プログラマーの仕事がきつい原因は?快適に働くための4つの対処法

プログラマーとして働いているものの、正直きついな〜と感じてはいませんか?

プログラマーを含めて日本のIT企業は「IT土方」とも呼ばれ、3K職場としても有名です。

きつい仕事であるプログラマーですが、実は快適に仕事をできる4つのコツがあるんです。

この記事を読めば、

* プログラマーの仕事がきつい原因

* プログラマーが快適に仕事をするための4つのコツ

* きつい状況から根本的に解決する方法

が分かります。

もしプログラマーの仕事がきつい、対処方や原因を知ってきつい状況から脱却したいと思っているなら、この記事を読んで対処していきましょう。

スポンサードリンク

プログラマーの仕事がきついと言われる理由は?

エンジニア転職

なぜプログラマーの仕事がきついのか。その理由についてまずは説明していきましょう。

スポンサードリンク

肉体的なきつさ

プログラマーは肉体的にきつい職業と言えます。

基本的に椅子に座ってパソコンに向かっての作業となります。

一日中パソコン作業ばかりしていると運動不足になりやすいですし、残業や徹夜での仕事も多く、体力的にもハードな職業です。

長時間のデスクワークにより血流が鈍くなるため、肩こりが重症化しやすいです。

より専門的な観点から言うと、長い時間集中して作業をすることを強いられます。そのため自立神経が優位になり、血圧が上がりやすい状態になります。

このような点からプログラマーの仕事はきついと言われています。

精神的なきつさ

またプログラマーの仕事は精神的にもきつい職業と言えます。

長時間労働や残業が常態化している企業もあり、プライベートの確保が難しいです。

また炎上案件やデスマーチなど、案件自体が問題を抱えている場合も多く、高いストレスがかかりやすい職業です。

ひどい場合ですと、納期も厳しく会社で寝泊まりして土日返上して働く。

残業も月300時間を超えて仕事をしても終わりが見えない、ということもあります。

かろうじて過労死を免れた人でもうつ病を発症したり、うつ状態になり長期休養が必要な人もいます。

給料が少ないことによるきつさ

給料が少ないことによるきつさもあります。

大規模案件の下請けの場合、元請け企業が利益の大部分を取っていき、開発は下請け企業に安い金額で発注するケースが多いです。

そのため下請け企業で働くプログラマーの給料はどうしても低くなってしまいます。

またプログラマーは、好きでプログラミングしていると思っている人も多いです。

役職が上の人が「好きな仕事ができるなら低賃金でも働いてくれる、低賃金でも文句を言えないだろう。」と考えていることもあります。

そのためプログラマーの賃金は低く留まりやすいと言えるでしょう。

プログラマーは基本的に忙しい業界。多少きついのはしょうがない…

エンジニア転職

プログラマーは基本的に忙しい業界と言えます。

そのため一人当たりの業務量も多くなりがちです。さらに大学での専攻が情報系でなくても、新卒でプログラマーとして採用されることがあります。

スキルゼロからいきなり現場に放り込まれ、OJTという名で無理やりプログラミング業務を任せられることもあります。

スキルゼロの新人を教えつつ業務を行わなければならない状況も多く、より忙しくなるという現状もあります。

プログラマーが快適に仕事をするための4つの対処法

エンジニア転職

そのようなきつい状況を少しでも改善していきたいですよね。

プログラマーが快適に仕事をするための4つの対処法について説明していきます。

定期的に鍼灸や整体に通って肉体的疲労を取る

肉体的にきついプログラマー職ですが、定期的に鍼灸や整体に通って疲労を取ることをおすすめします。

一日中座ったまま作業をすることが多いプログラマーは常に肩・首が凝っている状態になりがちです。

首の凝りがひどくなると頭痛になり、寝付きを悪くする原因になり、生活にも支障をきたします。

肉体的疲労を定期的に取るよう、整体や鍼灸に通うといいでしょう。

長時間の業務にも耐えられるよう体力をつける

長時間の業務に耐えられるように体力をつけるのもおすすめです。

ジムに通って定期的に運動をしたり、出勤時に人駅分歩くなど、基礎体力が付くような工夫をするのがいいでしょう。

特に職場では自宅やオフィスにこもって仕事をするだけになるため、運動をすることを日課として取り入れないとすぐに運動不足になってしまいます。

まずは負担が小さいウォーキングやジョギングなど、軽い運動から始めるのがベストです。

運動をすることで基礎体力が向上し、ハードな開発プロジェクトでも乗り越えられるようになります。

残業を減らすことや給料アップを上司に相談する

自助努力も大事ですが、残業をへらすことや給料アップを上司に相談することも大切です。

いくら体力をつけて疲労回復に努めたとしても限界があります。

限界を超えた勤務を続けてるとそれこそ過労死やうつ病のリスクが高まります。

そのような場合は早めに残業を減らすことや給料アップを上司に相談しましょう。

それでも、解決しないなら転職するのがおすすめ

上記のように体力増強や疲労回復に努め、上司に掛け合うことをしても解決しないこともあります。

特に上司に掛け合っても真面目に取りあってもらえなかったり、「忙しいから」という理由でないがしろにされている場合は要注意です。

その場合はまず改善することはないため、すぐにでも転職を考えた方がいいと言えます。

根本的な解決を目指すなら転職を検討しよう

また体力増強・疲労回復によって一時的にはよくなったとしても、長時間残業が日常化し、炎上案件が頻繁に起こっている場合は転職を検討すべきです。

プログラマーとしてのスキル向上もプライベートな時間が確保しづらい環境では難しいです。

また肉体的・精神的に何か患った後では遅いです。

何度か改善を促しても会社として変化が見られない場合は、転職をすることをおすすめします。

給料、残業、常駐…なにを解決すれば問題が解決するか考える

転職するにあたって、給料、残業、常駐、なにを解決すれば「きつい」状況が解決するのか、考えてみましょう。

人によって「何がきついか」感じるかは違います。

ご自分がきついと感じる点を、まずはリストアップしてみましょう。

そのきつい理由が、給料が原因か、残業(勤務時間)が原因か、または常駐先や職場環境が原因か分析してみてください。

その上で改善点を洗い出し、どのような職場で働ければプログラマーとして楽しく働けるかを書き出しましょう。

問題を解決できる会社を探して転職しよう

上記のようにきつい原因をあぶり出し、その解決策を考えた上で、その条件に合った会社を探していきます。

でも、転職先でも同じようにきつい思いをするのでは?

エンジニア転職

また転職先でも同じようにきつい思いをするのではと心配している方もいると思います。

しかししっかり会社を選べばそのようなきつい思いを再びすることはありません。以下説明説明していきます。

会社をしっかり選べばプログラマーは無理せず稼げる

会社をしっかり選べばプログラマーは無理せず稼げます。

最近ですと残業は極力せずに定時に上がるように努力している会社もありますし、残業代がしっかり出る会社もあります。

またスキルに応じて、しっかりと給料を出す会社もあります。

そのような会社をしっかりと見極めて転職をすることが大切です。

失敗しないためにもプロのサポートのもと転職活動をしよう

しかし一人だけで転職先を探すのは大変です。

先ほど洗い出した自分にとって理想的な会社を、今求人がある会社から一社ずつ確かめて情報収集するのは骨が折れる作業となります。

また一人で情報収集するのにも限度があります。

できる限り多くの情報を集めて、比較しつつ慎重に転職先候補を出していくことが大切です。

きつい環境から脱却したいなら、まずは転職エージェントに相談を!

エンジニア転職

きつい環境から脱却したいのであれば、まずは転職エージェントに相談しましょう。

先ほど説明したように、一人でできる情報収集力には限りがあります。

さらに長時間労働をしつつ転職活動を行うのは難しいでしょう。

時間を有効に使うためにも、まずは転職エージェントに相談して、早めに希望を伝えて転職先候補をリサーチしてもらうのが近道です。

以下におすすめの転職エージェントを紹介しておきますので参考にしていみてください。