債務整理の日常生活への影響と4つの対策!クレジットカードなしで生活するには

債務整理をする人の中には、

「複数のクレジットカードでキャッシングして返済が追いつかなくなった」

「リボ払いの罠にハマって、毎月支払っても残高が減らない」

など”クレジットカード”に関する借金が原因という人も少なくないです。

 

これに当てはまるあなたは、今までクレジットカードを頼りに生活して来てる分、

「債務整理をするとクレジットカードが使えなくなる」

「クレジットカードがない生活はどうすればいいの」

と必要以上に心配していませんか?

 

そこでこのページでは、あなたがクレジットカードなしの生活で困らないために、

  • 日常の中でクレジットカードが無くて困ることとその対策
  • クレジットカードが使えなくなったらすべきこと

この2つについて紹介します。

借金を減らせる債務整理にはデメリットもある!

借金を減らせるのが債務整理の1番のメリットですが、その分、今後の生活において以下のようなデメリットもあります。

  • 住宅ローンや教育ローンが組めなくなる
  • クレジットカードの使用、新規作成ができなくなる
  • お金を借りれなくなる

とくに、今までクレジットカードを利用してきた人にとっては、クレジットカードが使えなくなるのが1番困るはず。

日常生活への大きな影響はクレジットカードが使えないこと

ですが、クレジットカードがないと困る・・・

とは思ってはいるものの、具体的にどういった場面で困るのかは把握してないんじゃないでしょうか?

クレジットカードがないとどう困るのかを知れば、クレジットカードが無くて困ることへの対策も可能です。

なのでまずは、どんな時に不便を感じるのか知る必要があります。

ネット決済が簡単にできなくなることも…

今では、ネットでの買い物やネットを通してのお支払いはクレジットカード決済が一般的ですよね。

その他に、以下のような支払い方法があるものの、どれも決済手数料がかかってしまったり手間がかかってしまったりするものがほとんど。

  • 銀行振込
  • コンビニ払い
  • 後払い
  • 代金引換

そのため、クレジットカードを使えないとネット決済において、かなり不便を感じてしまうかも知れません。

いざという時にお金を払えない

貯金がない人にとってクレジットカードは、自分の手元にあるお金以上に枠がある場合がほとんどなので、今までは急な出費に対応できていたはず。

ですが、クレジットカードが無くなると、いざという時、どうにかお金を工面しなければならなくなります。

債務整理後、クレジットカードがなくなってからすべき3つのこと

クレジットカードがなくなってからの生活では、先ほどお話しした、

  • ネット決済が簡単にできなくなる
  • 急な出費に対応できなくなる

この2つについての今後の対策をまず優先して行うべきです。

対策法としては、

  • デビットカードを作って簡単決済をできるようにする
  • 事故や病気に備えて貯金をする
  • 家計簿アプリを使ってお金の流れを把握する
  • 信用情報が回復するまでの計画を立てる

この4つになります。

それぞれ説明していきます。

デビットカードを作って簡単決済!

デビットカードは、銀行口座と紐付けされてるクレジットカードのようなものです。

クレジットカードは、枠内の金額を借りて決済を行いますが、デビットカードは銀行口座に預けた金額が決済と同時に引き落とされます。

 

そのため、自分の手元にある金額のみで決済できるので、使いすぎてしまったという後悔がありません。

さらに、デビットカードはクレジットカードと同じ機能を持つので、もちろん、ネット決済にも利用できます。

クレジットカードが使えなくなった代わりにデビットカードを利用すれば、今後も不便を感じることはほとんどありません。

事故や病気に備えて貯金をしよう!

クレジットカードが使えなくなったら、急な出費のとき、とても困ります。

そのときになってからどうしよう・・・

と考えても遅いので債務整理をしたらすぐに貯金を始めましょう。

簡単に引き出せないように、キャッシュカードなしで銀行口座を作るのがおすすめです。

お給料を貰ったらまずその口座に貯金する分を移して、元から無かったことにすると自然と貯金できています。

家計簿アプリを使ってお金の流れを管理!

クレジットカードであれば、明細に残るので何にいくら使ったのか把握できますが、現金だとレシートはすぐ捨てるという人も多いと思います。

そのため、いつの間にかお金が減ってしまっていても、何に使いすぎているのかわからずまた次の月も同じように無駄遣いしてしまうことも・・・

そうならない為にも、家計の管理は必須です。

 

ただ、今までそのような習慣がなかった場合、家計簿手帳を購入して毎日書き続けるというのは結構めんどくさいしすぐに辞めてしまうかもしれません。

 

そんな人におすすめなのがマネーフォワードという家計管理アプリです。

先ほど紹介したデビットカードもマネーフォワードに紐付けておけば、自動で利用明細が反映されます。

デビットカードだけでなく、銀行口座も引き出したり引き落としされたりしたときには自動で反映され、アプリから確認可能です。

普段の買い物は、レシートを撮影すれば入力する手間もなく自動で利用項目ごとに分類してくれるので、無理なく続けられます。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

信用情報復活までの数年間の計画を立てておこう!

信用情報の復活までの期間はおよそ5〜10年です。

その間、

  • 会社が倒産してしまった
  • 仕事をリストラされた
  • 病気で入院することになった
  • 子どもを妊娠して世帯収入が減った
  • 教育資金が必要
  • 信用情報が復活したら家が欲しい

などを理由に様々な面でお金が必要になってくる可能性も考えられます。

 

この中でも特に自分に当てはまりそうな項目があった場合、あらかじめ、いくら必要なのか把握しておいてください。

 

そして必要な金額を何年で貯めないといけないのか逆算して、必ず決まった額を彫金してください。

5年間貯金すると仮定すると…

100万円必要な場合 月々17,000円貯金
300万円必要な場合 月々50,000円貯金
500万円必要な場合 月々84,000円貯金

当たり前に思える方法ですが、当たり前だからこそ実行できている人は少ないのです。

 

とは言え、「必要だとは分かっているけどそんな金額毎月貯められないよ」という人もいると思います。

 

なのでまずは、月々の固定費を減らすのを優先して考えて下さい。

  • 家賃:2~5万円減
  • 保険:1~2万円減
  • 車:4~6万円減
  • 通信費(スマホ代)5000円~1万円減

この辺りが固定費を減らすのに1番効果的です。

固定費を削減するだけで今までの生活レベルを落とさずに無理なく貯金ができます。

無料債務整理シュミレーターであなたに合った債務整理方法を診断!

債務整理後、クレジットカードなしで生活するポイントを紹介しましたが、債務整理の方法によっても生活への影響は異なります。

まずは自分に合った債務整理の方法を知ることから始めましょう。

クレジットカードがなくなっては困ると考えているよりも、クレジットカードなしで生活する方法を考える方向にシフトした方が借金問題もスムーズに解決できます。

無料債務整理シュミレーターでは、簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な債務整理方法を教えてくれるので1度試してください。

もちろん無料でできますし、今すぐに解決したいと感じたら診断結果をもとにあなたに合った弁護士を紹介してくれます。

>>無料債務整理シュミレーターはコチラ