借金で生活が苦しい人の解決策!このままだとどうなる?差し押さえや口座の凍結も!?

「どんなに節約しても生活が苦しい・・・」

「借金の返済に追われて生活費を捻出するのさえ厳しい・・・」

「借金を返済するのにまた借金をしていつまでもこの苦しみから抜けられない」

借金の返済に追われて生活費すらないあなたは、このように毎日悩まされていませんか?

日々、頭の中では借金の事でいっぱいで、経済面だけじゃなく、精神的な部分でも結構負担が大きくなってきていますよね。

 

そんなあなたは、「自分で作った借金だから自業自得だし、苦しい生活になるのは当たり前」と自力で何とかしようとしていませんか?

 

もちろん、借りたお金は返すのが当たり前ですが、自分ではどうしようもない場合もあるので、そんなときは「債務整理」で借金問題を解決するのも良い選択です。

債務整理は真っ当な借金解決の手段であり、決して恥ずかしいものではありません。

債務整理を行うことで、現状の苦しい生活とは一変して、1から新たに借金のないクリーンな生活を再スタートすることができます。

 

そこでこのページでは、借金の返済で生活にどんな影響があるのか現状を把握した上で、

  • このまま借金が返済できないとどうなるのか?
  • 借金の返済をするのにまた借金をするのはやめた方がいい理由
  • 債務整理をすると生活はどう変わるのか?

このような疑問にお答えします。

借金の返済で頭がいっぱいいっぱいになる日々を抜け出して、毎日をすっきりした気分で過ごせる日に一刻も早くたどり着きましょう。

借金で生活が苦しいと何が困るのか?

借金の返済に追われていると、何にお金を使ったのかすら分からないまま、あっという間に給料のほとんどなくなってしまってるなんてこともありますよね。

給料を貰ったばかりで来月の給料日までまだまだあるのに手元には生活できる分のお金すらない・・・

という日々を何ヶ月も過ごしてるのではないでしょうか?

何とか今まで生活してきたもののこれがずっと続くのは厳しい・・・と、心の中ではずっと危機感を感じながら生活しているはず。

そんなあなたは、まず今の生活でどんな事に困っているのか?書き出して自分の現状を把握しましょう。

 

そして、それは自分で解決できるのか?できないのか?しっかり向き合って考えてみてください。

家賃・光熱費が払えない

家やガス電気水道などは、生活していく上でも必要不可欠な部分なので、家賃や光熱費が払えないとなると当然生活が苦しくなります。

保険の支払いなどは、借金の返済が終わるまで解約する事で解決できますし、車などは多少生活に不便は感じるものの、手放しても生活に困ることはありません。

生活に最低限必要な家賃の支払いや光熱費の支払いすらできないあなたは、自力で解決するにはもう手遅れかもしれません。

給料の半分が借金返済…

例えば、給料が手取りで月25万貰ってるうちの約半分の12万円を借金返済に充てている場合、残りの13万円で生活しなければなりませんよね。

大体、一般的な家賃の相場として給料の3分の1と言われてますので、それを引くと手元に残るのは5万円。

毎月の支払いは家賃だけではなく、光熱費、スマホ代、保険などもあるので、全ての支払いをすませると全く残らないなんてことも。

給料の半分を返済に充てているあなたは、どんなに固定費を削っても節約をしても、生活費が足りないはずです。

 

この場合、自力で何とかしようとしても新たにお金を借りるくらいしか生活を維持する方法はありません。

税金が払えず催促の連続

税金の支払いができなければ、財産や給料を差押えされてしまうので、なるべくそこは避けたいですよね。

 

ですが、支払えるあてもなく、毎月送られてくる催促の通知に今度こそ差押えの通知が届くのではないかと気が気ではないのが現状・・・

税金の支払いは免除申請ができることもありますが、所得によりますので理由が借金ではなかなか申請には通りません。

分割の支払いでの対応には応じてくれる可能性は高いですが、借金返済に追われてるあなたは分割払いですら厳しいですよね。

このまま借金が返済できないとどうなるの?

このように借金の返済に終われる生活をしてるあなたは、生活費を捻出するために仕方なく借金の返済を後回しにすることもあるのではないですか?

このまま借金の返済ができずにいると、どうなるのか?見ていきましょう。

差し押さえの連絡が来る

借金の返済ができずに、このまま催促を無視し続けると差押えの連絡が来ます。

このまま支払わなければ差押えしますよという「差押予告通知」であれば、まだ対応できる期間が1〜2ヶ月ありますが、裁判所からの支払い督促であれば直ちに対応しなければなりません。

いずれも、差押えられるのが嫌であれば直ちに弁護士に相談すれば、差押えを止めることができます。

財産を没収され、口座も凍結!?

銀行系のカードローンの借金の返済ができずにいると、最終手段としてその銀行口座を凍結され、中に預けてあるお金は借金と相殺されます。

もちろん、手続きを行えば凍結を解除することは可能ですが、解除するまでに2、3ヶ月ほどかかることも

この口座を給料の振込口座として利用してる場合、凍結されたらもちろん引き出すことも、口座引き落としの支払いもできません。

銀行系のカードローンの借金に心当たりある場合、それこそ全ての支払いが滞ってしまうので、まずは給料口座を変更しておきましょう。

 

ただ、給料口座を変更したからといって口座が凍結されても問題ないわけではありません。

ここまでされても借金返済の目処が立っていないのであれば、自力で解決するのは難しいのが現状です。

ダメ絶対!これ以上借金を増やさない!

どんなに返済が追いつかなくても、新たに借金を重ねることは辞めてください。

新たに借金を作ってしまうと、借金を完済するどころか一生借金返済に追われる生活を続けていくことになります。

他で借りて解決するという手段はないものとして考え、それ以外で自力で解決できる方法が見つからない場合は、債務整理をするのが1番真っ当な解決方法です。

借金で生活が苦しいなら債務整理を検討する

おそらく、今まで生活が苦しくても何とか自力で返そうと頑張って来たあなたは、「債務整理」に対して悪い印象を抱いているでしょう。

 

または、債務整理は自己破産しかないと思っていて、自己破産は最悪の場合の最終手段として考えているはず。

 

ですが、債務整理にはいくつか手段があり、必ずしも自己破産しなければならないわけではありません。

もちろん、自己破産も悪い選択ではないですが、比較的今後の生活にも影響が出ないような債務整理の手段もあります。

債務整理の種類についての詳しい解説は最適な債務整理の手続きがひと目でわかる!4つの借金整理の手段をわかりやすく解説でしています。

必要最低限の生活すらギリギリの状況でいるのであれば、債務整理を検討するのも賢い選択です。

債務整理をしたら生活はどうなる?

とは言え、債務整理をしたら生活が大きく変わってしまうのでは?という心配もあるかもしれません。

実際に債務整理をしたら生活はどう変わるのか見ていきましょう。

クレジットカードは使えない

クレジットカードも1度お金を借りて後から返済するものなので債務整理の対象になります。

そのため、債務整理を行うとクレジットカードは利用できません。

 

ただ、今持っているクレジットカードの中で利用していないものや債務整理の対象にしないものは今後も使えるケースはあります。

 

ですが、更新の際定期的に情報を確認するクレジットカード会社の場合には、すぐに信用情報に問題あることに気づくので利用できなくなる可能性が高いです。

信用情報に傷がつく

債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されます。

登録された日から5年間は信用情報に傷がついたままになりますが、今後も一生付いたままというわけではないので安心して下さい。

しかし、借金は減額orゼロになり生活は楽になる

とは言え、債務整理をすれば借金は今より大幅に減らすのも可能ですし、手段によっては借金をゼロにするのも可能です。

生活が苦しい状況に立たされてるあなたは、おそらくすでに信用情報に傷がついてる可能性が高いので、早めに債務整理をするのが賢い選択かもしれません。

今の苦しい生活と比べると経済的にも精神的にも良い方向に変わるのは間違いないですし、借金ゼロにできれば新たな気持ちで今後の生活を再スタートすることもできます。

これ以上辛い生活を続けるなら債務整理をしよう!

必要最低限の生活すらままならないのであれば、債務整理を検討して下さい。

この状況から自力で解決するのはなかなか難しいと思います。

 

この生活をずっと続けていては、普通の生活すらままならないので、借金を解決する前にあなた自身の精神面が持たなくなります。

そうなってしまう前にまずは1度無料の弁護士相談を受けてみましょう。

無料債務整理シュミレーターでは、簡単な質問に答えるだけであなたにあった債務整理の手段を教えてくれ、その結果に基づいた弁護士を紹介してくれます。

 

もちろん、最初の相談は無料でできますので、債務整理をするかどうか迷っているあなたも1度相談してから後で考えるのも良いでしょう。

>>無料債務整理シュミレーターはコチラ