救急車を呼んだけどお金がない時に医療費を安く抑える方法

「救急車を呼んだら思ったよりも請求金額が高かった…」

「こんな金額払えない…」

「病院に相談してなんとかならないかな…」

そうなんです。救急車って本当に高い。

不慮の事故で呼んだ救急車が思いの外高くて支払いに怯えている人多いかと思います。

 

実際、僕も救急車を過去に呼んだ時、数万円の請求を受けてたじろいだ記憶があります。

さてこの医療費安くしたり、どうにか支払うことはできないのでしょうか?

この記事では不慮の事故で生じた救急車等の出費を安くする方法と、実際に支払うまでの流れを解説しました。

スポンサードリンク

救急車ってめちゃくちゃ高い…!!!

救急車に乗る体験というのは人生でもそんなに多くないかと思います。

ですが実際乗ってみるとめちゃくちゃ高い!

平気で数万円の請求をされます。

 

確かに命に関わるレベルの怪我であれば仕方のないことかもしれません。

数万円で死なずに済めば御の字かもしれませんが….いきなり出せと言われても到底支払える金額ではありませんね。

さて、そんな時はどうしていけばいいのでしょうか?

業務中の出来事であれば...

もし、業務中の出来事であれば労働保険で会社が負担してくれるだけでなく、業務遂行不可と判断されて数日間の休養を取る場合は給料の何割かが保証される制度もあります。

まずは会社に確認を取り、復帰に備えましょう。

限度額適用認定証を申請する

(全国健康保険協会公式サイトより)

あまりにも自己負担額が高いなと感じたらこちらの「限度額適用認定証」の申請をしましょう。

全国健康保険協会の公式サイトに詳しく書かれていますが、こちらは所得に応じて負担額が変わる制度です。

申請を出すことで多く払いすぎた分の金額は戻ってくるので積極的に使ってみてください。

 

ただ、最初の支払い時には全額用意する必要があるので一旦は大きな出費となってしまいます。

手持ちがなければとりあえず相談。ダメならキャッシングで支払い、のちほど還付を受ける

とは言えひとまず手持ちがなければ病院にいつまでに支払うと相談してください。

実際、僕も一度救急車を呼んで数万円の支払いとなった時は手持ちがなく、1週間ほど待って頂いたこともありました。

この点は真摯に説明すれば病院側も受け応えてくれるので、まずは話してみることをおすすめします。

ただ、それでも生活に支障が出るレベルでお金が無かったり、給料日後で収入が入る見込みが1ヶ月後になるというようであれば、ひとまずキャッシングをして支払いをしておくのも手です。

こちらのプロミスを使えばネットで今すぐ申し込みができますし、なんと初めての方は30日間利息無料。

これなら収入が入ってくるまで損をすることなく支払いも行うことができますね。

  • ネットから24時間申し込み可能
  • 瞬フリサービスを使って三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を登録すると最短10秒で振り込まれる
  • 上記口座が無くても平日14時までなら即日振り込みも可能
  • 初めての方は30日間利息0円

▼プロミスのネットキャッシング!初めての方は30日間利息0円!

>>即日振込ネットキャッシングの申し込みはコチラ

※30日間無利息での借入を希望の方はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

日本の借金経験者は3人に1人!?

実はキャッシングをしている人はとても多く、日本貸金業協会の調査によると、世の中の約3割近くがお金を借りたことがあるという統計も出ています。

つまり、3人に1人は借金経験があるんですよね。

正直、周りに言うようなことではありませんが、それでも「自分だけじゃない」というのは少しホッとする点かと思います。

いざという時の貯金を作るためにも収入源は増やしておこう

とはいえ、こういった不足の事態も見据えてある程度お金の余裕を作っておくのは大事ですね。

何かの事故で急な出費が出てしまうのは避けようと思って避けれるものではありません。

 

次の機会が無いことを祈りますが、今後そうならないためにも今のうちから新たな収入源を確保していくのが良いかなと思います。

こちらの「すぐにお金が欲しいあなたへ!簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法12選」という記事でまとめている副業にはたった1日で3~5万円稼げる方法もあるほど。

しかもネットさえあれば誰でもスキルなしで始めることが可能です。

いつかの蓄えのために今のうちから準備を整えておくといいでしょう。