空白期間が長くても転職できる?嘘や言い訳はしない方がいい?履歴書はどうする?

転職活動において、前職からの「空白期間」は悩みになってきます。

「空白期間が長くても就職に影響が出るのか心配」

「空白期間が長いと就職できないのではないか」

そう考えて不安になる人は多いのではないでしょうか。

仕事をしていなかった期間というのはどうしてもマイナスに感じてしまうと思います。

きちんと就職できるのかと不安になってしまいますよね。

 

また、空白期間が就職に不利にならないような履歴書の書き方や面接の対応などにも悩みはでてきます。

「空白期間をどのように履歴書に書いたらいいかわからない…」

「面接で空白期間のことを聞かれるとどう答えたらいいかわからない…」

と、空白期間がある人にとっては履歴書や面接は最大の難関ですよね。

そのようや履歴書や面接の対策はどうしたらいいのでしょうか?

 

この記事では、そのような空白期間に関しての悩みが全て解決できるように、それぞれ解決策を紹介しています。

今すぐ実践できるものもあるので、空白期間があって転職につまずいている人は、ぜひ参考にしてください!

空白期間とは?

転職活動をしていて就職していない。

病気を療養していて就職していない。

そんな理由で就職していなかった期間のことを空白期間と言います。

別名ブランク期間、無職期間とも。

直前の会社の退社日から現在の会社の入社日までを空白期間といい、その間にアルバイトや在宅仕事をしていたとしても空白期間になります。

空白期間が長いと転職に影響するのか?

「転職活動や病気などで空白期間があるのは仕方ないのでは?」

と思う人もいるかと思います。

ですが、空白期間は、その日数によっては転職活動に影響してしまうのです。

面接官に、その空白期間の間は就労意欲がなかったのか、何をしていたのかと疑問に思われてしまうからです。

ではどれくらいの期間から転職活動に影響してくるのでしょうか?

空白期間が半年だったら?

空白期間が半年以内だと、それほど転職活動に影響してくることはありません。

半年間自分が何をしていたのかを話せば面接官は納得してくれます。

ですが、

「何もしていなかった。」

ということは言ってはいけません

聞かれたら前向きに、自分が半年をどのように過ごしていたのかを答えましょう。

空白期間が2年間だったら?

空白期間が2年もあると、面接官は必ずそのことについて聞いてくるでしょう。

そんなに長い空白期間があっても仕事に対する意欲は維持しているのかを、面接官は特に知りたいと思っています。

その2年の間どのように自分を磨いたのか、今でも就職に対する意欲はあるということをしっかり伝えましょう。

空白期間の原因が病気だったら?

空白期間ができてしまった原因が病気の療養なら、面接官は業務に支障が出ないのかが心配になります。

今は回復して業務に支障がないことをしっかりと伝えると、転職活動に不利になることはないでしょう。

病気での空白期間が長くても、しっかりと今の状況を説明すると、面接官も納得してくれます。

空白期間の嘘をつくとどうなる?

どうしても面接に影響が出てしまう空白期間。

「空白期間があると不利になるから、無いと嘘をつけばいいのでは?」

と思う人もいるのでは無いでしょうか?

確かに履歴書に嘘の経歴を書いてもバレなさそうですよね。

不利になるから、空白期間が無いと嘘をつきたい気持ちもわかります。

ですが、空白期間は嘘をついてもバレてしまい、就職にも悪い影響が出てしまうのです。

具体的にどのようなことが起こってしまうのか説明しましょう。

雇用保険や社会保険で空白期間はバレる

少なくとも、前職で雇用保険や社会保険の手続きをしている場合、その前職をごまかすことはできないので空白期間はバレてしまいます。

保険に加入した年月日や事務所の履歴などは必ず残るので、調べればすぐに経歴はわかってしまうのです。

空白期間がバレるとクビになる可能性もある

自分の経歴を偽っていることがバレると、その場で不採用になってしまうことがあります。

あなたがもし面接官なら、面接で嘘をついて相手を騙そうとしている人を採用したいと思いますか?

誰もそんな人を採用したいとは思いませんよね。

履歴書や面接などで空白期間を偽ると、間違いなく不採用になってしまうでしょう。

また採用後も、経歴詐称などがバレるとクビになってしまうこともあります。

経歴は、採用後の仕事や給料など様々な事柄に関係します。

なので経歴詐称は会社の経営に支障をきたしてしまい、クビになってしまうのです。

職場関係が悪くなる

経歴詐称がバレてクビにならなかったとしても、職場関係は確実に悪くなってしまうでしょう。

嘘をついていたということですから、誰も嘘をついていた人に対して良い気持ちはしません。

きちんと仕事をもらえるかどうかもわかりませんよね。

嘘がバレてもそのままの職場関係を続けるということは難しいでしょう。

空白期間の言い訳はやめるべき!

空白期間が就職に不利になると思って、嘘の言い訳をするのはやめましょう。

履歴書でバレなかったとしても、面接官は嘘を見抜くことができます。

面接官はたくさんの質問を重ねて、あなたの本質を見ようとします。

ひとつ嘘をつくと、面接官に深く質問された時につじつまが合わなくなって、簡単に嘘だとバレてしまいますね。

その場で嘘だとバレると不採用になり、採用された後に嘘がバレるとクビになってしまうこともあります。

空白期間で嘘の言い訳をするのは悪影響しかないのでやめましょう。

【具体例】空白期間の履歴書の書き方

履歴書には全ての職歴を記載するというルールがあります。

なので履歴書にもあらかじめ、空白期間の理由を書くことが必要になります。

では転職活動に悪い影響が出ないためには、どのように履歴書に空白期間のことを書けばいいのでしょうか?

空白期間ができてしまった理由ごとに、具体的に説明します。

通学やアルバイトの場合

通学やアルバイト、資格取得、留学など、応募する仕事に関係した活動をしていた場合は、職務歴にどんなことをしていたのかを簡潔に書きましょう。

そしてその活動で得た、仕事でいかせる経験や知識などを自己PR欄でアピールしましょう。

空白期間で、次の仕事のためにスキルアップをしていたと伝えることが大切です。

病気などで療養していた場合

病気や介護などで空白期間がある場合は、現在の健康状態などを履歴書に記載しておくことが大切。

病気は回復し、業務に支障はないということを書いていれば、企業側も安心できますよね。

病気などで仕事に影響してしまうことがある場合は、あらかじめ書いておくと入社後のサポートを受けられるかもしれません。

自己PR欄には働く意欲や、病気を経験して得たことなどがあれば書くようにしましょう。

転職活動が長引いていた場合

転職活動が長引いたり、特に何もしていなかった空白期間がある人は、自己PR欄でどれだけ就労意欲応募意欲をアピールできるかが重要になります。

空白期間があるけど今は働く意欲がある、ということをしっかりと伝えましょう。

また自分が今までの仕事で得た経験や、持っているスキルをアピールするのも大切。

次の仕事で活かせるスキルがある場合は積極的にアピールしましょう。

面接で空白期間について何と答えるべきか?

面接では、空白期間があると必ず面接官に何をしていたのかを聞かれます。

ここで重要なのは、空白期間があった理由を正直に伝えるということ。

様々な理由で空白期間ができてしまうと思いますが、何も悪いことではありません。

しっかりと、こういった理由で就職していなかったと伝えることが大切です。

ですが、ここでネガティブに説明してはいけません。

「病気で無気力で過ごしていた」

「何もしていなかったら時間が経っていた」

など後ろ向きな発言は、たとえ本当のことであったとしても良くない印象を与えてしまいますよね。

空白期間の間でも就職意欲はあったことや、次の仕事のために勉強していたなど、前向きに伝えるようにしましょう。

空白期間が長くても就職できるコツ

空白期間があっても就職するためには、履歴書の書き方や面接の対応が重要になってくると説明してきました。

ですが、どうしても

「本当にこの履歴書の書き方でいいのか不安」

「面接でどう対応したらいいのか一人ではわからない」

という心配も出てきますよね。

就職に影響が出てしまう空白期間を、いかにして前向きに伝えるかはとても難しいことです。

自分だけでは対策がわからず、就職に失敗してしまうということもあるかもしれません。

では、どうやったら確実に就職することができるのでしょうか?

次からは空白期間が長くても就職できる方法を説明します。

転職エージェントに相談する

空白期間があっても就職するために一番良い方法は、転職のプロに相談すること

転職に関してのプロであればしっかりとサポートしてもらえるし、安心して転職活動にのぞむことができますよね。

そんなサポートを無料で受けられるのが、転職エージェント。

最初から最後まで無料で、エージェントと呼ばれる転職のプロが自分の担当になってくれます。

利用法は簡単で、サイトに登録するだけ!

登録するとエージェント側から連絡があり、個別面談をして、その人にあった対策を一緒に考えてくれます。

また空白期間があっても大丈夫な仕事なども紹介してくれるので、より就職成功率も高くなりますね。

面接対策や履歴書の書き方などのサポートを受ける

空白期間がある人にとって、履歴書の書き方や面接の対応は重要になってきます。

ですが個人の力ではわからないようなこともありますよね。

そんな時は、面接の対策をしてくれたり、履歴書の書き方指導や添削を行ってくれるサービスを利用しましょう。

面接力を向上させるセミナーや、履歴書の書き方指導のセミナー無料で開催されているものもあります。

そういったものをうまく活用して、しっかりと対策をとるようにしましょう。

万全な対策をすれば空白期間があっても就職できる!

「空白期間があると就職できない。」

と思っている人もいると思います。

実際空白期間があると面接官に疑問に思われたり、何をしていたのか具体的に答えられないと採用が厳しくなるかもしれません。

しかし転職エージェントやセミナーなど、転職のプロが開催しているものをうまく活用して万全の対策をすれば、空白期間があっても就職できるのです。

やはり転職のことは、転職のプロに任せるのが一番

無料で利用できるものも多いので、使わない手はないですよね。

自分個人の力では難しいと思った人は、転職のプロに相談して就職活動を進めてみましょう。

ハタラクティブなら空白期間の長いバイトやニートでも正社員転職が可能!

数ある転職エージェントの中でも、特に「ハタラクティブ」では、フリーターや既卒、第二新卒など、空白期間のある人向けのサポートを重点的に行っています。

カウンセリング実績は6万人以上もあり、その中でも3人に2人はフリーターや既卒などの正社員未経験

担当者がマンツーマンで、空白期間がある人でも正社員に転職できるように徹底的にサポートをしてくれます。

また空白期間の長い人でも正社員として就職できるような案件も豊富。

経験ではなく人柄を重視して採用される求人や学歴不問の求人など、ハタラクティブならではの求人が、常に1500件以上あります。

その中から担当者が自分に合う仕事を選んで提案してくれるのです。

もちろんハタラクティブの利用は無料

始めるのも、サイトに登録するだけなのでとても簡単です。

空白期間が長い人や社会人経験がまだない人は、ハタラクティブに登録して転職のプロに相談してみましょう!

>>ハタラクティブの詳細・登録はコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です