?

会いに来てくれたのは?

 

この記事を読んでいるあなたは、

 

「そういえば最近相手からの連絡が少ないかも…」

「相手の衣類から嗅ぎなれない香水のニオイがした…!」

 

なんて、思い当たる節があるのではないでしょうか。

 

人間として最低最悪の裏切り行為、それは「浮気」

相手のことを信じるためにも、浮気調査をしてみてはいかがでしょう。

 

この記事では50人へのインタビューを元に、

  • 典型的な浮気の兆候
  • 浮気の証拠の集め方
  • 浮気調査の依頼方法

についてまとめています。

 

「これって浮気…?」と不安になっている方も、「絶対に浮気してるでしょ!」と問い詰めたい方も、ぜひ読んでみて下さい。

目次

これって浮気..?浮気の兆候6つ

浮気の兆候

1.スマホをお風呂やトイレまで持っていく

最近恋人のスマホを見た記憶がありますか?

「やましい事なんて何もないから」と、パスワードをおたがいの誕生日にした日を懐かしく思う方も多いのではないでしょうか。

 

いつもその辺に無造作に置かれていたパートナーのスマホ。

それなのに、急にお風呂やトイレまで持っていくようになったら怪しいですよね。

 

自分の目の届くところに置いておこうとするのは、勝手に見られるとマズイことがあるからです。

 

お風呂やトイレといった場所は恋人とはいえ「干渉できないプライベートゾーン」

浮気をする側からすればまさに「安全地帯です。

浮気相手とのやりとりにうっかりニヤけてしまっても、疑われることはありません。

 

それに加えて頻繁にトイレに長居したり、長湯したりするようになったのならほとんど浮気確定です。

その間、浮気相手と存分にやりとりしていることでしょう。

腹立たしいですね。

 

また、

  • 「何見てるの?」と画面を覗き込もうとしたら隠された
  • 知らないうちに相手のスマホのパスコードが変わっている

など、「隠そうとする」「見られないようにする」のも浮気の兆候。

「浮気かも?」と思ったら、相手のスマホの扱い方を注意して観察してみてください。

携帯に関連する浮気兆候チェック

  1. 家の中でも肌身離さず携帯電話を持っている。
  2. 携帯電話を触ると怒る。
  3. 一緒に居る時にかかってきた電話に出ない。
  4. 携帯電話を2台所有するようになった。
  5. 着信があってもその場で確認しない。
  6. かかってきた電話を、離れた場所で出ようとする。
  7. 常にロックをかけるようになった。
  8. 常にマナーモードやサイレントモードになっている。
  9. かかってきた電話の応対がよそよそしい。
  10. こちらから電話をかけても、電源を切っている事が多い。
  11. こちらから電話をかけても、出ずに折り返しかかってくる事が多い。
  12. 発着信履歴やメールの送受信履歴などを常に削除している。
  13. 携帯電話を操作している時に不意に近づくとスグに操作をやめる。
  14. かわいいストラップやオシャレなストラップを付けるようになった。
  15. 携帯電話の表示画面が見えないように裏返しに置く。
  16. 携帯電話の利用料金が急に増えた。

引用:https://www.aichi-tantei.info/blog/?p=135

2.残業が増えた

浮気をし始めて増えるのが、パートナーの「出張」や「残業です。

「残業で今日も遅くなる」

こんな言葉が増えてきてはいませんか?

 

「仕事」を理由にされると、口出しするのはなかなか難しいですよね。

もしも本当に出張や残業だった場合、相手の逆鱗に触れるのも目に見えています。

見極めが難しい「残業」の場合、以下の3点に注意してみてください。

急な残業

会社での役職や部署が変わってもいないのに、急に残業するようになったら怪しいですよね。

浮気相手から急に会いたいと言われたのかもしれません。

 

もちろん急に残業をすることになる場合もあるので注意が必要ですが、気をつけるに越したことはないでしょう。

ほとんど毎日が残業

残業には「過労死ライン」があり、時間外労働が80時間を超えると健康に被害が出るとされています。

毎日定時を何時間も過ぎてから帰宅している場合は、この時間を超えていることが多いです。

本当ならまずは相手の身体を気遣ってあげるべきところでしょう。

 

しかし、もしもこの時相手が元気そうなのであれば仕事以外の何かをしている可能性が高いです。

浮気をしているとは限りませんが、相手の動向に注意しましょう。

残業をしているのに嫌そうにしない

「時間外労働をさせられているのに全然嫌そうにしていない

「むしろ、なんだか残業が増えてから機嫌がいいような…?」

 

とても怪しいですね!

 

もともと仕事が好きで毎日楽しいという人ならば心配ありませんが、そうでない場合は浮気をしている可能性が高いです。

3.出張や接待ゴルフが増えた

出張に出掛けた先で浮気をしてしまうのはよくある話ですよね。

それでは、どうして出先で浮気をするのでしょう?

 

考えられる理由としては

  • 浮気の事実を隠しやすい
  • パートナーの元を離れた解放感から

などがあります。

 

自宅や会社の周辺で浮気をすると、どこで誰に目撃されるかわかりません。

普段の行動範囲から遠く離れた場所であれば、気兼ねなく浮気相手と過ごすことができます。

 

そのうえ、頻繁に訪れるわけではないので一夜限りの関係を結びやすいのです。

解放感から浮気に走ったとしてもバレることはありません。

出張先で浮気

また、「接待ゴルフ」が口実の場合は「プレー中は電話に出られない」と理由をつけることができます。

「仕事中」も同様ですが、「連絡を取れない理由」として筋が通っているので追及しづらいですよね。

 

こちらがモヤモヤしている間にも、パートナーは浮気相手と気兼ねなくイチャコラしているわけです。

 

腹立たしいですね!

 

「出張」や「接待ゴルフ」は真偽の見極めが難しい。

怪しいな?と思ったら、以下のような「お願い」をしてみてください。

どこに行くのかを尋ねる

「出張」ならば宿泊先を、「ゴルフ」ならばゴルフ場を尋ね、「具体的な名前」をきちんと聞いておきましょう。

施設の名前を控えて事前にインターネットなどで調べておけば、後々の会話から相手の嘘を見破れるかもしれません。

写真を撮ってきてもらう

出先の写真を撮ってきてもらうのも効果的です。

その際は送られてきた写真がインターネット上の拾い画でないか確認するようにしてください。

 

ゴルフ場の場合は「浮気を疑われている」と相手が感づいてしまう可能性があるので気をつけて!

「ゴルフをしているあなたを見てみたいな」「今度のコースはどんな感じなの?」

など、可愛くお願いするようにしましょう。

お土産を買ってきてもらう

出張で出かけた地域の特産品をお土産にお願いしましょう。

ゴルフ場でもその地域特産のお土産が売っているので、本当にゴルフなら買ってこられるはず。

 

ただし、適当な場所で買えてしまう可能性もあるので、買ってきたからといっても油断は禁物です。

4.お金遣いが荒くなった

浮気にはそれなりのお金がかかるもの。

パートナーのお金の使い方が急に荒くなったとしたら、それは浮気のサインかもしれません。

女性の場合、好きな人に会うのですから身なりを整えるためにお金が必要です。

男性の場合は浮気相手との食事代やホテル代を持つことが多いので、お財布事情に顕著に表れます。

また、車を持っているのであればガソリン代が跳ね上がることもしばしば。

 

浮気にのめり込むと貯金に手を出したり、状態が悪化すると借金にまで手を出したりするケースもあります。

ここまでくると相手は浮気がバレた際に開き直り、逆に離婚話を持ち出してくるかもしれません。

 

そうならないためにも、相手が浮気や不倫にのめり込んでいる場合はすぐには行動に移さないことをおすすめします。

気づかないふりをしながら水面下で証拠を集め、その後の行動をしやすくしておきましょう!

5.スーツから香水の匂いがする

テレビドラマなどの浮気の描写に代表されるのが「香水の匂い」。

しかし、実際にスーツに香水の匂いがしみつくことなんてあるのでしょうか?

スーツに香水の匂いがしみつくのはこんな時

香水の匂いの持ち主と抱き合うなど、かなり密着していた
香水の匂いが充満した部屋で長時間過ごした

 

つまり、相手が香水の匂いをしみつかせて帰ってきた場合に考えられるのは

  1. キャバクラやスナックなどに行ってきた
  2. 香水の匂いが充満している、会社や居酒屋ではないどこかに居た
  3. 浮気相手と会っていた

のいずれかです。

 

こうしてみると決定的な証拠とは言いがたい「香水の匂い」ですが、

  • いつも同じ香水の匂いがする
  • 浮気をした本人が香りに気づいていない

の2点に注意することで浮気かどうかの判断がしやすくなります。

 

キャバクラやスナックの場合、複数人の女性がそれぞれに香りを纏っています。

キャバクラ通いをしているとすれば、決まった香りがする可能性は低いのです。

 

はっきりと「いつも同じ香りがする」とわかる場合は「その香りを纏った女性と」会っていたということ

スーツから香水の匂いがする

さらにその香りに本人が気がついていないとなると、嗅覚が香りに慣れてしまうくらい長い時間一緒に居たという動かぬ証拠になります。

 

また、香りがしみつくのはスーツに限ったことではありません。

もしも下着にまで香りがついていたとしたら浮気確定です。

 

昨夜はさぞかしおたのしみだったことでしょう。

スーツから頻繁に匂いがするようであれば、下着にも香りがついていないか是非チェックしてみてください。

6.なぜかよそよそしい

人間、後ろめたいことがあると人の目を見られなくなるものです。

「最近、パートナーがなんだか冷たくてよそよそしい…」と感じることが増えていませんか?

  • 愛情表現が減っている
  • 急に優しくしてくる

など、パートナーの態度に変化が生じたら要注意!

 

パートナーからの愛情表現が減っている場合、浮気相手との関係で満足している可能性があります。

逆に急に優しくしてくる場合は、あなたの機嫌を取ろうとしているのかも。

 

しかし、よそよそしいからといって原因が相手の浮気だけとは限りません。

パートナーのあなたへの気持ちが冷え始めていることもあります。

 

相手を疑うよりもまずは、自分に原因がないか振り返ってみることが大切です。

浮気の証拠を見つけたら

浮気調査で相手を判明させよう

パートナーが浮気しているとわかったら、あなたならどうしますか?

すぐに問い詰めて別れる? 

それとも、それとなく探りを入れてみる?

パートナーとの関係を壊したくなくて、気づかないふりをするという方も多いのではないでしょうか。

 

もしも浮気の証拠を見つけたら、そのまま気づかないふりをするのが得策です。

確実な証拠を掴んでいない限り、相手は簡単に言い逃れができてしまいます。

 

浮気調査において1番大切なのは、相手に調査していることを悟らせないこと。

気づかないふりを続けながら、水面下で着々と証拠を集めていきましょう!

 

パートナーとの関係を壊したくないという方も、証拠を揃えておいて損はありません。

あなた自身が本当の幸せを掴み取るために、そのモヤモヤを解消しませんか?

 

浮気を調査する場合、探偵事務所や興信所に調査を依頼するのがおすすめです。

もちろん自分で調査することもできますが、パートナーに一番近い存在であるあなたが直接動くのはとてもリスキー。

途中で相手にバレて失敗することが多いので、あまりおすすめできません。

 

浮気調査を行う際は、調査のプロに依頼しましょう。

 

無料で探偵事務所に相談

プロにお願いした方が良い理由5つ

プロにお願いしたほうが良い理由

1.尾行や張り込みがうまい

パートナーが浮気をしているとわかったら、気になるのは浮気相手の人物像ですよね。

浮気相手のことを知るにしても、必要になってくるのが尾行や張り込みです。

 

しかし、実際に自分で調査するとなるとかなりの時間と労力を割かなければなりません。

あなた自身が慣れない尾行や張り込みをすれば、パートナーにバレてしまう危険性も高まります。

 

探偵は他人の秘密をひそかに調査するプロフェッショナル。

彼らの仕事ぶりは、素人が到底マネできるものではありません。

 

日常的に尾行や張り込みの経験を重ねている探偵は、独自のテクニックを持っていることも多いです。

探偵に調査を依頼すれば、きっと確かな証拠を掴んでくれるでしょう。

2.追跡できる範囲が広い

探偵と聞くと浮気調査やストーカー犯の確保をイメージする方が多いのではないでしょうか。

浮気やストーカーの調査も仕事のうちではありますが、探偵の調査はそれだけではありません。

企業スパイの把握や詐欺グループの追跡、横領事件の全容解明などを扱うこともあります。

 

様々な案件に対応するため、探偵の持つ情報網や調査手法はかなりハイレベル

探偵がその気になれば、SNSページひとつでほとんどの個人情報が入手できてしまいます。

あらゆる角度から調査する探偵の追跡範囲は、想像よりも遥かに広いのです。

 

また、探偵の強みは適切な観察力正確な判断力。

対象者の動きをある程度予測できるので、決定的な証拠の瞬間を取り逃しません。

 

探偵の力を借りれば、調査にかかる時間も短縮できます。

時間や労力を掛けすぎないためにも、浮気調査は探偵に依頼するのがおすすめです。

3.機材のレベルが高い

「パートナーが浮気している」と気がついたとき、あなたならどうしますか?

問い詰めるにしても訴えるにしても、相手を追い詰めるための疑いようのない証拠が必要不可欠。

浮気現場を写真に収めて、パートナーに突き付けてやりたいですよね。

浮気調査はスマホじゃ限界がある

しかし、個人のもつスマートフォンやデジタルカメラなどの機材では限界があります。

画質の悪さや手ブレなどで人物の顔がぼやけてしまえば言い逃れされておしまいです。

下手をすれば最悪パートナーに気づかれて、疑っていることがバレてしまいます。

 

浮気の証拠集めは、調査のプロにお願いしましょう!

 

誰が見ても明白な証拠を掴むため、探偵が調査に使う撮影機材は超一流。

中でも隠しカメラの種類や精度の高さはレベルが高いのです。

技術面でも、探偵は浮気の瞬間を撮り逃さないように日々訓練しています。

パートナーにバレないように、確実な証拠を押さえてくれるでしょう。

 

また、探偵の撮影する証拠写真は、調査結果によってはそのまま法廷でも活用される場合があります。

特に配偶者への浮気調査の場合、慰謝料の請求や離婚をめぐる裁判に発展することも少なくありません。

万が一裁判になった場合のことも考えて、自分に有利に進められるように準備しておきましょう。

無料で探偵事務所に相談

4.裁判で使える浮気の証拠を集めることができる

パートナーの浮気が発覚したら、すぐに別れるという方は多いのではないでしょうか。

相手のことを信頼して付き合ってきた分、「裏切られた!許せない!」と感じてしまうのは無理もありません。

 

しかし、別れた後に残るのは傷ついたあなただけ。

パートナーはあなたと別れた後、浮気相手と幸せに暮らすんです。

そのまま泣き寝入りするなんて悔しくありませんか?

 

せめてもの復讐として慰謝料を請求したいと考えるのは当然のことです。

そのためにはパートナーの浮気を証明しなければなりません。

探偵に調査を依頼すれば、裁判で使える浮気の証拠を集める手助けをしてくれます。

 

浮気や不倫をしているかどうかは、肉体関係の有無が一つの判断基準です。

そのため、浮気の証拠として認められるのは

  • 配偶者と浮気相手がホテルへ出入りする瞬間
  • 配偶者もしくは浮気相手の家に2人が出入りする瞬間

の写真や映像などである必要があります。

あなた自身が決定的な証拠を集めようとすると、相手にバレるリスクが高まり危険です。

 

また、傷ついた心のまま見たくもない浮気現場を追い続けるのは心にも身体にも負担が掛かります。

証拠集めは調査のプロである探偵に任せて、裁判で戦うための体力を温存しておきましょう。

注意

結婚していない恋人に対しては基本的に慰謝料を請求できません。

浮気の慰謝料は「平和な結婚生活を送る権利」を侵害された場合にのみ請求することができるものです。

 

しかし、結婚していなくても次のような場合は慰謝料を請求することができます。

  • 婚約している場合
  • 事実婚の場合(内縁関係)

婚姻届けを出していない婚約関係や事実婚の場合、夫婦と同じように扱われます。

ただの恋人よりは夫婦に近い関係という点がポイントです。

 

「結婚していないから泣き寝入りするしかない…」と落胆するのはまだ早い!

婚約や事実婚のパートナーが相手なら、関係を証明できるものを揃えてすぐに相談しにいきましょう。

無料で探偵事務所に相談

5.離婚や慰謝料請求に使える調査報告書を作成できる

探偵事務所に調査を依頼すると、調査報告書を作成してくれます。

調査報告書は探偵が調査を進める中で集めた証拠を元に作成されるものです。

探偵は「裁判で証拠として認められるような証拠」を基準に証拠集めを行います。

 

そのため、証拠として十分に使用できる証拠から作成された報告書は裁判でもとても重要な証拠品です。

報告書の出来しだいで裁判に勝てるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

 

調査報告書の出来ばえには、探偵事務所の力量が表れます。

探偵に浮気調査を依頼する際には、事前に調査報告書のサンプルを確認するようにしてください。

調査報告書サンプルのチェックポイント

浮気の証拠となる写真や動画が鮮明であるか
調査対象者の行動やそのときの時刻が詳細に書かれているか
調査現場の最新の地図情報が添付されているか
主観ではなく客観性のある報告書であるか

    参考:https://www.haraichi.co.jp/tantei110/tantei110_attention011.php

       https://www.akai-tantei.com/q_a/houkokusyo.html

    浮気調査を探偵・興信所に依頼する前にやっておいたほうがいいことは?できる範囲で情報を集める

    浮気調査を探偵に依頼する前にやっておいたほうがいいこと

    「浮気調査は探偵にお願いしたほうが良いとは言っても、なかなか勇気が出ない…」

    実際に調査を探偵に依頼するとなると、ハードルが高いと感じる方は多いのではないでしょうか。

    探偵や興信所に依頼するのが初めてなら尚更、わからないことだらけで不安になってしまいますよね。

    調査を依頼する前に、調査結果をもらうまでの流れを知っておくことが大切です。

     

    探偵や興信所に調査を依頼する場合、以下のような流れで依頼が成立します。

    • STEP.1
      お問い合わせ

      まずは探偵や興信所に問い合わせをします。

      電話やメールで無料相談ができるので、悩んだらまずは相談しましょう。

      最近ではオンラインチャットで相談できる事務所も増えています。

      無料で探偵事務所に相談

    • STEP.2
      面談

      問い合わせからさらに詳しく調査の目的や内容を話し合うための面談です。

      このとき、できる範囲で以下のような情報を集めておくと面談がスムーズに進みます。

      • 調査対象者(パートナー)の基本情報
      • 浮気を疑った経緯や浮気相手の情報
      • パートナーが浮気しそうな場所や日時

      あらかじめ調査対象であるパートナーの名前や年齢はもちろん、勤め先や現住所などをデータ化しておきましょう。

      基本情報にはその他に行きつけの居酒屋など、パートナーの行動範囲も重要な手掛かりです。

      顔立ちがはっきりとわかるような写真も用意しておくと、探偵がパートナーを特定する手間が省けて調査の時間短縮につながります。

       

      また、パートナーが浮気しそうな場所や日時をわかる範囲で伝えましょう。

      張り込みをする範囲が狭まり、より効率良く調査することができます。

      浮気のパターンが読めない場合はパートナーの帰宅が遅かった日をすべて記録するようにしてください。

      記録をもとに探偵に相談しておくと、調査を進める際のヒントになります。

    • STEP.3
      契約

      面談を通して調査の方法や日時を決め、依頼者と探偵の両方が納得した上で契約します。

    • STEP.4
      調査
      実際に浮気調査を実施します。
    • STEP.5
      調査結果の報告

      調査の結果をまとめ、探偵から依頼者へ調査報告書が提出されます。

      探偵事務所や興信所によって報告書の形式が異なるので、あらかじめサンプルを確認しておくのがおすすめです。

      証拠として必要な形式がある場合はあらかじめ事務所側に伝えておきましょう。

    探偵・興信所の選び方4つ

    浮気調査を依頼する探偵や興信所の選び方

    「浮気調査を探偵に依頼したいけれど、どの事務所がいいのかわからない…」とお悩みではありませんか?

    探偵事務所や興信所はたくさんありすぎて、どこに調査をお願いするか迷ってしまいますよね。

    中には悪徳業者が探偵の名を借りている場合もあります。

    探偵や興信所が信頼できるかどうかは、どのように見分けたら良いのでしょうか。

     

    ここでは探偵や興信所の選び方を、

    1. 探偵業届出番号があるかどうか
    2. 営業所の住所が存在するか
    3. 過去に行政処分を受けていないかどうか
    4. 調査報告書を作れるかどうか

    の4点に絞って解説していきます。

    1.探偵業届出番号があるかどうか

    探偵業届出番号は正しい手順を踏んで開業した事務所だと証明する番号です。

    探偵や興信所が営業する際には、営業所の所在に応じた公安委員会に届け出をします。

    番号は届け出の際に交付されるので、番号がない事務所は正式な手続きを踏んでいないということになります。

     

    そのため、探偵業届出番号がない事務所は悪徳業者の可能性が高いのです。

    探偵業届出番号は、届け出の際に同時に交付される証明書と共に事務所に掲げることが義務づけられています

    事務所を訪れる際は、事務所の見えるところに番号と証明書が掲げられているかをチェックするようにしてください。

     

    また、探偵業届出番号は事務所の公式サイトでも確認することができます。

    わかりやすいようトップページに記載されている場合が多いので、事前にチェックしておきましょう。

    2.営業所の住所が存在するか

    あなたが調査を依頼しようとしている興信所、本当に存在していますか?

    探偵や興信所をインターネットから選んでいる方は多いのではないでしょうか。

    公式サイトに探偵業届出番号が記載されていたとしても、営業所の住所は架空のものかもしれません。

    探偵社としての体裁だけならいくらでも整えることができるので、情報を鵜呑みにするのは危険です。

    浮気調査で探偵が不安なら警察を頼ろう

    もしも依頼しようと考えている事務所が信頼できるか不安なら、警察へ問い合わせてみることをおすすめします。

    正規の営業所は公安委員会に管理されているので、信頼できる営業所なら警察はすべて把握済です。

     

    そのため、探偵業届出番号を伝えることで、営業所の住所が存在するかを確かめることができます。

     

    探偵業届出番号があるからといって確実に信頼できるとは限りません。

    探偵や興信所を選ぶ際は、念のため営業所の情報が偽造されたものでないか確認することが大切です。

    3.過去に行政処分を受けていないかどうか

    探偵や興信所を選ぶ際、過去に行政処分を受けていないかどうかはとても重要

    行政処分は探偵として営業するうえで基本的なルールを守らなかった場合に処分を受けることが多いです。

     

    行政処分の理由としては以下のような例があります。

    • 探偵業届出番号や証明書を掲示していなかった
    • 契約を結ぶうえで必要な説明を依頼者にしていなかった

    細かいことかもしれませんが、基本的なルールも守れない事務所を信頼するなんてできませんよね。

     

    事務所が過去に行政処分を受けていないかどうかは、事務所の所在地に応じた警察のホームページから確認できます。

    探偵業届出番号がわかれば直接の問い合わせも可能なので、ぜひ活用してみてください。

    4.調査報告書を作れるかどうか

    探偵による調査が完了すると、依頼者には一般的に調査報告書が手渡されます。

    探偵にとって調査報告書は事務所の信頼に直結し、評判を左右するとても重要なもの。

    信頼のおける探偵事務所が調査報告書を作れないわけがありません。

     

    依頼者が探偵から受け取るのはあくまで結果だけ。

    調査報告書の内容がずさんでわかりにくいと、本当に調査をしたのか不安になりますよね。

    探偵がどれだけ綿密に調査を行っても、依頼者は探偵が調査している様子を知ることはできません。

     

    適正な調査をしていない探偵は、素人でもおかしいと気づくほど情報量の少ない報告書を作ります。

    ひどい場合は作成すらしない悪徳業者もいるのです。

     

    受け取った調査報告書に不明な点を見つけたらいくつか質問をしてみましょう。

    回答のなかで話が矛盾したり、しどろもどろになったりした場合はきちんと調査をしていない可能性があります。

     

    探偵事務所のなかには調査報告書のサンプルを公開している事務所もあります。

    探偵や興信所を選ぶ際にはあらかじめサンプルを確認し、調査報告書が作成できるかどうかを確かめておくことが大切です。

    浮気調査を探偵・興信所に依頼した場合のプラン別料金相場

    浮気調査のプラン別料金相場

    探偵や興信所に浮気調査を依頼した場合、どれくらいのお金がかかるかご存知ですか?

    探偵といえばアニメや映画のなかのキャラクターが強く、実際の生活ではあまりなじみがありませんよね。

    実際に探偵や興信所に調査を依頼した場合、かかる費用はおよそ40万円から60万円程度が相場です。

     

    しかし探偵や興信所は調査料金にプランを設けており、同じ調査の依頼でも利用する料金プランによって費用が大きく変わってきます。

    それぞれのプランで料金相場もかなり違うので、調査料金をチェックする際はプランごとによく比較しましょう。

     

    探偵や興信所を利用した場合の調査料金には

    1. 成功報酬プラン
    2. 時間制プラン
    3. パックプラン

    の大きく分けて3つのプランがあります。

    必ず料金の見積もりを依頼して、提示された金額と料金相場を比較をしてください。

    1.成功報酬プラン

    成功報酬プランの特徴

    1. 着手金がかかる
    2. 成功報酬が上乗せされる
    3. 雑費などを含む諸経費がかかる

    料金相場

    • 35万~60万円

    探偵による調査が成功した場合に料金が発生するプラン

    調査結果として、裁判でも認められるような決定的な浮気の証拠が手に入った場合に報酬を支払います。

    調査に失敗した場合でも着手金と諸経費は支払う必要があるので注意してください。

     

    また、成功報酬プランのなかには完全成功報酬プラン」があります。

    「成功報酬プラン」と「完全成功報酬プラン」を間違えないように注意しましょう。

    完全成功報酬プランの特徴

    1. 着手金が不要
    2. 雑費などを含む諸経費が一切かからない
    3. 100%成功報酬

    完全成功報酬プランの場合、報酬に着手金が含まれます。

    成果をあげられなければ労力が無駄になってしまうため、探偵にとってとてもリスクが高い料金プランです。

    ハイリスクなぶん成功報酬が高めに設定されていることが多いので、契約する前に必ず見積もりをしましょう。

    2.時間制プラン

    時間制プランの特徴

    1. 調査員の人数や時間によって料金が決まる
    2. 調査員の人数や時間に制限がない
    3. 最低調査時間が設定されている

    料金相場

    • 20万~30万円

    調査員1人の1時間の単価調査時間を掛け合わせて料金が確定するプラン。

    浮気調査というお仕事のためにアルバイトを雇う感覚に近いです。

    調査時間には最低ラインが設定され、最低調査時間は探偵社によって差があります。

     

    時間制プランで浮気調査を依頼する場合は

    • 浮気の日時がはっきりしていて、あとは証拠写真を撮るだけ
    • 浮気の相手に目星がついていて特定しやすい

    など、短時間で調査が終了する場合に利用すると料金がお得です。

     

    調査に時間がかかればかかるほど、また調査員の人数を増やすほど費用がかさみます。

    パートナーの浮気相手がまったくわからない場合は、時間制プランの利用は避けたほうが良いでしょう。

    3.パックプラン

    パックプランの特徴

    1. 支払う料金が定額
    2. 探偵が用意した料金パックからプランを選ぶ
    3. 調査の途中キャンセルがしにくい

    料金相場

    • 30万~100万円

    あらかじめ用意された料金パックから依頼内容に合ったものを選べる定額プラン

    料金パックとして着手金や成功報酬などがすべて含まれているので、一定金額以上の支払いが生じません。

     

    パックプランでは調査員の人数や調査にかける時間に応じた金額が設定されています。

    面談を通して必要な調査内容を絞り込むので、より依頼内容に適した調査計画を選ぶことができるのです。

     

    しかし、あらかじめ調査に割く人員や時間を決めてしまうので調査計画の変更がしにくいのが難点。

    突発的な調査の追加や、依頼のキャンセルへの返金対応などに柔軟に対応できないことがあります。

     

    パックプランを利用する場合は依頼内容を詳しく相談し、依頼に適した料金パックを選ぶようにしましょう。

    自分で浮気調査をする方法を9つ紹介

    自分で浮気調査をする方法

    1.携帯やスマホ、LINEをチェック

    恋の始まりはいつだってメッセージや電話のやりとりから。

     

    パートナーと付き合う前を思い返してみてください。

    恋人同士になったのは、会えない日も連絡を取り合っていたからではありませんか?

    浮気相手に限らず恋人の場合でも、好きな人とはいつだって繋がっていたいですよね。

     

    パートナーの浮気を察知したら、まずは携帯やスマホをチェックしましょう。

    特にLINEはメッセージが手軽なうえに、無料で通話することができます。

    LINEのトーク履歴を確認すれば、浮気の証拠浮気相手の手掛かりが見つけられるかもしれません。

     

    しかし、LINEのメッセージは削除や送信取り消しができます。

    一度削除したメッセージは復元しづらく、特に第三者が覗き見るのは至難の業。

    パートナーが浮気を隠すために、メッセージを削除していることは十分にありえることです。

     

    そもそも浮気相手との連絡にLINEを使うのは、あまりにバレる危険性が高すぎます。

    カカオトークなどのLINEによく似たアプリがインストールされていたら要注意!

    本当に浮気をしているのならLINE以外のメッセージツールを利用している可能性が高いです。

     

    携帯やスマホをチェックする際は、普段あまりなじみのないアプリの隅々までチェックすることをおすすめします。

    2.SNSをチェック

    浮気相手との連絡手段が電話やメール、LINEだけとは限りません。

    TwitterのダイレクトメッセージやFacebookのメッセンジャーなど、SNSでやりとりしている可能性は十分にあります。

    自分で浮気調査をする際は、SNSも忘れずに隈なくチェックしましょう。

     

    特にTwitterはアカウントを複数作ることができるので、浮気用アカウントを作って使い分けることもできるのです。

    リプライやメッセージのやりとりだけでなく、他にアカウントがないかも忘れずにチェックしてください。

     

    しかし、スマホがロックされていてパートナーのスマホを覗けない場合もありますよね。

    直接確認できないのなら、パートナーが頻繁にリプライしあっている相手がいないかを確認しましょう。

    決定的な証拠にはなりにくいですが、浮気相手のヒントを得られるかもしれません。

    3.浮気調査もできるセキュリティアプリでチェック

    浮気調査において、スマートフォンの存在は欠かせません。

    セキュリティアプリは本来スマホの紛失防止に利用されますが、浮気調査に活用することができます。

    パートナーとあなたのスマホの両方に同じアプリを入れておくことで

    • 現在地の把握
    • 電話帳の閲覧
    • SMS履歴の確認
    • 音声録音やカメラ撮影

    など、浮気調査に役立つさまざまな機能の遠隔操作が可能です。

    浮気調査にはセキュリティアプリが使える

    浮気調査を目的としてアプリを利用する場合にはまず、相手のスマホにアプリを入れることからスタートです。

    セキュリティアプリの多くはアイコンが表示されたり定期的に通知がきたりします。

    アプリを選ぶ際はアイコンや通知が表示されないかどうかをしっかりと確認してください。

    「スマホ紛失防止に良いアプリがあるよ」などと誘って、合意のうえでインストールできればベストです。

     

    うまくインストールさせることができたら、あとは同期するだけ!

    うっかり操作をミスしないよう細心の注意を払いながら、どんどん証拠を集めていきましょう。

    4.GPSで位置情報をチェック

    浮気の調査方法としてイメージしやすいのがGPSの利用。

    パートナーの帰りが遅いとき、今どこにいるのか気になりますよね。

     

    GPSには以下の2種類があります。

    • リアルタイムタイプ
    • ロガータイプ

    リアルタイムタイプはGPSと衛生を交互に受信して現在地を「表示します。

    パートナーの車などに取り付けるだけで移動の様子をリアルタイムで見ることができるのです。

    バッテリーが続く限り位置を追跡し続けるので、使用の際は大容量のバッテリーを用意しておきましょう。

     

    ロガータイプは衛生からの位置情報を受信して現在地を「記録してくれます。

    ロガータイプのGPSには現在地をリアルタイムで表示する機能がありません。

    移動した様子を後からログとして確認する必要があるので注意してください。

     

    ロガータイプのGPSを使用する場合は、定期的に取り付けるだけでなく回収の作業が必要です。

    パートナーにバレてしまうリスクが高まるので、浮気調査に使うならリアルタイムタイプの使用をおすすめします。

     

    また、GPSといえばパートナーのカバンにこっそり忍ばせるイメージが強いかと思います。

    カバンなどの手荷物は頻繁に中を覗くので、ふとした拍子に見つけられてしまうことが多いです。

    GPSを仕掛ける際は、車のトランクなどの普段あまり見ない場所に設置しましょう。

    5.お財布の中身をチェック

    お財布の中には情報がたくさん詰まっています。

    利用したお店や買い物のレシートは、つい溜めこんでしまいますよね。

    気に入ったお店のショップカードを財布にしまっている方も多いのではないでしょうか。

     

    パートナーの財布を入手したら、まずはレシートをチェックしてみましょう。

    残業や出張だと言っていたはずの日付のレシートを見つけられればラッキー!

    本当に仕事だったのかどうかを知ることができます。

     

    ホテル街周辺のお店で買い物をしていたり、薬局で精力剤やコンドームを購入したりしていれば浮気確定です。

    レシートを抜き取って保管するか、写真を撮っておきましょう。

     

    また、レシートを見るまでもなくラブホテルのカードやコンドームが入っている場合もあります。

    レシートが一枚も入っていないという場合もありますが、逆に怪しいですよね。

    浮気がバレないように慎重になるあまり、いつになくレシートを整理しているのかもしれません。

     

    自分で浮気を調査するなら、お財布の中身を定期的にチェックするのがおすすめです。

    6.クレジットカードの利用履歴をチェック

    浮気をする人は証拠が残らないように現金での支払いを選ぶ傾向があります。

     

    しかし、クレジットカードが一枚だけとは限りません。

    浮気用に別のクレジットカードを作っていることも考えられます。

     

    クレジットカードの履歴をチェックすることは、手軽な調査方法のひとつです。

    履歴を確認するには次の2つの方法があります。

    1. 郵送された利用明細を確認する
    2. Webサイトから履歴を確認する

    最近では少なくなってきましたが、利用明細を郵送してくれるカード会社もあります。

    郵送されない場合はWebサイトから確認することも可能です。

    閲覧にはIDやパスワードが必要なので、財布の中身をチェックする際に合わせて控えておくと良いでしょう。

    自力で浮気調査するならクレジットカードの履歴をチェック

    クレジットカードの利用履歴をチェックする際のポイント

    日時や場所

    レシート同様、カードを使用した日時からその日の行動を確かめることが可能です。

    出張や残業などと言っていたはず日時に別の場所にいたという証拠を掴めます。

    金額

    パートナーであるあなたの知らないところで高額の買い物をしていれば浮気の可能性が高いです。

    浮気相手とのデートやプレゼントなどにお金を使ったと考えられます。

    内容や用途

    ホテルや旅館などの宿泊施設を利用した履歴がないかチェックしましょう。

    宿泊施設に限らず、プレゼントや高級レストランの履歴も浮気の可能性が高いです。

    注意

    クレジットカードの利用履歴は、持ち主以外が勝手に見ると違法行為になりかねません。

    利用履歴が郵送されてくる場合は、親展になっていることが多いです。

     

    そのため、クレジットカードの利用履歴は証拠と認められないことがあります。

    特に裁判を起こす場合には、証拠として提出しないほうが良いでしょう。

    クレジットカードの利用履歴はあくまで「浮気を認めさせたい」という場合に証拠として使うようにしてください。

     

    また、浮気の疑いがある履歴を見つけた際に直接カード会社へ問い合わせることは避けましょう。

    カード会社は本人以外からの問い合わせには基本的に応えてくれません。

    最悪パートナーへ連絡され、疑っていることがバレてトラブルに発展する場合があります。

     

    利用履歴は浮気の可能性を確信へと変えるヒントです。

    店の名前や場所など、さらに知りたいことがある場合はインターネットで検索してみることをおすすめします。

    7.車をチェック

    浮気を調査する際、車の中は証拠を見つけやすい場所のひとつです。

    車は飲食店やホテルへの移動、ドライブデートにも利用します。

    2人きりでいる時間が長い分、車には証拠が残りやすいのです。

     

    また、車が共用ではなくパートナー自身のものである場合は浮気の証拠品を隠していることが多いです。

    あなたが普段車を使わないからと油断して、トランクやダッシュボードに浮気相手からのプレゼントを置いている可能性があります。

    自分で浮気を調査するなら、必ず車の中をチェックしましょう!

     

    調べる際は収納だけでなく、常に車に積んでいるカバンの中や座席の下なども要チェックです。

    コンドームなどの避妊具や、アクセサリーなど浮気相手の落とし物が出てくるかもしれません。

    見つけた証拠は触らずに写真を撮るだけにして、調べた形跡が残らないようにしてください。

     

    いつでも抜き打ちで調べられるように、事前にスペアキーを作っておくと良いでしょう。

    8.スーツやカバンなどをチェック

    車や財布だけでなく、スーツや普段使いのカバンからも浮気の証拠を掴むことができます。

    特にスーツは毎日身に着けるからこそ微妙な変化にも気がつきやすいもの。

    「浮気しているかも?」と思ったら、いつもより注意深くスーツやカバンをチェックしてみましょう。

    スーツ

    「残業で遅くなる」と言った日のスーツは要チェック!

    シャツや背広から香水のにおいがしたら注意してください。

    会社終わりに浮気相手と会っていた可能性が高いです。

     

    しかし、キャバクラやスナックに行っていた可能性もあります。

    一度においがしただけの場合は問い詰めたい気持ちをぐっとこらえ、気づかないふりをしましょう。

    • いつも同じ香水のにおいがする
    • 浮気した本人が香りに気づいていない

    という場合は「頻繁に浮気相手と会っていて鼻がにおいに慣れてしまっている」可能性が高いです。

     

    また、香水のにおいだけでなく白いワイシャツは注意してチェックしてください。

    浮気相手の口紅やファンデーションがついていることがあります。

    たとえ薄化粧でも白いシャツなら見てわかります。

    自力で浮気調査するならスーツやカバンをチェック

    カバン

    パートナーの仕事用のカバンには触れる機会が少ない方も多いのではないでしょうか。

    服のように洗濯の必要もないので、中にどんなものが入っているのか知る機会はほとんどありませんよね。

     

    あなたに見られないことを見越して浮気相手からもらったものや浮気用の携帯電話を隠していることがあります。

    浮気相手との予定をメモした手帳や避妊具が見つかることも多いです。

     

    また、ラブホテルの多くはアメニティとしてマッチやライターが用意されています。

    もしパートナーが喫煙者なら、ホテル名やホテル街の地名が書かれたマッチやライターが見つかるかもしれません。

    疑わしいライターを見つけたらインターネットで検索してみましょう。

    9.ICレコーダー・監視カメラなどのグッズでチェック

    ICレコーダーの録音音声や監視カメラの映像は、浮気の現場をうまく押さえられれば強力な証拠になります。

    最近では安くて高性能なものが増えているので、比較的手軽な調査方法のひとつです。

     

    しかし盗聴盗撮といった犯罪につながりやすく、違法行為にあたってしまうこともあるので注意してください。

    ICレコーダー(ボイスレコーダー)

    ICレコーダーを仕掛ける際、パートナーと同居している場合は自宅よりも車に設置するのがおすすめです。

    あなたがいつ帰宅するかわからないのに浮気相手を自宅に連れ込むのはあまりにリスクが高いでしょう。

     

    浮気相手とのデートには車が欠かせないので、車内に仕掛ければより確実に証拠を押さえることができます。

    カバンなどに忍ばせる方法もありますが、バレる可能性が高いのであまりおすすめしません。

     

    ICレコーダーを選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

    1. 録音できる時間や件数が多い
    2. 電池やバッテリーの持続時間が長い
    3. 音声起動機能がついている

    音声起動機能とは、レコーダーが音声を感知した場合に自動で録音を始める機能です。

    録音が必要なときだけスイッチが入るので、バッテリーの節約にもつながります。

     

    しかし、車に仕掛けた場合ドアの開閉やエンジンの音で録音を始めてしまうことがあるので注意してください。

    自力で浮気調査するならICレコーダーがおすすめ

    監視カメラ

    監視カメラを使用する際は車や自宅に隠しカメラを仕掛けます。

    小型カメラであれば2000円ほどで購入できますが、選ぶ際には性能をよく確認することが大切です。

    画質が悪く人物の顔がぼやけていると証拠として認められません。

     

    しかし、隠しカメラでの撮影は「盗撮」にあたり、法的には

    • 相手に無断で撮影する
    • 相手が隠しているものを撮影する

    という場合に犯罪になってしまうのです。

     

    パートナーに浮気を認めさせるためなら活用できますが、相手に反撃の材料を与えてしまうかも。

    プライバシーの侵害は高確率で罪を問われるので、パートナーが訴えればあなたが犯罪者にされてしまいます

    自分で浮気調査をする場合、監視カメラの使用はリスクが高いといえるでしょう。

     

    探偵に調査を依頼する場合は、犯罪になることはありません。

    調査を仕事とする探偵は「やむを得ない行為」として盗撮を認められています。

    どうしても浮気現場を押さえた映像が欲しい場合は、探偵に調査を依頼するのがおすすめです。

    無料で探偵事務所に相談

    素人が浮気調査をするリスクはある?リスクを3つ紹介

    1.浮気調査をしていることがバレる

    自分で浮気調査をする場合の一番のリスクは調査していることがバレること。

    証拠を集めきる前にバレてしまえば、それまでの苦労や我慢がすべて無駄になってしまいます。

     

    たとえ相手が浮気を認めて謝ったとしても、浮気癖が直ることはありません

    追及すればするほどよりバレないように浮気するスキルがレベルアップしていきます。

     

    自力で証拠を掴みたい気持ちはわかりますが、今は一旦落ち着いて!

    まずは調査のプロである探偵や興信所に相談してみましょう。

    1.尾行がバレた

    探偵でも複数人で行う尾行をあなた一人で行うのは無理があります。

    パートナーに一番近い関係で顔を知られているうえに、あなた自身が尾行に慣れていません。

    パートナーには気づかれなかったとしても、周囲の人があなたを怪しんで通報される可能性もあります。

     

    調査するうえで尾行や張り込みは有効な調査方法ですが、失敗してトラブルにつながる可能性が高いです。

    無理せず調査のプロにお願いしましょう。

    無料で探偵事務所に相談

    2.浮気相手といるところを撮影してバレた

    パートナーの浮気を知って感情的になっていませんか?

    後をつけている間は落ち着いていても、実際に浮気の現場を目の当たりにすると冷静ではいられなくなるものです。

     

    人は慌てると通常では考えられないようなミスをします。

    決定的な瞬間を押さえようとして、動揺のあまり撮影に失敗してしまうかもしれません。

    挙動不審になって目立ってしまったり、シャッター音まで気が回らなかったりしてバレてしまうことが多いのです。

     

    また、盗撮はプライバシーの侵害など罪に問われる場合があります。

    決定的な証拠を写真や映像で手に入れたいなら、調査のプロにお任せしましょう。

    無料で探偵事務所に相談

    2.自分でやると意外とお金がかかる

    浮気調査を自分でやろうとする方の中には、お金の節約のために自分で済ませようとしている方も多いのではないでしょうか。

    たしかに探偵や興信所の利用料金は安くはありません。

    依頼を迷ってしまうのは当然のことです。

     

    しかし、自分で調査するのにも意外とお金がかかります。

    調査のゴールは言い逃れができないほど決定的な証拠を押さえること。

    本気で証拠を掴みたい場合、カメラやボイスレコーダーなど揃える機材が多いのです。

     

    最近では安価な機材が増えてきましたが、安く済ませようとするとどうしても性能が落ちます。

    使えない機材を購入してしまい、余計な出費が増えてしまうこともあるのです。

    自力で調査を済ませたいのなら、機材にお金をかける覚悟をしてください。

     

    また、自分で調査する場合は大変な時間と労力を割かなければいけません。

    浮気調査は想像よりずっと地道で大変な作業ばかり。

    探偵や興信所に依頼する1番のメリットは、時間や労力を削減できることです。

     

    自分で調査をすると多少は節約になりますが、そのぶんあなたの負担は増えています。

    探偵に調査を任せて、リスクや負担なく確実な証拠を掴みませんか?

    無料で探偵事務所に相談

    3.証拠が弱く証明にならない

    自分でできるような調査で集められる証拠は、証拠として力が弱いことが多いです。

    たとえばLINEのトーク履歴やクレジットカードの利用履歴、GPSの記録などは証拠になりません。

    相手に浮気を認めさせたいだけなら十分ですが、慰謝料を請求したいのであればもっと決定的な証拠が必要です。

     

    浮気や不倫をしているかどうかは、肉体関係の有無が一つの判断基準です。

    そのため、浮気の決定的な証拠として認められるのは

    • 配偶者と浮気相手がホテルへ出入りする瞬間
    • 配偶者もしくは浮気相手の家に2人が出入りする瞬間

    の写真や映像などである必要があります。

     

    つまり浮気の現場をバッチリ押さえた写真や映像でない限り、その他の情報を集めても証拠としてはかなり弱いということです。

    苦労して集めた情報や手掛かりがすべて無駄になってしまうことも少なくありません。

     

    また、決定的な証拠を掴もうとすればするほど相手にバレるリスクも高まります。

    余計なトラブルを起こさないためにも、探偵に依頼するのがおすすめです。

    無料で探偵事務所に相談

    妻・彼女の浮気調査を自分でやった人の体験談

    妻や彼女の浮気を自分で調査した人の体験談

    40代男性の場合

    浮気を疑ったきっかけ

    彼女が専門学校を卒業して就職してから、デート回数が週1になり、仕事が終わってからのLINEや電話もほぼしなくなった(中略)

    それでも就職した当初はまめに連絡をくれてたんです。

     

    (中略)おかしいと感じ出したのは就職してから2ヶ月ぐらいしてからです。

    大体夜20時ぐらいにいつもだと電話なりLINEなりしてきていたのに、そういうのが激減しました。

    話によると職場環境にも慣れてきて同じ新入社員同士で仕事帰りに飲みに行くようになったといってました。

     

    一応相手が女性か男性か聞きましたが女性ばかりの女子会だから浮気なんてしないよって返事だったので、それをそのまま鵜呑みにしてしまったのが大間違いでした。

    自分で行った調査方法

    (中略)平日の夜に彼女のマンションまで様子を見に行った

    (中略)大体水曜がいつも帰りが遅いというか連絡が取れないことが多いので、この日が怪しいと思っていきました。

    何もなければそのまま彼女と一緒にすごして早めに戻ればいいかなってぐらいで、浮気というよりは素行が怪しいって程度でした。

     

    彼女のマンション前に着くと部屋に電気がついてます。

    (中略)彼女にLINEするも応答はなし、イラっときて直接電話をかけること3回、

    3回目でやっと彼女が出てくれたんですが自宅にはおらず友人達と飲みに行ってるところって言われました。

     

    (中略)どうみても浮気だろうと思い車内で待つこと2時間、(中略)彼女のマンションのドアが開きました。

    誰かまで確認できませんでしたが、玄関で待ってると彼女と見知らぬ男性が二人で仲良く出てき(中略)ました。

     

    彼女が見送りをしてから自宅に戻る時、向こうもやっと私の車と見られてることに気づいたようで、そこで問い詰めると浮気をしていたと白状しました。

    調査結果

    しかし、自分の非を認めず、浮気をしたのは遠距離になったのにこちらまで来てくれない貴方が悪いと逆ギレされました。

    そういう彼女を見てサーっと冷め、そこで別れを告げて彼女とはそれっきりになりました。

    数日はLINEや着信が沢山ありましたが全部無視してると無くなり関係は自然消滅となりました。

     

    今回は彼女の怪しい曜日をある程度つかめていたのと、

    彼女も仕事をしていたので自由になる時間が夜だったので私自身の行動で彼女の浮気を暴くことが出来ました。

    このまま交際を続けていても未来は無かったと思いますし、彼女の本性を見抜けてよかったと思います。

    引用:https://tantei-kousinjo.net/entry53.html

    妻・彼女の浮気調査を探偵・興信所に依頼した人の体験談

    妻や彼女の浮気調査を探偵に依頼した人の体験談

    北海道在住 30代男性の場合

    浮気を疑ったきっかけ

    妻は夜間外出する事は、ランニングのみだったのですが、

    職場が変わった半年位前からは、週1位で遊びにいくようになり、

    最初は新しい職場の人達との親睦を深めるために仕方が無いかと思っていました。

     

    しかし、頻繁に出歩き、帰りが深夜になる事が多いので、おかしいなとは思ったのですが(中略)

    妻が風呂に入っている最中に、ラインの着信があり、携帯の画面をふと見たら、

    (中略)浮気を臭わす文言が送られてきたので、怪しいと思いました。

     

    (中略)偶然にも、自宅から結構離れた場所で、全く面識のない男と妻が一緒に飲んでいるのを、

    見てしまったと友達から連絡をもらったので、確信を持ちましたが、

    真っ正面から妻に言ってもダメだろうと思い、調査を依頼する事を決めました。

    探偵社の選び方

    まず(中略)インターネットで検索する事にしました。

    (中略)私が知りたかったのは、調査費用がいくら位かかるのかだったので、

    料金表が記載されていない会社は除外して調べていきました。

     

    (中略)料金表が一覧で記載されていて、追加費用についても詳細に載っていたので、

    (中略)電話を掛けて話を伺った所、その日に話を聞いてくれると言う事で、

    (中略)調査費用についても私個人で出せる金額だったので、そのままお願いする事にしました。

    調査結果

    調査結果については(中略)やはり、新しい職場の上司との関係がありました。

     

    (中略)幸いにも子供達には妻の浮気騒動はばれていなかったのと、

    怪しい所ですが妻が反省し今後は浮気は行いませんと誓ったのと、

    妻の浮気相手に私が会いにいって話をした所、

     

    調査費用の全額と、慰謝料100万円でお願いしますと言われたので、

    それで手を打つ事にしました(中略)

     

    本当に浮気をしているのかどうか疑心暗鬼になっている時もかなり精神的には疲れましたが、

    浮気の証拠が出た場合はさらに辛く、(中略)離婚せずに生活を続けていくのは更に精神的苦痛がひどいです。

     

    (中略)子供のためとはいえ、今後妻と一生過ごさなければならないのですが、

    以前のような愛情を持つ事は不可能なので、(中略)この関係を続けなければならないのかと思うと人生を棒に振った気がします。

    引用:https://xn--p1u50am5dh4f8zbd98bdsv.net/512/

    夫・彼氏の浮気調査を自分でやった人の体験談

     

    夫や彼氏の浮気を自分で調査した人の体験談

    兵庫県在住  30代女性の場合

    浮気を疑ったきっかけ

    主人が転職をし、夜の帰宅がいつも遅くなり、時々会社で泊まるようになったのでまず疑いました。

    家に居る時も、携帯を肌身離さず持ち歩くようになったので、気づきました。

     

    残業代は一切つかないのに、毎晩毎晩深夜に帰宅はおかしすぎるのに、(中略) 愚痴を全く言わないのです。

    しかも飲食店なのに、会社に泊まるのはおかしすぎますし、家に居る時は誰かとずっとメールをしています。

    自分で行った調査方法

    夫がお風呂に入っている時に隅々まで携帯の中身を見ました

    着信履歴や発信履歴に画像も全てチェックしました。

    体の関係になった感想をお互いに言い合っていましたし、私には絶対に内緒。と約束しあっていました。

    キスの写真もでてきました。

    調査結果

    問い詰めても絶対に認めなかったので、相手の女性に直接会わせるように持っていき、

    証拠を突きつけ、慰謝料をとりました。

    引用:https://xn--n9jx87g0enj8dj4f17bbw1g.com/oyakudachi/jibundeuwakicyousa.html

    夫・彼氏の浮気調査を探偵・興信所に依頼した人の体験談

    夫や彼氏の浮気調査を探偵に依頼した人の体験談

    静岡県在住 30代女性の場合

    浮気を疑ったきっかけ

    パートナーがよく出かける。

    (中略)車のナビの履歴を消去していたり、電源を落としていたりしていた。

    (中訳)携帯もトイレ、風呂とどこに出かけるときも必ず持って行き、ロックをかけているので、

    例えその辺りに置いていても誰にも見られないようにしていた。

    探偵社の選び方

    車でも一般の交通機関でも行きやすい場所を選んだ。

    ホームページも見て、映像と報告書でもらえるということで安心ができるように感じた。

    (中略)あまりにも画像や軽い感じのホームページのものは避けるようにした。

     

    (中略)自分の地域はもちろん、それ以外の地域にも探偵業務ができるという強みがある方が、

    相手がどこに居住しているかも分からないし、自分にとっても安心できるものだと感じた。

    調査結果

    調査結果は、やはりパートナーは浮気をしていました。

    探偵事務所より、逐一どのように調べたかというのを報告してもらえるので安心できた。

    電話はもちろん、ある程度の調査報告がたまったら、事務所に出向きそれを渡してもらえた。

     

    また、調査をした人ときっちりと話ができるので、(中略) しっかりとした報告を受け取ることが出来た。

    現在は、この調査のおかげで不安が取り除かれたため、(中略) 離婚をすることができた。

     

    また、確実な調査であったため、確固とした証拠があるので、困ることがなかった。(中略)

    今は、子供と平凡だが毎日気を遣わない楽しい生活を送っている。

    引用:https://xn--p1u50am5dh4f8zbd98bdsv.net/324/

     

    まとめ

    「浮気かな?」と思ったら

    • すぐには問い詰めないで気がつかないふりをする
    • 疑っていることがバレないようにする

    浮気調査をしたいなら

    • 探偵や興信所に依頼するのが◎
    • 自分で浮気調査をするのはリスクが高い
    • まずは気軽に無料相談

    無料で探偵事務所に相談