会社の人間関係に疲れたら。仕事でストレスをためないで人間関係を改善する方法

職場の人間関係、めんどくさくて疲れていませんか?

  • 会社で自分は浮いてる気がして誰とも話せない
  • ひとつのミスがきっかけで陰で悪口を言われるようになった
  • ウワサ好きの女子たちにあることないこと言いふらされて困っている

こんなふうに、組織の中にいれば必ず出てくるのが人間関係の悩み。

仕事をしたいのに周りの人に邪魔されてそれどころじゃないなんて人もいるんじゃないでしょうか?

 

なにもしない上司やサボりぐせのある厄介な後輩といっしょに仕事をしていたら、ストレスがたまりますよね。

真面目にやっているのは自分だけ。早いからと次々に仕事が増えていったりして、ほんとにめんどくさい。

そういう人ほどなぜかなめられたり、社内で完全に孤立していたりします。

仕事をしたいのに人間関係に疲れきって会社に行く気も起きないなんてことも少なくないはず。


正直ほんとに辛いからと、転職を考えている人もいるんじゃないでしょうか。

この記事は、そんな人ができるだけストレスを減らして人間関係に悩まなくなるようにと書いています。

職場の人たちに疲れた人は読んでください。

職場で孤立しがちな人の特徴

社内で孤立していて、人間関係がうまくいかない人にはいくつかの特徴があります。

本人にとっては自然なふるまいが、社内で浮く原因になってしまうんですよね。

こんな人は浮きやすいかも?という特徴をあげていくので心当たりがないか考えてみてください。

あまり話さない

仕事中も休み時間も、あんまり話さない人。

自分の意見も言わなければおしゃべりもしない。

そんな人は何を考えてるかわからないので関わりにくいと思われることが多いです。

「秘密主義で人と関わる気がないのかな?」などと周りの人は感じています。

職場の人といっしょにご飯を食べない

ランチや終業後の飲み会などに来ない人。

わりとみんなでご飯に行くことが多い職場だと特に、「来ないのはみんなに興味がないからなんだ」と離れていく人が多いかもしれません。

行かなければいけないものじゃないけど、「自分たちといっしょにご飯食べたくないにかな」と判断されてしまうのは仕方ないことなのかも。

謙虚すぎてよそよそしい

あまりにも謙虚で、へりくだったりする人。

本音を言わないのは心を開いてないんだと思われやすいです。

仲良さげに話していても、「なんかよそよそしくて壁があるなあ」と感じると、人は離れていってしまいます。

笑わない

いつも無表情でぜんぜん笑わない人。

めったに笑わない人は、本人にその気がなくても怒ってると思われたり、不機嫌なのを出してると思われたりします。

そう思われてしまうと、接しづらい人と認定されて関わろうとする人はいなくなります。

人の顔色をうかがっている

だれかの顔色を常にうかがっている人。

人の顔を見てばっかりだと、言っていることが矛盾したり感じ悪いと思われたり、いいことないです。

自分の意見もなくて媚びてばっかり、と嫌われる原因になってしまいます。

嘘をよくつく

言ってることとやってることが違ってよく嘘をついてる人。

信頼できないような人はだれも相手にしません。

口ばっかりで行動できていないのも、結果的にうそつきと判断されます。

また、冗談だったとしても嘘をついてからかうと嫌がられてしまいますよ。

何事にも頑固

「自分が正しい」「意見は変えません」という人。

人の話に耳を貸さなかったり、完璧を求めすぎたりする頑固な人は孤立しやすいです。

「どうせ何を言っても自分を曲げないんだから、ほっとこう」とみんな思うんですよね。

関わるとめんどくさいと思われてしまうのも無理ないです。

人間関係がうまくいかないのはあなただけのせいじゃない

「自分の性格やなんでもない行動が人を遠ざけてるかもしれない‥」と感じましたか?

でも場合によっては、あなたは何もわるくないということもあります。

周りがあつかいにくい人ばっかりで、自分から避けているという場合もありますよね。

話しかけたり仕事を頼むのもいちいちめんどうなことになるので、ひとりでやってしまう方が楽だったりします。

 

何もわるいことをしてないのに同僚のあの人はひいきにされて、自分ばっかりいやな思いをするなんてことも。

職場の女子にあることないことウワサされたら誰だって仕事に行きたくなくなるでしょう。

そんな会社は辞めてもっと仕事に集中できるところに転職したいと考えるのは当たり前ですよね。

もう辞めたいと思ったら試してほしいこと

「こんな人間関係もうウンザリ。仕事辞めたい!」

そんなふうに思ってしまった人に、いまの状況を改善する方法を提案します。

試してみたら、人間関係がすこし変わるかもしれませんよ。

ポジティブに考える

一度、気持ちをリセットしてポジティブに考えてみましょう。

まず発言から変えてみるのがいいです。

会社やまわりの人の愚痴ばっかり言っていると余計にいやになってきます。

「今日はこれをがんばろう」「こんなふうにやってみよう」と考えるだけでイヤな気持ちが減ってきます。

積極的にあいさつをしてみるのなんかもいいですね。

職場の人は友達だと思わないようにする

へんに馴れ合おうとするとかえってこころの負担が増えたり、関係が複雑になったりします。

職場の人に対しては「自分は自分、ひとはひと。」と思うようにしましょう。

しょうがないと思えるようになると人に期待しなくなってこころが乱れることが減ります。

会社の行事に参加してみる

公式の忘年会などに、形だけでも参加してみましょう。

ほかの人からしたら来たか来なかったかの印象しかないでしょうから、軽く行って帰ってくるだけでも大丈夫です。

いままで参加したことが一度もなかったなら、行ってみたら楽しいなんていう場合もあるかもしれません。

人の話を聞こうと努力をする

まわりのめんどくさいひとに対するあきらめの気持ちをなくして、意見を聞いてみましょう。

「ほかの人には任せられないから自分がひとりでやらなきゃ」と知らないうちに抱え込んでいる可能性があります。

試しに頼ってみたら楽になることもありますよ。

環境を変えてしまう

「さっさといまの状況から逃げたい」「正直かなり辛い‥」と思ったらもう転職してしまいましょう。

職場の人とほとんど関わりのない仕事や、仕事への意識が似ている人が多いような仕事もあります。

次の仕事をすぐにでも探して、疲れる人間関係とはさよならです。

もう人間関係に悩むのはやめませんか?

仕事をするために会社に行っているのに、人間関係の問題で精神をすり減らすなんていやじゃないですか?

「人間関係さえうまくいけば何も心配事なんてないのに。」

毎日そんなことを思ってるなら今日から改善していきましょう。

 

「もうがんばるのも疲れた」「いまの職場は死ぬほどイヤだ」というところまで追い込まれているなら、辞めるべきです。

あなたがこわれてしまう前にあたらしい仕事をさがして転職しましょう。

勇気を出して環境を変えたら、仕事に集中できて会社に行くのがたのしいとさえおもうかもしれませんよ。

f:id:bun1125:20170801220253j:plain

転職するならまずは転職サイトに登録を。

失敗しない転職をサポートしてくれるのは「リクルートエージェント」です。

大手の求人が多いのが特徴。

また電話相談などにも柔軟に対応してくれるので、あなたの転職の不安はすべて解消してくれます。

 

人間関係で消耗しない、あなたにぴったりな会社を見つけましょう。
いま抱えている人間関係の悩み、いますぐ解決しませんか?

>>リクルートエージェントの詳細・登録はコチラ