アイドルの追っかけがお金を作るためにやっていることや職業を解説

「好きなアイドルができた!」

「ライブはガンガン行きたいし、グッズもたくさん買いたい!」

「でも実際アイドルの追っかけってどのくらいお金がかかるんだろう…?」

最近好きなアイドルができて追っかけをしてみたいなと考えている人もいるかと思います。

確かにアイドルの追っかけってめちゃお金がかかりますし、毎月のように色んな地方に行くとなるとそれなりの時間の余裕もなくてはなりません。

 

それでもこの業界に足を踏み入れたいと思う人も多いかと思うので、芸能界での子役経験10年以上の僕が、アイドル追っかけ初心者に向けて「どうやって追っかけ資金を作るのか?」を中心に記事を書きました。

スポンサードリンク

アイドルの追っかけはめちゃくちゃお金がかかる!

交通費、宿泊費、オフ会….

それだけでなく限定グッズや非売品の争奪戦…

アイドルの追っかけってとにかくお金がかかります。

「みんなそのお金どこから出てくるんだ?」

ってくらい使っていることでしょう。

 

もちろん彼らの為に日夜仕事に励み、頑張っているからこそ、捻出できるお金。

推しメンのためならば数十万数百万は無駄ではありません!

これからアイドルの追っかけをやろうと思っている人はぜひ頑張ってほしいものです。

それでも続けるガチファンにこそアイドルは振り向く!

追っかけファンの夢かもしれませんが、アイドルと結婚したり、付き合うというのは果たして本当にあるのでしょうか?

これに関して10年以上芸能界にいた僕の視点から言うと、実際付き合えたり結婚できる可能性は大いにあります。

もうテレビやライブに引っ張りだこの人でもファンと付き合っている人は案外たくさんいましたし、未だ交流がある音楽グループもボーカルの人はファンと結婚していたりします。

 

最近ではずっとストーカーレベルで付きまとわられていた堀北真希が結婚したのも記憶に新しいですね。

もちろん一握りかもしれませんが、それでも夢を追うことに意味があるんです。

追っかけ続ければ続けるだけあなたの愛もしっかり伝わるのですよ。

スポンサードリンク

毎月ライブや遠征に行けるくらいの余裕を作ろう!

しかし、そのためには毎月のライブや遠征に行けるくらいの金銭的余裕、時間的余裕を作らなければいけませんね。

とはいえ、全国各地でのライブともなれば、1回の遠征で数万円近く消し飛ぶことも…

普通の会社員の生活ではとても支払える金額ではありません。

 

では、アイドルの追っかけの人はどうやって生活しているのでしょうか?

「会社員ではない」という人は結構多いです。

夜の仕事など金額的に割の良い仕事をしていたり、個人で事業をやるなどしている人も多く、それぞれある程度自由な生活を送っています。

 

例えばこちらの「すぐにお金が欲しいあなたへ!簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法12選」という記事で紹介している副業をしている人も多いですね。

毎月、会社のお給料とは別に十数万円ライティングで稼いでいるという人も何人かお会いしたことがあります。

それだけでなく、スキルなしでも稼げるような治験や、自己アフィリエイトなども。

中には1日で4,5万円稼げるような副業もあるのでぜひ目を通してみてください。

出会いは毎回一期一会!続けるならキャッシングも覚悟!

とは言え、どうしてもお金が足りなくて大事な遠征に行けない!ということもあると思います。

そんな時はキャッシングをするのも追っかけとしての覚悟でしょう。

借りた分は副業で返すという方法もありますし、ライブはそれぞれ一生に1回です。

そのライブに行けなければもう二度と行くことはできないんですから、お金を借りてでも行く価値はあるでしょう。

おすすめはこちらのプロミス。

初めての方は30日間利息無料のお得なサービスもありますし、ネットで申込ができるので今すぐ審査に申し込むこともできるのです。

  • ネットから24時間申し込み可能
  • 瞬フリサービスを使って三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を登録すると最短10秒で振り込まれる
  • 上記口座が無くても平日14時までなら即日振り込みも可能
  • 初めての方は30日間利息0円

もし、ライブまでの日程が短く、なんとか間に合わせたいというのであれば申し込んでおくと良いでしょう。

▼プロミスのネットキャッシング!初めての方は30日間利息0円!

>>即日振込ネットキャッシングの申し込みはコチラ

※30日間無利息での借入を希望の方はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

日本の借金経験者は3人に1人!?

実はキャッシングをしている人はとても多く、日本貸金業協会の調査によると、世の中の約3割近くがお金を借りたことがあるという統計も出ています。

つまり、3人に1人は借金経験があるんですよね。

正直、周りに言うようなことではありませんが、それでも「自分だけじゃない」というのは少しホッとする点かと思います。