【失敗したくない人向け】アフィエイト開始から1年で月200万円稼ぐまでの体験記販売中!

【実体験】楽天カードから連絡が来たけど、交渉したら借金を減額してもらえた話

この記事は実際の体験者に書いてもらっています

この記事は実際の体験者の方に書いてもらっているので、詳細に事実ベースに書かれています。

同じ悩みをお持ちの方はぜひ最後までお読みください。

「楽天カードの支払いが出来ていなくて何度も連絡が来てるけど無視し続けている。

出た方がいいのは分かってるけど支払えるアテがない。」

このような状況で、いつかは裁判所に呼び出されるかも・・・と不安を抱えてモヤモヤしたまま過ごしていませんか?

 

かく言う私も楽天カードの支払いが出来ずに同じような体験をしていました。

 

ですが、毎日こんな状態で過ごすことの方が嫌で、意を決して通話ボタンを押して話をしたとき「もっと早くに連絡しておけば良かった・・・」と後悔したのを覚えています。

 

というのも、返済が難しい旨を伝えてダメ元で楽天カード側に交渉してみたら、借金の利息をすべてカットして貰うことができたのです。

 

そして2年後の現在は、もうすでにすべての借金を完済しています。

初めて滞納したときは、何度も鳴る電話に不安が募りつつも出る勇気もないから、マナーモードにして鳴り止むのを静かに待ってみたり、

このままずっと無視し続けるわけにもいかないし出ようかな?どうしよう?と悩んでみたり、その間に電話が切れてホッとしてみたり。

と、色んなことを考えながらビクビク過ごしていました。

 

ということで今回は、今、同じように支払いが出来ずに催促の電話に怯えてるあなたに、楽天カードから電話が来たらどうしたら良いのか?を私の実体験からお伝えします。

結論:すぐに折り返して支払う意思はあることを伝えるべき!

先にお金を受け取ってるにも関わらず、電話も無視して支払いもせずにいると、最悪、詐欺とみなされてしまいます。

なので、支払い能力がなく返済が難しい状況であっても、まず先に必ず支払う意思はあることを伝えましょう。

楽天カードのクレジット決済もキャッシングも後から返すことを前提にお金を借りてるので、当然ですが必ず返さなければいけません。

借りた段階では返せる見込みはあったけど、突然病気になって働けなくなった場合や仕事を辞めなければならなくなった場合などやむを得ないときは誰にでもあります。

それは仕方のないことなので、連絡を無視して逃げるのではなく、どの程度なら返済できそうなのかあらかじめ考えてから折り返しの電話をしましょう。

誠実に対応するだけでしっかりと支払う意思があることが伝わり、なるべくあなたの負担にならないような対応を考えてくれます。

 

ただ一つ注意して欲しいのが、支払う意思はあると口では言うものの、楽天カードからの提案にすべて否定的な態度でいるのは絶対にいけません。

楽天カードの電話を無視するとどうなる?

このまま楽天カードからの連絡を無視し続けていると、最終的には訴えられて裁判になってしまうことも。

裁判の費用がかかるだけでなく、給料や財産の差し押さえまでされる可能性があることは覚悟しておきましょう。

借りてる金額が少ない場合は、楽天カードとは別の債権回収の専門業者に引き渡されるといった対応になる場合もあります。

1ヶ月の滞納で楽天カードは強制解約になりますが、それはまだまだ可愛いものです。

 

その後、そのまま支払う意思もなく連絡もせずにいると信用情報に傷がつき(ブラック)、楽天カードは今後一切使えなくなります。

 

さらに、楽天カードの支払いをすべて完済した後から5年はどこのクレジットカードも新規申し込みはできません。

楽天カードは払う意思があれば状況に応じて対応を考えてくれる

楽天カードでは、請求が来てる分の金額の支払いが難しい場合には、分割払いでの支払いに対応してくれます。

まだリボ払いに設定されてないようでしたらリボ払いへの変更を勧められるかもしれませんが、絶対に変更してはいけません。

1度リボ払いにしてしまうと、返済の長期化に加えて利息の高さが重くのしかかり、なかなか借金地獄から抜け出せなくなってしまうので要注意です。

【体験談】楽天カードを滞納してから催促の電話が来るまでの話

頭を抱えて部屋の隅にいる男性

私は、毎月の生活費や支払いに頻繁に楽天カードを使っていました。

ある時たまたま大きな出費ができてしまい、お金が用意できずに安易に楽天のクレジットカードを利用してしまったのが始まりで、通常よりも多額の支払いを毎月することになってしまったのです。

楽天カードでは、決済の段階で一括払いに設定していても、後から手数料なしで分割払いにできる設定があります。

 

なので、「もし払えなければ分割払いに変えればいいや」くらいの軽い考えでいました。

分割払いに設定できるギリギリの期限まで粘ってみましたが、案の定支払いが難しそうだったので、ネット上から分割払いに変更。

 

そして、1回目の支払いは問題なく引き落とされました。

共働きの主人が突然の退職。支払いが不能に

この調子なら来月と再来月も問題なく支払えるし、あと3ヶ月で完済できそうだなとホッと一安心。

そんなときに突然、共働きだった主人が病気で会社を退職する事になりしばらく働けなくなったのです。

どうしよう・・・とパニックになりましたが、事情が事情だったので主人を責めることもできず、何とかなるかなと開き直っていました。

苦渋の決断で、手を出してはいけないリボ払いに変更してしまう

額が額だったので、分割にしても毎月の支払いは20万円を超えていて、それが残り3ヶ月分。

私の給料だけでは当然足りず、毎月の生活もあるので、ここで初めて絶対にどんなに苦しくてもやってはいけないと手を出さずにいたリボ払いにしてしまいました。

それでも毎月の支払いは4万円ほど。

4万円のうち1万円は利息です。

 

これまで共働きで貯金も少ししかしてなかった私たちは、1人だけの稼ぎではギリギリ生活できるかできないかのレベルで、毎月の4万円すらも厳しい状況でした。

何とか返済はしていましたが、生活を圧迫していたため、空いた3万円分を繰り返し利用し、永遠と終わらない借金地獄にハマっていました。(毎月3万円分の商品を4万円で購入していたことになります。)

 

それからしばらくしてついに4万円の返済すらも回らなくなり、滞納してしまったのです。

次の引き落とし日が来る前には支払いが難しいことは分かっていたので、すぐに楽天カードに連絡して分割の交渉をすれば良かったなと今になっては思います。

 

ですが当時は分割での和解ができるとも知らずに、請求が来てる分は必ず請求通りの金額で支払わなければいけないと勝手に考えていました。

引き落としが出来ずに、鳴り止まない催促の電話

結局引き落としは出来ずに、コンビニ払いのハガキが届くまで何もせず過ごしていました。

楽天カードの27日の引き落とし日に支払いができなかった場合は、27日の翌日から5日目以降にハガキが届きます。

コンビニで支払える用紙のハガキなので、遅れてでも払えるようなら特に問題ありませんが、ハガキでも払えずに無視していると催促の電話がかかってきます。

私はハガキが届いた後も支払えるアテもなく、催促の電話が来ましたが、出るのも怖くていつも静かに電話が鳴り止むのを待って無視し続けていました。

 

ですが、楽天カードの催促の電話は結構頻繁にかかって来るので、さすがに精神的にもキツくモヤモヤしたままの毎日を送るのも嫌で、恐る恐る通話ボタンを押しました。

 

すると、すでに最初に電話をかけてくる部署とはまた違う別の部署のところからの連絡でした。

このとき何を言われたかまではハッキリ覚えていませんが、50代くらいの男性の方にかなり荒い口調で説教された記憶だけは残っています。

余談ですが、電話で叱られたのがだいぶトラウマで、それから電話がかかってくるのがちょっと苦手です。

正直に状況を話し、分割払いで和解成立

電話に出た後、もう1度夫婦で話し合ってからすぐ折り返しますと伝え、今度は自分から楽天カードへ連絡しました。

交渉の結果、利息をゼロにするといった特別対応を取ってくださり、無事に解決。

利息をゼロにする=おまとめローンのような対応らしいのですが、信用情報上ではブラック扱いです。

実質上の債務整理のような交渉を楽天カード側と直接した形になりますが、やってよかったと思っています。

 

当然、今後一切楽天カードは使えなくなりますが、楽天のデビットカードで不便は感じていないので後悔はしていません。

楽天カードに交渉したら借金80万→60万に減額!どうしても払えない時の対処法

もともとの金利は18%だった楽天カードの借金。

利息だけで20万近くあり、全部で80万の借金を返済しなければなりませんでした。

 

しかし、特別に対応していただき、この利息20万円を無くして、月1万円の返済期間5年で和解

結果的に80万まで膨れ上がった借金は60万円まで減額して貰えたのです。

実際、どのように楽天カード側と交渉したのか、同じような状況で困ってるあなたのお役に立てるように次でしっかりお伝えします。

現在の状況を正直に話す

まずは、冒頭でもお伝えしたように支払う意思はしっかりある事を伝えるのは大前提で、次に現在の状況を正直に話します。

なぜ支払いが出来ないのか?今の経済状況はどのような感じなのか?嘘偽りなく話してください。

財布が盗まれたや詐欺に遭ったといったありきたりな嘘はすぐにバレます。

もちろんそれが本当であれば良いのですが、嘘だと分かった途端、交渉は上手くいかなくなります。

月々支払える額を提示して交渉する

現在の状況をお話ししたら、毎月無理なく支払える額を伝えます。

支払う意思はあるのに、今現在は1円も出せないという状況では楽天カード側も信用できません。

意思は目に見えないものなので、いくら支払う意思はあると言っても行動で示さない限りそれは伝わらないのです。

なので、最低でも「5千円ずつなら支払える」と明確に支払う意思を示すのがベストでしょう。

もちろん、支払えるのが前提です。

 

ちなみに私の場合は、正直に主人が働けなくなったことをお話しして、でも世帯内での収入はあるので少しずつではありますが毎月1万円なら滞りなく返していけます。と伝えました。

何年以内に完済できるのか伝える

自分がお金を貸す側だった場合、いつまでに返してもらえるのかは必ず知っておきたいですよね。

何年以内に返済すると明確に返済計画を提示すれば、この人はちゃんと支払う意思はあるんだなと信用してくれます。

何年以内なら望ましいというのはありませんが、なるべく早く返済できれば自分にとっても楽天カード側にとっても安心です。

 

私の場合、毎月1万円なら何とか返済できます。と伝えた時、「延滞されたら困るからギリギリの支払い額じゃなくて5千円でもいいよ」と言われました。

5千円にした場合、完済に10年はかかる計算になるので、それくらいまでなら分割で対応してくれるのかな?と思います。あくまで目安ですが。

楽天カードに交渉した結果、2年で完済!利息分をカットするだけで負担が激減

こうして楽天カードと交渉し、何とか完済に向けて毎月滞りなく返済しています。

そしてなんと、つい先日、繰り上げ返済をしてすべて完済。

当初予定していた返済期間は5年間だったのですが、2年で無事に終わりました。

20万円利息が減るだけじゃ大して変わりないと思っていましたが、思っていたよりもかなり負担が減り、利息の怖さに気付かされました。

利息が減った事により感じたメリットがいくつかあったので、これから同じような対応を考えている方にシェアします。

利息なくなり返済のたび元本(借金)がみるみる減っていく

今までは、4万円の支払いのうち、3万円が元本で残りの1万円は利息という割合だったので、支払い負担の割に全然元本が減らなくて一体いつ終わるんだろう・・・と頭を抱えていました。

 

ですが、利息がなくなると支払うたびに支払った金額分がきちんと減っていくので、みるみるうちに借金が減っていきます。

実際に、怖くてなかなか確認できなかった明細を1年ぶりに見たときには、もう残りこんだけ?とビックリして主人にテンションマックスで報告したのを覚えています。

毎月の返済額が少なくなり生活への負担が軽くなる

私の場合、毎月の返済額が4万円→1万円に減額できたので、生活への負担はかなり軽くなりました。

生活に余裕が出来たのはもちろんのこと、何より精神的負担がだいぶ減ったのが1番大きなメリットです。

お金に余裕がないと、毎日毎日お金の計算ばかりしていて自分自身にも全然余裕がなくなり、家族に八つ当たりしてしまうこともしばしば・・・

今振り返って見たら、かなり理不尽なことですぐ怒っていたなと申し訳なく思います。

 

月々の負担が軽くなったことで生活にも余裕が出てきたので、余った分はなるべく繰上げ返済できるよう計画を立て、目標だった早期完済が実現しました。

自転車操業のように返済した分をまた借りて生活を回す必要がなくなる

支払いが厳しいときには、返済した分をまた使ってなんとか生活を回していました。

こんな事を続けていたら一生借金生活は終わらないというのは理解していましたが、枠が空いてる=使えるお金と甘えてしまっていた部分もあります。

なので、分割和解で楽天カードを解約したことで強制的に使えない状態になったのは、私にとってはよかった選択だと思います。

楽天カード以外にも借金がある場合はどうする?

楽天カードの対応について実体験からお伝えしましたが、カードでの借金がある方の多くは複数社で借金をしているのがほとんどです。

実際に私も楽天カード以外にも2社借金がありました。

楽天カードは、今回紹介したような対応を特別にしてくれましたが、他のカード会社はこのような対応をしてくれるかは分かりません。

とは言え、減額は一切できないわけではありません。

借金を減額できるのは楽天カードだけじゃない

カード会社自体が減額対応をしてくれなくても、真っ当な方法で借金を減額、または利息をカットしてもらう方法はあるのです。

それが、「債務整理」です。

債務整理にも4つの方法があるのですが、中でも任意整理は比較的今後の影響を最小限に抑えて借金問題を解決できます。

なので、「楽天カード以外にも借金があって返済が厳しい」といった方も安心してください。

月々の負担を軽くして完済するなら任意整理を検討しよう

実は、今回の楽天カードのような対応は、「任意整理」と似ています。

というか、中身はほぼ同じです。

任意整理は、利息だけでなく遅延損害金もカットしてくれる上に、過払金があったら請求もできるので、負担はさらに減ります。

楽天カードだけ何とかしたい!という場合には今回紹介した方法を試していただければ解決するので問題ないですが、その他にも借金があるならまとめて任意整理をするのが1番いい解決策です。

楽天カード以外にも滞納してる借金があるなら今すぐ債務整理を!

債務整理をすると信用情報に傷が付くといって敬遠している方も多いですが、借金の返済が遅れてる方のほとんどはすでに信用情報に影響が出ていることが多いです。

一度ブラックの状態になってしまうと、借金を完済するまでは絶対に消えることはありません。

さらに、完済してから5年間はブラック状態のままなので、今すぐ任意整理をして早めに借金を完済するのが、信用情報を回復する1番の近道にもなります。

当たり前ですが、このまま放っておくと利息でどんどん借金が膨れ上がってしまいますので、早めに法律の専門家に相談してください。

東京ミネルヴァ法律事務所なら、どれくらい借金が減額できるか無料でシュミレーションできます。

債務整理についての相談なら何度でも無料でできるので、借金問題で毎日悩んでるなら一度相談してみましょう。

無料債務整理シミュレーターはコチラ