女性が働きやすい職場とは?子育てしながら働ける仕事ランキングベスト5

  • 残業が多い
  • 融通がきかない
  • 自由度が低い

こんな仕事をしていると「働きにくいなあ」と感じませんか?

とくに結婚後の主婦のみなさんは、できるだけ家のことと両立できる働きやすい仕事をしたいですよね。

子育ても手を抜かずに、しっかり働きたいと思うはず。

 

この記事では、女性が働きやすい仕事はどんなものがあるのか、働きやすい仕事をランキング形式でまとめました。

「家事や子育てしながらでも働きたい」「もっと働きやすい仕事に転職したい」という女性は参考にしてくださいね。

主婦が働きやすい仕事のポイント

どうせなら、できるだけ負担にならない仕事をして好きなように働きたいですよね。

では女性が働きやすいと思うのはどんな仕事なんでしょうか?

家事育児に時間をかけたい女性が、働く上でおさえておきたいポイントをいくつか考えてみました。

シフト制

いろいろな予定に合わせて働けるシフト制の仕事。

子供がいるなら、学校行事や習い事とうまく調整しながら働きたいですよね?

1日空けたい日や早めに帰りたい日、午前中に出かけたい日と、子供がいると特別な用事が増えてきます。

そうなると毎日同じように働くのはむずかしいです。

用事に合わせて働く時間帯を選べるのでシフト制はおすすめ。

定時で上がれる

残業なく定時退社できる仕事。

残業が多いとなると、仕事を終えて帰ったあと何かするのはきびしくなります。

家事ができなくなってしまうなら働けないと判断するでしょう。

毎日定時で上がって、家のこともきちんとできるような仕事がベストです。

高時給

時間あたりの給料が高い仕事。

拘束時間がみじかくても稼げるような仕事なら都合がいいですよね。

仕事をしていても、ほかのことを妥協せずにできるというのが理想的です。

短時間勤務なら、仕事に体力をすべてもっていかれずに済みます。

スキルがいらない

始めるのになにかスキルが必要となると、働けないなあと思ってあきらめますよね。

「勉強する時間もないし、今さら資格をとるのもなあ」

と、資格を取るために時間がかかるからやめようと思ってしまいます。

やりがいも大事ですが、主婦にとって始めるハードルは低い方がいいです。

家から遠くない

職場がどこにあるかは意外と重要なポイントです。

通うのにあまりにも時間がかかってしまうのはもったいないですよね

その時間を家事や育児にまわせるので、あまり遠くないところで働くのがいいと思います。

だからといってすぐ近くだと、ご近所さんと顔を合わせたりとなにかと面倒なのでどのくらい近いかは考える必要があります。

子育てしながら働きやすい仕事ランキングベスト5

働きやすさのポイントがわかったところで、じゃあ実際にどんな仕事がこのポイントをおさえているんでしょうか。

基本的には時間をあまりとられず、状況に応じてやりくりしやすい仕事ってどんなものがあるでしょう。

ここからは、家事と両立させやすく、女性が働きやすい仕事と仕事内容をランキング形式で紹介します。

1.医療事務

病院(診療所)で、受付をしたりカルテを整理したりします。

そのほかにも入力や予約管理など、事務仕事を幅広く任される仕事です。

患者さんが病院にきてから帰るまで、おなじことを繰り返します。

勤務時間がだいたい病院の受付時間とおなじで、基本的に残業などはありません。

働いている人も主婦が多く、かなり働きやすい職場です。

2.飲食店

お客さんの注文をとって、できた料理を運ぶホール業務です。

常に全体をみている必要があるので、気づかいのできる人に向いてます。

ちょっとした調理をすることもありますが、主婦にとっては普段やっているようなことなので負担はあまりありません。

飲食店はシフト勤務なので、用事との調整もしやすいです。

3.軽作業

工場や倉庫などで検品や梱包をします。

作業自体がカンタンなものばかりで始めやすい仕事です。

力が必要なこともなく、正確さが求められるので女性に向いていると言えますね。

同じことをするのが苦じゃなく、単純作業が好きな人におすすめ。

4.歯科助手

歯科医の仕事のアシスタント業務。

治療の準備をしたり、治療につかった道具を洗って滅菌したりします。

予約管理や受付などの事務作業も仕事のうち。

知識は最初からなくてもいいですが、やっているうちに学ぶことも多くたのしいと思えてくるはずです。

比較的休みがとりやすく、勤務時間も安定してます。

主婦が多い職場なので、急用などにも融通がきく職場ですね。

5.コンビニ、スーパー

主にレジ打ちや商品並べをするのが仕事です。

お客さんから「〇〇どこにありますか?」などと聞かれることが多いので、コミュニケーション能力は必要。

働いてる人は主婦が多いので子育て相談ができる知り合いが増えていいかもしれません。

また、近くのお店で働くということが手軽にできるのがコンビニやスーパーのいいところですね。

女性が働きにくいのはどんな仕事?

では逆に、女性が働きにくい仕事はどんなものでしょうか。

まず、働きにくいと感じる原因になるのはどんなことか、おおきな特徴を3つ上げます。

 

一番は休みが取りづらい仕事です。

ひとりひとりの責任が重すぎたり、人手があまりにも足りなかったりすると休みがなかなか取れません。

急用のときももちろん休みが取れた方がいいですが、前々からでも休みが取りづらいとなると困りますよね。

子育てなどに理解のある職場だと休みが取りやすくてとてもいいです。

 

次に労働時間が長い仕事

仕事に時間をとられて家事や育児にじゅうぶんに時間が取れないとなると働くのはきびしくなります。

体力や精神力ももたないですし、残業や休日出勤はできるだけしたくないはず。

ほかのこともできるような余裕を持てる仕事のほうがベター。

 

それから意外と大事な要素なのが人間関係。

女性はとくに職場で人間関係のトラブルにあいやすいです。

どの業界にどんな人が集まるかを知っておくと、めんどくさいトラブルを防ぐことができます。

気の合う仲間と仕事をするのはたのしくて理想的ですよね。

 

以上の3つを考えると、いちばん働きにくい業界は「美容・エステ系」。

労働時間や日数はけっこう過酷。忙しくて家のことなんて考える暇がないです。

また、女性から人気の仕事で女性が多く働いています。

女性が多くなると人間関係もうまくできなくなり、かなり働きにくくなるんです。

仕事と家庭の両立もむずかしく、人付き合いで精神的にもつらくなるのでおすすめしません。

まとめ

いかがでしたか?

  • 時間をあまり取られず
  • 予定に合わせやすく
  • 職場や人との距離がちょうどいい

こんな仕事が主婦にとっては働きやすいです。

ほとんどの女性は家庭になにかあった時にすぐに動けるような状態で働きたいと思っています。

 

そのため働きにくいのは

  • 休みが取りづらく
  • 労働時間が長く
  • 職場の人たちと合わない

ような仕事。

家庭のある女性にとって仕事はメインではない、ということなんです。

 

家のこともきちんとやりつつ仕事をしたい女性は、働きやすさと働きにくさ両方のポイントをおさえて仕事をさがしましょう。

いまの仕事に働きにくさを感じているなら、もっと自分の事情をわかってくれるような仕事に転職することをおすすめします。

 

f:id:bun1125:20170801220947j:plain

「どうやって仕事を見つけよう」

と悩んでいる人は転職サイトに登録するのがいいですよ。

女性が登録するべきサイトは「女の転職@type」。

家事育児との両立がしやすい仕事などをそろえている、女性のための転職サイトです。

 

この記事で紹介したおすすめの仕事の求人もたくさんあります。

負担の少ない仕事で、家庭のこともちゃんと見ながら働きたいですよね。

サポートの充実した転職サイトに登録して、自分のライフスタイルに合った仕事を見つけましょう。

>>女の転職@typeの詳細・登録はコチラ