【経験者が解説】転職保証付きプログラミングスクールの実態を本音で解説

【本当に売れる?】LINEステップのサービス内容や使い方/料金/メリット・デメリットを徹底解説

「メルマガを使っているけど開封率が低い…」
「LINEステップを使いたいけどどういう機能があるのか分からない…」
「他のサービスと比べて料金がどれくらいなのか知らない…」

 

このようにLINEステップについて疑問を抱えていませんか?

 

せっかく売る商品はあってリストも取れているのに売り上げに繋がらないのはもったいないですよね。

 

そこで本記事では、

  • LINEステップを使えば売り上げが上がるのか
  • 他サービスと比べると料金体制はどうなのか
  • サービス内容は充実しているのか

について解説していきます。

今すぐ30日間無料で利用する

LINEステップで売上UPする

LINEステップとは?本当に売り上げが上がるのか?

LINEステップを利用して売り上げが上がった事例をいくつか紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

事例① 営業・歯科コンサルティング

オウンドメディアからSEOで集客したお客様に対して、メルマガ登録→ステップメール→興味のある内容に分けてシナリオを分岐→コンサルティング商品を販売という流れで商品を売っていた。

 

そこからLINEステップを使いシナリオを組み込むことで、コンサルティング商品の成約率が3倍に改善した

 

また、webサイトへのアクセスも測ることができるため、コンテンツの改善にも役立つというメリットもあります。

 

事例② EC通販

雑貨のEC通販を行っており、これまでは購入した人に対してメルマガでリピートを促すメールを送っていた。

 

また、これまでは購入者だけにリピートメッセージを送っていたが、まだ商品を購入していないユーザーに対しても、商品を購入してもらうための情報発信を同時にする運用方法に変えたところ、新規の購入率やリピート率が高まった

 

WEBショップや商品に関するお問い合わせなども、自動応答機能を使って、チャットボットのように対応を自動化することができるのはメリットの一つですね。

 

事例③ サロン・美容鍼灸院

LINE@を利用して当院のお知らせを配信したり、来院した患者に対して、施術後のフォローアップなどを行っていた。

 

お客様からの反応は良かったが、その反面、よくあるお問い合わせの対応や予約などの管理が通常のLINE@だとやりにくかったのでLINEステップを導入。
すると、お問い合わせの対応やLINE上での顧客管理がスムーズに行えるようになり、かなり効率よく対応ができるようになった。

 

またLINEステップ配信を活用し、「新規客を来院させるシナリオ」「既存患者に再来院を促すシナリオ」を配信することで、新規来院率やリピート率を効率よく改善することができ、月の売上が100~300万円まで伸びた

 

今すぐ30日間無料で利用する

LINEステップで売上UPする

 

本当に充実している?LINEステップでできるサービス内容を解説

LINEステップで使える機能で代表的なのが以下の3つです。

 

①ステップシナリオ配信
②リマインダーステップ配信
③セグメント配信

 

それぞれの機能について解説していきます。

 

h3①ステップシナリオ配信

これはメルマガのステップメールと同じで、登録してからどのタイミングでどのメールを流すかをあらかじめ決めておける機能です。

 

メルマガでステップメールを組んでいても開封されなければ意味がありません。

しかしLINEのステップメールだと開封率がメルマガの15倍と言われており、クリック率も12倍ほどなので読まれない心配はありません。

 

また、いただいた情報からお客様の属性を分けることができるため、ユーザーの属性や行動にあわせて自由に配信と分岐ができます。

そのため、よりパーソナライズされた配信でブロック率を減らし、クリック率や成約率を自動で高めることができるというわけです。

 

h3②リマインダーステップ配信

これはセミナーやイベントの開催日、商品の購入日など、特定の日程に対して逆算してリマインダーステップメッセージが配信できる機能です。

 

一度設定すれば、自動で最適化されたメッセージが配信されるため、セミナーやイベントを開催するたびに設定作業を行う手間が省け、セミナーの参加率や商品のリピート購入率を引き上げられます

 

セミナーやイベントを開催する英会話教室や料理教室などにオススメの機能です。

 

h3③セグメント配信

通常のLINE@では一斉送信を振り分けるこができませんが、LINEステップなら属性ごとに送信内容を変えることができます

 

そのため、友だち数が増えても読者にあった最適なメッセージを絞り込み配信でき、ブロック数と配信通数による従量課金のコストを減らし、クリック率、成約率を高められます

 

不要なブロックを防ぐことができるのは大きなメリットですよね。

今すぐ30日間無料で利用する

LINEステップで売上UPする

やっぱり高い?LINEステップの利用でかかる料金は?

LINEステップの料金プランは「スタンダードプラン」のみで、19,800円です。

これだけ聞くと安いと感じる人も多いと思いますが、あくまでこれはLINEステップのみの料金です。

 

先ほど解説したステップシナリオ配信やセグメント配信をするには、LINE@の方で「プロ版」を購入する必要があります。

 

LINEステップの料金を合わせると1つのアカウントで41,400円になってしまい、メルマガは高いプランにしてもだいたい月1万円くらいしかかからないので、それに比べるとやや割高になってしまいます。

 

しかし、開封率やクリック率が高いことを考えると元は取れるのではないでしょうか?

今すぐ30日間無料で利用する

LINEステップで売上UPする

LINEステップのメリット・デメリット

ここまで解説してきた内容だとLINEステップにはメリットばかりのように感じますが、デメリットも存在します。

 

それぞれの特性を理解した上で使うことで、運用方法も変わってくるのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

LINEステップのメリット

LINEステップのメリットは以下の通りです。

 

  1. お客様との距離感が近い
  2. 届けたい人に届けたい情報が行き渡る
  3. 登録しやすいから母体数が増える
  4. PDCAサイクルを回しやすい
  5. アンケートフォームが簡単に作成できる

 

それぞれのメリットについて解説してきます。

①お客様との距離感が近い

 

通常のLINE@もお客様との距離感が近いですが、LINEステップはもっと近くなります。

というのも、先ほども言ったようにいただいた情報からそれぞれのお客様に合った情報を届けられるからです。

 

自分に興味がない情報がたくさん入ってくると、いくら好きな企業のLINEでもブロックしてしまう経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

 

LINEステップならそれを防ぐことができ、お客様との距離を縮めることができます。

②届けたい人に届けたい情報が行き渡る

 

LINE@の一斉配信は登録者全員に同じ内容が送られますが、中にはその情報を必要としていない人がたくさんいます。

これが数回続くとブロックされてしまいますよね。

 

しかしその人たちにも欲しい情報があり、その情報だけを届ければいいのです。

LINEステップだと届けたい人だけに届けたい情報を行き渡らせることができるので、無駄なブロック数を減らすことができます。

③登録しやすいから母体数が増える

 

これはLINE@のメリットでもありますが、やはりワンクリックで友達追加できるので気軽に登録することができます。

 

その結果、登録者数が増えるので売りたい商品や来て欲しいイベントなどにたくさん人を集めることができます。

 

そうすると売り上げが上がるだけでなく、分析する際のデータが増え、プロダクトをさらに良い方向へと持っていくことができます。

 

④PDCAサイクルが回しやすい

 

LINEステップには効果測定ツールが入っているので、

 

  • HP・ブログへのアクセス遷移数
  • 商品購入率
  • サイト滞在時間
  • 動画視聴時間

 

などを細かく分析できます。

 

これはメルマガでは測定できない部分なので、LINEステップの強みと言えるでしょう。

⑤アンケートフォームが簡単に作成できる

 

何かアンケートを取りたい時やイベント開催のLPを作りたい時に、一から作るのは面倒ですよね?

 

LINEステップにはアンケート・LPフォーム生成があるので、誰でも簡単にアンケートやお問い合わせフォームを作ることができます。

 

一から作ろうと思うと時間がかかるので、時短したい人やアンケートフォーム作成が苦手な人には大きなメリットですね。

今すぐ30日間無料で利用する

LINEステップで売上UPする

LINEステップのデメリット

LINEステップのデメリットは以下の通りです。

 

  1. 格安SIMの場合は使えない
  2. 他社商品、他社サービスを配信できない
  3. LINE社が破綻すれば使えなくなる

 

それぞれのデメリットについて解説してきます。

①格安SIMの場合は使えない

 

最近では固定費を削減するために格安SIMを利用する人が増えています。

 

しかし格安SIMではLINE@を利用する際の年齢認証ができないので、必然的にLINEステップも使えないことになります。

 

ただしY!mobileとLINEモバイルではLINEの年齢認証ができるので、LINE@もLINEステップも使うことができます。

なので、格安SIMでもLINE@を利用したい人はどちらかの格安SIMを選んで下さい。

②他社商品、他社サービスを配信できない

 

LINE@では自社商品「以外」の商品のリンクを配信することが規約で禁止されています。

 

例えばメルマガでは、自分が使ってみてよかった商品をアフィリエイト等で紹介することができますがLINE@では出来ません。

 

とは言え、自社のサービスや製品であれば堂々と利用できるので、特に大きな問題ではありません。

③LINE社が破綻すれば使えなくなる

 

LINE@はあくまでもLINE社が提供するツールであって、メールや独自ドメインのブログ(HP)のように将来ずっと使える保証がありません。

 

LINE株式会社がLINE@の提供を終了したり、あるいはLINE株式会社が破綻・吸収・合併のようなことになれば、LINE@サービス自体が使えなくなる恐れがあります。

 

また、2019年4月の新プランへの改定のように、使えるとしてもサービスの内容が変更となったり、料金が変わったりするリスクがあります。

 

その点メルマガは配信スタンドが多くあり、独自のドメインなども取得できるので当分は使えなくなる心配はなさそうです。

今すぐ30日間無料で利用する

LINEステップで売上UPする

売り上げを伸ばしたいならLINEステップを利用しよう

結論は、「売りたい商品がある場合はLINEステップを利用しよう!」ということです。

 

もちろんデメリットも存在しますし、料金もメルマガと比べるとかなり高いです。

しかし、LINEステップに入っている機能がメルマガよりも遥かに優れているものばかりです。

 

30日間の無料体験もあるので、一度利用してみてはいかがでしょうか?

今すぐ30日間無料で利用する

LINEステップで売上UPする