会社が怖くて行きたくない時の3つの解決策!バックレても良い?転職はアリ?

 

仕事が自分に合わないと、どんどんモチベーションって削られていきますよね。

とくにハラスメントが横行している会社に対しては「怖い」という感情を持つ方も少なくありません

皮肉なことに、恐怖で支配される劣悪な環境であればあるほど「辞めるなんて言ったら何をされるかわからない」と思い込み、余計にその環境に縛られ続けてしまいます

 

しかし、いつまでもそんな環境で仕事を続けていても未来は明るくなりません。

社会人として自立しているからこそ、あまりにも酷い労働環境にはハッキリNOと伝える必要があります。

責任感が強く途中で物事を投げださない日本人的な価値観はステキですが、それが自分を追い詰めてしまい、挙句の果てにはブラック企業を生みだしてしまうようでは本末転倒。

 

あまりに過酷な職場なら早めに見限り、自分にピッタリな職場を求めて転職するのも一つの手

精神的に限界になる前にこれからどうすべきかを考えてみませんか。

もう会社は怖くて行きたくない…

ほとんどの社会人の方は会社にいる時間が生活の中で最も長いです。

「会社が怖くて行きたくない…」と悩むまでその時間が自分にとって苦痛でしかないというのであれば、本来であれば早急に環境を変える必要があります。

言ってしまえば、あなたは今精神的に参っている状態。

目に見えるケガや病気と違うので理解してもらいにくいですが、これは立派な体調不良です。

気力に満ちている人と同じ気分で仕事が出来ないのはある意味当然。

ここで自分を責める必要はありませんよ。

 

会社によるストレスで心身に影響が出ているのなら、まずはゆっくり休むことが先決です。

もしも正当な理由なのに休みを取らせてもらえないのであれば、その会社は運営体制に問題があります。

会社を支える基盤である従業員を「怖くて行きたくない」と思わせるほど精神的に追い詰め、使い捨てるような環境に居続けてもメリットは何もありません。

会社内で怖い先輩・上司の3つの特徴

会社が怖いと感じる理由のほとんどが、上司や先輩社員からのハラスメントによるものです。

ひとえにハラスメントと言ってもその定義は様々で、程度にも差がありますが、会社に対して恐怖心を抱かせるまで精神的な苦痛を与えるものは確実にアウトです。

今回はその中でも怖い先輩や上司に共通する代表的な特徴をいくつかご紹介します。

1.新人いじめをしてくる

よく見られる新人いじめの代表例としては

  • 話しかけたのに無視をする
  • わざと間違った会議の時刻を伝える

といった大人げない地味な嫌がらせに加えて

  • すぐに罵倒・暴言を吐く
  • 見せしめに他の人がいる場所で怒鳴りつける

という攻撃的なものまで。

これらはどちらも相手の尊厳を大きく傷つけますし、仕事そのものに対してネガティブなイメージを与えます。

 

こうした新人いじめは誰がどう見てもパワーハラスメントですが、問題なのはやっている側にも、それを周りで見ている側もそこまで加害者意識がない場合が多いという事です。

新人いじめが会社内での日常茶飯事になってしまうと、その問題の深刻さを周りの人が意識しなくなっていしまい、結果的にハラスメントはどんどんエスカレートしてしまいます。

こうした仕事環境は非常に危険。

新人いじめをする先輩・上司を止める人がいない職場は、すぐに離れることが得策です。

2.辞めたいと言っても辞めさせてくれない

いざ仕事を辞めようと決意し、その旨を伝えた際にこうした先輩・上司は「この程度でへこたれるなんて精神が弱すぎる」「お前みたいな使えない奴が他の会社で働けるわけがない」などと言って、辞めさせまいとその決意を妨害してくることがあります。

また、これに限らず「辞めたいなんて言ったら殴られるんじゃないか…」と、日々の言動から怯えきってしまい、行動が起こせないという場合も。

 

ただし、これは知っておいてもらいたいのですが、基本的に労働契約は14日前に退職を申し出ることでいつでも解消できることが法的に認められています

もしも頑なに辞めさせないというのであれば、それは会社側の問題になりますし、あまつさえ暴言を吐くようであれば訴訟案件です。

 

そもそもあなたの精神を削り取っている張本人が「お前は精神が弱い!」と言ってくるのは自分の言動を正当化したいがための身勝手な言い分です。

同じく「お前は使えない」と言ってくるのは、その人の教育や采配が下手なだけ。

 

仕事を辞めるという決意はかなり勇気がいるもの。

その決意を無下にする、あなたを追い詰めてきた上司の発言にこれ以上左右される必要はありません

3.うつは甘えと言ってくる

怖い先輩や上司達によるストレスが「うつ」といった形で表れたとき。

その原因となった人に限って「そんなものは甘えだ、気合いが足りない」といった精神論を振りかざす傾向にあります。

 

本当に自分が辛い時に味方になってくれる人がいないと、ますます精神的に病んでしまいます。

ブラック企業による過労死や、うつによる自殺といった事件は、その前から兆候がみられていたにもかかわらず誰も手を差し伸べなかったことによって起こってしまったのです。

世の中には気合いで乗り切れない場面が多数存在します。

精神論を唱える先輩や上司は自らのストレスを新人いじめやハラスメントといった形で解消しているだけで、何も偉くはありません。

 

新人いじめ、辞めたいと言っても辞めさせない、うつは甘えと言い張る…。

こうした先輩・上司の態度は全て普通のホワイト企業からすれば異常な言動であり、これを異常と思わない職場であるならば、そこはかなり感覚がマヒしています。

なるべく早く転職を視野に入れた活動を行いましょう。

会社が怖くて行けない時の3つの解決策

会社へ向かうのが怖くなってしまい、ストレス的にも限界だと感じたときはこうした行動を起こしましょう。

1.友人・家族に話す

まずはなんでも話せる相手に相談することが一番。

悩みは一人で抱え込まず、誰かに聞いてもらうことで自分一人では気づけなかった会社の問題点に目が向くかもしれません。

大事なのは、自分を責めないこと。

会社に行けなくなるほど追い詰められているのは、あなたが弱いからではなく周りの人があなたを責めるからです。

どんな時でも味方は必ずいます。

2.社長に直談判する

大企業だと流石に難しいかもしれませんが、中小であれば最高責任者に直談判するのは効果的。

こうした立場の人は意外と現場のことを把握していないことが多く、ハラスメントが常態化していることにも気づいていない可能性があります。

 

結局のところ、会社でおこった不祥事の責任を取るのは社長です。

職場でパワハラがあることを直接訴えれば、その問題に対し何らかの改善を行おうとするでしょう。

 

しかし、中には社長本人がブラック企業体質の元凶となっているケースも。

この場合は主張が理解してもらえない可能性が高く、素直に転職を考えるほうが得策です。

3.バックレる

一見すると非常識な行動に思えますが、あまりにも辛いならば一日くらいバックレるのもありです。

日頃まじめに仕事に励んでいる人が突然休んだら、何かあると考えるのが普通。

いわばバックレることとは、今の会社が一般的な問題意識を持っているか確認するための最終手段。

「もしかして会社側に問題があるかも」と職場の誰もが感じるようであればまだ少し希望があります。

逆にこちらの気持ちを全く汲んでもらえず、次に出社した際にひたすら叱責され、またいつものような態度を続けられるようであれば、もうその会社は見限りましょう

辞めるのは不安かもしれない。そんな時は転職エージェントへ

仕事を辞めようとしても、今後の生活のことも考えるとなかなか踏ん切りがつかないという時。

「うつ」のようにあまりに精神的に苦しいのであれば、しばらく仕事をしない期間を作ることも大事でしょう、休む時はきちんと休むことが前提です。

 

ただしそれとは別に、環境を変えればすぐに切り替えられる!という場合は、すぐに転職活動を行いましょう!

転職は若いうちから行動した方が有利。

ここでお勧めしたいのがパソナキャリアです

パソナキャリアなら退職サポートもしてくれる!

いざ内定が取れた後、パソナキャリアでは円満退職に向けてのアドバイスや、公的な手続きなど負担の大きい退職のサポートを行っています

特に先輩や上司が怖く、自分一人ではなかなか難しい場合にも、アドバイザーに相談にのってもらうことでスムーズな退職が行えます。

>>パソナキャリアの詳細・登録はコチラ

ホワイト企業も紹介してもらえる!

パソナキャリアは総合人材サービスの先駆者。

採用企業や求人情報の量は他と比べても圧倒的です。

また、あなたの強みやスキルをプロのキャリアアドバイザーが引き出してくれるため、自分が活躍できるピッタリの職場を見つけることができます。

 

今の職場で扱いが悪いのは、あなたの能力が正しく評価されていないだけ。

条件のいいホワイト企業と出会うためにも、こうした転職エージェントを使わない手はありません!

勤務条件や給与の交渉もしてもらえる!

求人を出している以上、基本的に企業側も人材を必要としています。

その緊急度は応募してくる人数によって変動し、もしも人数が少なければ多少年収額を上げてでもあなたを迎え入れたいと考えるでしょう。

 

しかし、いくら気になる事とはいえ面接の段階でいきなりその話題を振るのは相手にあまりいい印象を与えません。

そこで、自分ではなかなか直接聞きづらい年収交渉なども、パソナキャリアはサポートしてくれます。

企業側にとっての他社員の給料とのバランスや予算的な問題も含めた背景を、こうした転職エージェントは熟知しています。

何はともあれまずは相談する事。

勤務条件で今より良い職場であることはもちろん、収入も多いに越したことはないですよね。

もう会社が怖くて眠れないなんてことはない!転職があなたを変える

真面目な人ほど仕事がうまくいかないときに自分のせいにしてしまいがちです。

常日頃から怖い先輩や上司に罵倒されていると、余計に自責の念が強まり、これが自分を追い詰めていきます。

 

しかしこうしたストレスは本人ではなく環境に問題があることが少なくありません。

あなたを追い詰める職場は早く見限り、自分に合う職場探しをパソナキャリアと一緒にチャレンジしてみませんか?

>>パソナキャリアの詳細・登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です