仕事が合わないのに続けてしまう人の特徴5選!診断ツールで最適な仕事を見つけよう!

  • 今の仕事は自分に合ってない
  • 自分の仕事に成長を感じられない
  • もっと自分に合う職場があるんじゃないか

こんな風に思うことはありませんか?

真面目に責任を持って仕事しているのに成長を感じられなかったり、評価されなかったり。

仕事の内容が思っていたのとちがって、自分に向いていないことをし続けてしまっている。

単純に、いっしょに仕事をしている人と気が合わない。

 

この状況、すべて「今の仕事が合っていない」ということです。

 

仕事が思い通りにいかないのは自分のせいだと思ってしまう人もいると思います。

でも仕事が合わないのはあなたのせいとは限りません。

自分のせいだと思って、今でも合わない仕事を続けてしまっているという人は少なくないはず。

 

そういう人には共通したいくつかの特徴があります。

「合わない仕事を続けてしまう人」の特徴をあげていくので、自分は当てはまるかどうかチェックしてみてくださいね。

合わない仕事を続けてしまう人の特徴

責任感が強い

一番はこれ。仕事に対して責任感が強い人。

  • 自分がこの仕事をやめてしまったら代わりに誰かがやらなければいけない
  • 自分の役割をしっかり果たさなければ
  • 周りに迷惑をかけないようにちゃんとやろう

などと考えて、やめてはいけないと自分に言い聞かせてしまう人です。

 

なにか困ったことがあっても、自分のことばっかりにならず、思いやりがあるんですよね。

自分の仕事が上司や部下、仲間たちに影響を与えてしまうので、合わないと思いつつも簡単にはやめられないと考えてしまいます。

思い切った行動ができない

何をするにも慎重で、なかなか行動にうつせない人。

失敗することや環境が変わることに「怖い」という気持ちが強いんですよね。

進んだときのリスクや、一歩踏み出したあと引き返せるかどうかを考えすぎてしまいます。

 

自分の気持ちに確信がもてないと何もできない、いつまでもウジウジと考えてしまう人が多いです。

「合わない仕事を続けるか、行動して挑戦するか。」

そうこうして悩んでいるうちにタイミングをうしなったり、チャンスを逃してしまったりします。

周りの目ばかり気にしてしまう

何か目立ったことをするときに周りの目がやたらと気になってしまう人。

  • こんなことしたら他の人にどう思われるんだろう
  • だれかに否定されるのがこわい
  • とにかく人から認められたい

と強く考えている人です。

 

このタイプの人はただただ自分に自信がないんですよね。

人からの「同意」や「共感」をもらえなければ何もできない。

常に多数派にいないと落ち着かない。目立つのが苦手、嫌い。

安定をもとめているので、道を変えたり、まわりと違うことをしたりしません。

だから仕事が合わない状況もそのままにしてしまいます。

転職できるか不安

仕事をやめたあとの、「転職」に不安を感じている人。

 

まず、転職活動。

転職先を考えなければいけないので、自分がやりたいことができそうな会社を見つけられるか不安。

面接に行くこと自体がこわい、一度やめているのに採用してもらえるか不安。

それから転職後ですね。

前の会社でうまくいかなかったから、また次もうまくいかないんじゃないかという不安。

あたらしい人間関係をつくれるか不安。

 

このように転職に対して不安が多く、今の合わない仕事を続けてしまうんです。

すぐに自分のことを責めてしまう

なにに対してもなんとなく自分が悪いという結論を出してしまう人。

うまくいかない時、原因を「結局は自分がだめなせいだ」とか、「自分が甘いからだ」と決めつけてしまうんですよね。

 

人のせいにするのはよくないとよく言われています。

たしかにその通りですが、だからといって100%自分のせいであるとも限らないんです。

全力でやりきってもうまくいかないときはあります。

仕事が合わないことに対して自分が悪いとあきらめてしまって、いまの環境の悪いところを冷静に考えることができません。

 

どうですか?当てはまりましたか?

なんとなく共通してるのは「自信がない」というところですね。

自分自身や、自分の考えにいまいち自信をもてない。

だから行動にうつせず問題をそのままにして、合わない仕事を続けてしまうんです。

自己啓発本がおすすめ

すぐに行動できる人とできない人のちがいは、問題にぶつかったときの「考え方」です。

行動にうつすのが遅い人は

  • 本当の原因がなにかわからない
  • 〇〇になるために今なにをすればいいか、を考えない
  • 考えること、動くことをあきらめる
  • 行動に対してリスクばかり考えてしまう
  • 自分の考えに自信がもてず人に頼ろうとする

という状況なことが多いです。

 

こういう状態は考え方を変えればなくすことができます。

そうすればいまより行動にうつすスピードははやくなるはず。

 

考え方を変えるのにかんたんな方法は自己啓発本を読むということ。

自己啓発本というのは、自分の力で自分の能力を高めたり、やりたいことを成功させるための自己実現をめざして書かれた本のことです。

「自分を変えたい!高めたい!」という人が、考え方や行動を変えるきっかけをくれる本。

 

  • そもそも自分を変えるってなんだろう?
  • 自分のなにを、どうやって変えればいいんだろう?
  • 変わりたい理由はなんなんだろう?

変わりたいと思ってもこんな疑問をもって行き詰まってしまった人は、まず自己啓発本を読んでみることをおすすめします。

転職活動も視野に入れるべき

自己啓発本を読んで、インプットしただけで終わってしまっては意味がありません。

あたらしい考え方、行動の仕方を見つけたならすぐ行動するべき。

そこからいまの自分の状況を変えるために、まず何をするか、いつ何をするかを決めます。

決めたらあとは実行です。

 

仕事が合わないことで悩んでいるなら、まず今の仕事のどういうところが自分に合わないのかを考える。

答えが見つかったら、「じゃあ本当に自分に合う仕事は何か」を考えて行動します。

環境をまるごと変えるなら、転職活動を視野に入れるべきですね。

 

転職の準備として、まずは転職サイトに登録しましょう。

わからないことだらけの転職が始めやすくなります。

おすすめしたいのは「リクナビNEXT」

自分に合った仕事を探したい人にぴったりの転職サイトなんです。

f:id:bun1125:20170801220532j:plain

リクナビNEXTには、あなたの強みを診断してくれる「グッドポイント診断」というものがあります。

登録は無料。カンタンな質問に答えるだけで5つの長所を正確に診断してくれるんです。

診断結果であなたに向いている仕事がわかります。

 

転職すれば、いまの不満を我慢する必要もなくなりますよ。

やりがいのある仕事を見つけて、どんどん自分を高めていきましょう。

合わない仕事はもう辞めて、あなたの能力を活かせる場所で働きませんか?

>>リクナビNEXTの詳細・登録はコチラ