ぼくらはいつまで性的な関わりを求め続けるのだろうか

「家には言ったけど結局しなかった」

そんな話をたまに聞きます。

 

ぶっちゃけるとこれ僕もよくあるんです。

なんかホテル行ったり、家に行ったりするだけで満足しちゃってそのまま寝ちゃう。

こういう話をするとよく驚かれるのですが、実際これって不思議なことなんでしょうか。

 

ふと思い立ったので今日はそんな記事を書いてみました。

スポンサードリンク

性的な関わりを求めているのか?それとも…

夜の新宿に行けばどの店に入っても女の子を口説いたり、いざなったり。

そんな光景をよく目にします。

 

こういった瞬間を目の前にすると、

「ああ、みんないくつになっても変わらねえんだなあ」

そんなことを思うわけです。

 

バーや居酒屋で口説いてホテルへゴー。

高校生のときには考えもしなかった大人の暗黙の了解。

すごいな、と思いつつも、20代になって3年が経つとある種これが当たり前なんだと刷り込まれてしまって…

そんな自分を不甲斐なく思います。

 

でも。みんな本当に性的な関わりを求めているのでしょうか。

僕は少し違うんですよね。

正直行くまでが楽しい。着いたら種明かし。それでいいじゃないか。

僕は正直なところ、行くまでが楽しくて、

「どうやって誘おうか?」

「どうやって話を持っていこうか?」

そういったところに興味があります。

 

だからそこまでして性的な関わりを持ちたいわけではなく、行き着くまで行き着いたらそれでもう満足なんです。

ホテルでも自宅でも。ドアを開けたらゴールテープ。

 

でも実際こういう人多いと思うんですよね。

毎回惰性で関係を持つより、しっかり自分の真意を考えてみても良いんじゃないかと思います。

僕らはいつまでこの関係を求め続けるのだろうか?

そんなわけで僕はふと思うのです。

こういった男女の関わりっていつまで続くんだろうと。

僕はまだ23歳ですが、40を越えた先輩経営者からもこういう話をよく聞きます。

やはりいくつになっても変わらないのでしょうか。

この感覚が落ち着いたりなくなったりすればもっと仕事に専念できるのにな。

 

あなたはどう思いますか?

仕事の弊害にもなりかねないこの感情を、コントロールすることができていますか?

 

いつかこの謎が解ける日までは、暗黙の了解に溶け込んでいようかと思います。