手取り17万は妥当!?リアルな生活実態を徹底調査

あなたは今のお給料で満足していますか?

ぶっちゃけもっと欲しいな、なんて思うことは多いと思います。

そんな時にまず考えるのは、数年後はどれだけもらえているのか?つまり昇給です。

昇給率が高ければ、今の職場環境のままが頑張っていけばいいと思います。

 

ですが、そうでないなら昇給できる環境で、努力する必要があります。

手取り17万円って低い?高い?環境別で解説

手取り17万円。

新卒の平均月収に近いこの数字。

大卒はの場合はもう少し高い人もいるでしょうが、平均するとこのぐらいになります。

新卒で就職したばかりなら

新卒であれば妥当だと言えるでしょう。

職種にもよりますが、士業(弁護士など)や大手の金融・証券会社などでなければ、20数万を超える月収はなかなかないでしょう。

フリーターからの転職なら

一口にフリーターといっても、特別なスキルがあれば17万円は安い場合が多いでしょう。

新卒の平均月収なわけですから、それ以上にスキルがあればそれ以上に高く評価されるべきです。

資格や経歴年数など、スキルとしてアピールできるものがあれば、より高給を目指すことはできます。

都会でなく地方で就職したなら

全国の時給当たりの最低賃金が異なるように、地方によって月給額は多少の差があります。

主に都会に比べれば、地方の方がやや低い傾向が特徴です。

もちろん職種や企業によって差はありますが、日本社会全体の傾向は前述の通りです。

手取り17万円のリアルな一人暮らしの家計は

これから就職する人も、現在17万円で生活している人も、他の月収17万円の人がどんな生活をしているか気になりますよね。

17万円の現状は場所にもよりますが、思いのほか質素です。

家賃はいくらが妥当!?  

家賃は目安として、収入の3分の1に抑えると良いと言われます。

なので17万円であれば、5.1万円ということになります。

家賃は、1人暮らしの中では最も高い固定費になることがほとんど。

そのため、ここをどれだけ削れるかで、月の支出は大きく変わるでしょう。

食費はどのくらいまで削るべき?

食費も約収入の3割程度が無難です。

1日の食事を朝・昼・晩とし、打ち分けを確認してみると

  • 朝:コンビニ 500円
  • 昼:外食 800円
  • 夜:自炊 500円

 

仮にこのような支出だとした場合の月の食費は約4万円です。

さらに会社の飲み会などがあれば、+αで出費はかさんできますね。

交際費の目安は?

彼氏・彼女がいれば2人の時間もないがしろにはできません。

デートをするお金も必要です。

1回のデートに行った際の出費が1万円、旅行に行くとなると数万は掛かります。

17万円では、楽しいからと交際費ばかりにお金をかけるわけにはいかなそうですね。

手取り17万円だとできない4つのこと

先に17万円でできることをお伝えしましたが、残念ながらできないこともあります。

あなたがしたいことは、この中に入っているでしょうか?

ペットを飼うと負担が大きい

1人暮らしをしていると、ペットが欲しいという方も多いのではないでしょうか?

もともと実家でペットを飼っていた方は分かるかもしれませんが、ペットの飼育は意外とお金が掛かります。

購入費はもちろんですが、その後の病院代や餌代、その他ペット用のグッズなどなど。

17万円の手取りでは、生計を圧迫しかねません。

旅行にはなかなか行けない

旅行が趣味という方もいらっしゃると思います。

仮に1泊2日の温泉旅行とした場合でも、1人3万円程は掛かりますよね。

旅行のために生活を切り詰めて貯金をして、という生活であれば3か月に一度ぐらいは行けるかもしれません。

ですが、結婚式でのご祝儀や、突然の怪我による治療費などのためにも貯金をするとなると、なかなか簡単ではありません。

彼女へのプレゼントも厳しい?

恋人がいるなら、誕生日や記念日のプレゼントやデートは奮発してあげたいもの。

彼女がブランド物のお財布やバッグを欲しがっている姿を、日頃見ていると尚さらプレゼントして笑顔を見たいものです。

ですが、17万円では3万、5万の出費は大きな出費になります。

そのため、事前に貯金して準備をしておかなくてはなりません。

 

計画通り事が進めばいいですが、いつ突然の出費がやってくるかは分かりません。

かなりの努力が必要になりそうですね。

都心では貯金も難しい

地方か都内なのかでも、差が出てくることはあります。

特に社会人になると、貯金は1つの課題になります。

都会が貯金をし辛い理由は、シンプルにお金を使う場所が多いからです。

仕事終わりで疲れたメンタルでは、つい帰り道に呑んで帰ったり、コンビニ寄ったりしてしまいがち。

 

誘惑に負けないように生活しなくてはなりませんね。

仕事内容と給与のバランスチェックリスト5つ

エンジニア転職

とはいえ、自分の給料が妥当なのかどうかを判断するのは、意外と難しいものです。

何を基準に考えればいいのか、そこを見誤ると世間知らずの社会人に見えてしまいます。

まずは時給換算して平均時給をチェック!

第一段階として、まずは現状の時給を確認してみましょう。

仮に月17万円を貰い、勤務時間が176時間だとすると、時給は965円になります。

いかがですか?少ないと感じた方も多いのではないでしょうか?

これを踏まえて、次に進みます。

サビ残してない!?残業手当をチェック!

会社員であれば、多かれ少なかれ残業があります。

ここで注意しなくてはならないのが、残業手当がきちんとついているかです。

サービス残業になっているのであれば、きちんと申し出をして手当をもらわなくてなりませんよね。

ただし、会社の風土として根強く残っているようないわゆるブラック企業であれば、そもそも在籍し続けるかどうかを見極めなくてはなりません。

一生身につくスキルがあるかチェック!

ただ淡々と仕事をするだけでは、社会人としてもったいありません。

職務をこなすにあたり、スキルが身についているかも意識すると良いと思います。

ずっと今の職場・職業を続けていくなら良いかもしれませんが、環境を変えたいと望むなら環境を変えられる人物である必要があります。

そのためには、希望の業界で求められるスキルを持った人材になる努力をしましょう。

昇給チャンスをハッキリ教えてくれるかチェック!

いきなり転職などのように環境を変えることに抵抗がある方は、今の職場に昇給のチャンスがないかを確認してみましょう。

上司の口からハッキリと昇給のチャンスや、昇進などの話が出れば、その会社はチャンスがあるといえます。

もちろん口から出まかせではないかを、きちんと見極めなくてはならないので、鵜呑みにするのは危険です。

先輩や同僚、職場の雰囲気などから、裏付けを取り在籍するかを決めていきましょう。

先輩社員の給与をチェック!

昇給率を判断する上で参考になるのが、先輩のお給料です。

滅多なことがない限り、破格の昇給をすることはほとんどありません。

一度上げた給料を下げるということがすくないことと、なぜ後輩が?という社内的な反発を防ぐためです。

そのため、昇給率や数年後の給料が気になる場合は、先輩のお給料を参考にするのはアリです。

手取り17万ならフリーターの方が稼げる!?

エンジニア転職

よく会社員よりもフリーターの方が稼げるという話があります。

17万円という基準で考えるのであれば、それは事実です。

福利厚生などの待遇面などをどのように判断するかは人それぞれですが、収入という一点で見ればフリーターという選択肢はアリです。

17代の平均年収!手取り17万は少ない?

17歳は社会人として働くことができるため、自身の都合で好きなだけ稼ぐことができます。

103万円という扶養等の問題はありますが、稼ぐこと自体への問題はありません。

18歳の平均年年収は約160万円だそうです。

17万円の手取りの場合は、204万円となりその差は約40万円

 

このように比較すると、17万円の月収が決して安いとは言えません。

ですが、フリーターといっても前述したように、スキルがある場合もしくはがっつり働いた場合は別です。

月20万円分稼げば、フリーターでも年収は240万円となり、そこから様々な控除を差し引いてもフリーターの方が稼いでいるでしょう。

そのため、フリーターの方が固定給ではない分、稼げる可能性があるということです。

17代でも会社勤めで手取り30万稼いでる人もいる

世の中には驚くことに、17歳でも30万以上稼ぐ人も存在します。

現代はネットサービスの発達に伴い、年齢などは関係なく稼ぐことができるようになってきました。

17万ではできなかったことも。30万円稼ぐとできるようになることが増えてきます。

30万円稼ぐと何ができる?

30万あると、3人家族の生計が成り立つと言われます。

それぐらい17万円と30万円には差があるということなんですね。

1人暮らしで30万稼いでいるとなれば、当然できることも増えてきます。

ハイグレードな車が買える

社会人になったら車が欲しい、そんな夢も17万円ではなかなか叶いません。

ですが、30万円あれば、大抵の車はローンを組んで購入することができます。

好きな車でドライブやデートにいける、そんな将来はどうですか?

家のローンが組める

家が欲しいという方も、ローンが組める、つまり購入することができます。

収入が低いと、月々の返済ができないと判断されてしまい、ローンを組むことができないのです。

そのため、30万円というのは社会的信用にも繋がるというわけなんですね。

結婚して家族も養える

冒頭でもちらっとお話しましたが、30万あれば3人家族を養うことができます。

結婚したいという思いがあっても収入面から、なかなか踏み切れないという男性陣は多いはず。

理想のお相手がいるなら、収入から生活を見直すのはアリかもしれません。

欲しいものはだいたい買える

以上からも分かるように、手取りで30万円稼げば、欲しい物は大体手に入れることができます。

ローンが組めるなど、社会的信用を手に入れやすいのも大きな価値ですね。

今は手に入らないけれど、職場や環境を変えれば手に入るのかもしれません。

まずは、自分が置かれている環境を整理することから始めましょう。

一人暮らしならちょっとリッチな生活も

1人暮らしであれば、生活に必要なお金は家賃や食費などをもろもろ含めて10万円程。

そこから交際費や趣味、貯金などに使っていきます。

単純計算で貯金を10万円したとしても、残り10万円は自由なお金です。

いかがでしょうか?

 

手取り17万円との差は、かなり大きなものかもしれません。

誰でもなれる手取り30万円の職業3選

『そんなこと言われても、手取り30万円の仕事につくスキルなんてないよ』という方もをいますよね。

確かに、なんのスキルもなしに手取り30万円の仕事に就くことはできないでしょう。

ですが、今からでもスキルを身につければ、後数十年は手取り30万円以上の生活ができるかもしれません。

挑戦する価値はあると思いませんか?

歩合制の営業

固定給で30万円を目指すのではなく、基本給+歩合で目指すという方法もあります。

特に営業ボーナスの高い営業職あれば、30万円以上も夢ではありません。

不動産や保険などは、ボーナスが高く営業マンが稼げる業界ということでも有名ですよね。

目に見える特殊なスキルがなくても、話せるというのも立派なスキルです。

 

呑みの席などで話すのが得意、昔から気づかいをよくするタイプだ、などの特徴があれば営業はマンは向いているかもしれません。

エンジニア

プログラミングというスキルを使った技術職です。

未経験からすぐに就くことは難しい職業ですが、一度習得すれば生涯使えるスキルの1つです。

今ではプログラミングを学べる社会人用のプログラミングスクールもあります。

会社に勤めながらでも学ぶこともできるので、少しづつスキルを身に着けて転職するというのもアリですね。

 

プログラミングは売り手市場で、エンジニアを必要とする企業は多いです。

唯一無二の逸材になれる可能性もあるため、その分大きく稼げる可能性も秘めています。

成長期のベンチャー企業

ベンチャーは世の中にないものを生み出すために、日々頑張っています。

0から1を作り出すため、それなりに経験が必要な業界もあるかもしれませんが、ベンチャー特有の人材不足の課題にコミットすれば転職できる可能性はあります。

プログラミングや営業などのトークスキルはもちろん、前職でのスキルがそのまま活かせる可能性もあるので、ベンチャー企業を転職先として検討するのはとしてありです。

 

企業でのコンテンツやサービスが世に広まり実を結べば、これまでの実績次第で役職付きのポストに就ける可能性もありますね。

一度、転職エージェントに相談してみよう

今よりも条件のいい待遇を求めるなら、転職が最も効率的です

スキルがあれば、見合った給料を出してくれる企業はあります。

現実的な時間を考えると、いくら高給だからと言って、弁護士などを目指すのは得策ではありません。

 

プログラマーや歩合の仕事、成長期のイケイケベンチャーなどがおすすめです。

これらはスキルはもちろん、入社後の努力次第では、大幅な昇給が見込めます。

確実にとは言えないので、転職先の展望や事業規模、成長率などは転職エージェントなどの専門家に聞いてみるのも良いと思います。

 

頑張る為のモチベーション維持については、昇給後の給料が手に入ったらどんな理想が叶うか、を明確にしておきましょう。

あなたの行動を支えてくれる、原動力になるはずです。