給料日前にお金がない主な原因2つと今すぐできる解決策

「今週末は待ちに待った25日…!!!」

「給料日はパーッと焼肉でも行くかー」

「あれ、、、でもその前に給料日まで生きていけるの…?

誰しもこんな悩みを抱えたことがあると思います。

特に20代前半だと仕事も始めたばかり、新しい生活にも慣れてない…など、様々な不安が重なって生活に使うお金がだいぶ雑になっていたり…。

気づいたら「これ、生活できなくね?」なんてことになりかねません。

 

今回はそんな人に向けて、

  • 給料日前にお金が尽きたらどうすればいいか?
  • そうならないためにどんなことをすべきか?
  • どうしても支払いがピンチになってしまったら…

この3つを中心に記事を書きました。

実際に給料日前で財布がピンチ…となっている人は読んでみてください。

スポンサードリンク

給料日前にお金が無くなるのは当たり前!

もしかして、給料日前にお金が無くなるのってあなただけだと思っていませんか?

大丈夫、案外お金の管理はずさんな人多いです。

 

ただ、それでも給料日前にお金が無くなる人には大きく分けて次のどちらかが共通することが多いです。

  1. 新社会人で家計管理は初めて
  2. 今の会社の給料が少ない

順番に見ていきましょう。

1.新社会人であれば尚更!家計管理は難しい!

そもそも新社会人であればもう仕方がないんです。

数字が得意だろうが家計管理なんて初めてでやったことない人は多いでしょう。

知らぬ間にお金が減っていたり、気づいたら使ってしまっていたなんてことはよくあるはず。

 

とは言え、いつまでもこのままではまずいですね。

いずれお金が足りなくなって本当に生活できなくなってしまいます。

そんなあなたは「家計簿アプリ」を使ってお金の管理を始めてみましょう!

 

おすすめはこちらのマネーフォワード。

クレジットカード、銀行、その他の電子決済のほとんどと連携できていつでも自分の家系をアプリ上で管理することができます。

まずはこういったサポートアプリを使って徐々に慣れていきましょう。

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ
無料
posted with アプリーチ

2.そもそも会社の給料が少ない!

ただ家計管理ができたところで、

「あれ、意外と生活してるだけなのにお金辛くない…?」

となる人もいるでしょう。

そうなんです。そもそもの給料が少なければ生活はいつまで経っても辛いまま。

特に10万円代の収入しかなければ毎月かなりジリ貧な状態で過ごすことになります。

ろくに遊びに行くこともできませんし、都市部でなくても辛い生活が続いてしまいます。

 

原因はあなたの浪費よりも、少なすぎる給料の可能性は大いにありますね。

節約して辛い思いをするべきか…?

では少ない収入でなんとか節約してやりくりすればいいのかと言えばそれは少し違います。

生活が厳しくなったり、お金がなくなったりするのはあなたの生活レベルが収入と合致していないから。

 

例えば都心で毎月20万円以下で過ごそうとなると、これ案外厳しいんですよね。

やっぱり、特に不自由なく生活するには25~30万円程度の収入が必要になってきます。

これはもう当たり前の事実。10万円代の収入ならジリ貧も良いところでしょう。

無闇矢鱈に節約するよりも稼ぐ方向にシフトしていった方が良いのです。

スポンサードリンク

誰でも副業で月数万円稼げる時代

「でも、稼ぐと言っても会社の給料は中々上がらないし…」

確かに歩合制でもない限り、会社のお給料はそう簡単に上がりません。

どうせ同じ時間を割くならば副業で稼いでしまう方が手っ取り早いでしょう。

こちらの「すぐにお金が欲しいあなたへ!簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法12選」では僕が過去に試した副業をまとめてあります。中にはスキル無しでも1日で4,5万稼げるものも…

ネットさえあれば誰でもできるので、まずはパソコンを開いて副業にチャレンジしましょう!

幸い今はそういった副業をサポートするサイトも豊富なので仕事に困ることはないはずです。

どうしてもお金がピンチになったらキャッシングで乗り切る

しかし、もしどうしてもお金が足りないのであればキャッシングをするというのも1つの手です。

キャッシングと聞くと少し怖いなと感じるかもしれませんが、それでも友人や家族からお金を借りるのだけはやめましょう。

こちらの「友達にお金を借りる時に必ず考えてほしいこと。僕はお金で友人を失いました。」でも書いていますが、僕はお金を貸して友達を1人失くしていますし、信頼関係がある仲でもお金の貸し借りをするべきではないのです。

それであればこちらのプロミスのようなキャッシングを使ってしまった方が楽ですし、万が一揉めることも絶対にありません。

特に緊急でお金が必要な時は便利ですね。プロミスなら最短で即日借入を行うことも可能ですし、ネットから今すぐ申込ができます。

また、初めての方は30日間利息無料なので、お給料が入ったらすぐに返せば特に問題もありませんね。

  • ネットから24時間申し込み可能
  • 瞬フリサービスを使って三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を登録すると最短10秒で振り込まれる
  • 上記口座が無くても平日14時までなら即日振り込みも可能
  • 初めての方は30日間利息0円

もし、どうしてもお金がピンチというのであればキャッシングするのは1つの手段かと。

▼プロミスのネットキャッシング!初めての方は30日間利息0円!

>>即日振込ネットキャッシングの申し込みはコチラ

※30日間無利息での借入を希望の方はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

日本の借金経験者は3人に1人!?

実はキャッシングをしている人はとても多く、日本貸金業協会の調査によると、世の中の約3割近くがお金を借りたことがあるという統計も出ています。

つまり、3人に1人は借金経験があるんですよね。

正直、周りに言うようなことではありませんが、それでも「自分だけじゃない」というのは少しホッとする点かと思います。