【簡単】今すぐお金が欲しいあなたへ!1万円以上稼ぐ方法30選

ADHDなんだけど、人生マジで楽しい。

こんにちはぶんたです。

 

突然ですが僕はADHDなんですが、あなたはどうですか?

 

っていうかそもそもADHDってなんだかわかります?

 

言葉だけは耳にすることも多いかと思いますが、超カンタンに解説すると「注意欠陥/多動性障害」の英語版です。

 

字面だけ見るとカッコイイですね…

 

いや、別にカッコよくはないか…盛りました笑

 

まあ、読んで字のごとくな上に、ググればいくらでもどんな症状なのか出てくるので気になる方は調べてみてください。

 

ADHD解説ブログではないので笑

(まあでも一応参考記事のリンク貼っときますね笑)

 


 

さて、そんなADHD。

 

日本語訳見るとだいぶ危ないヤツにしか見えないのですが、僕の主観ですけどADHDな人ってめっちゃおもしろい人多いです。

 

お笑い的にって意味ではなく、変な人だったり、ちょっと周りと違う人的な意味で。

 

ちなみに僕の周りにもADHDの人多いんですけど、やっぱ頭バグってますね。良い意味で。

https://twitter.com/__BUNTA__/status/1081220360836501504

参考画像とTwitterリンク貼っておきますね。

 


 

で、今回みなさんに伝えたいのは、ADHDだからって別に普通の人と変わらんし、それだけで避けないでねって話。

 

ただ、ちょっと少しだけ人と違う特徴があるからなんかテキトーにスルーしといてくれってこと。

ADHDメモ

むしろ一部のADHDは(僕です)、ADHDであることを誇りに思ってるくらいなので指摘されると喜びます。歓喜。

 

例えば。

 

僕の場合だとADHDの特徴のひとつである「過集中」ってのが顕著です。

 

過集中について簡単に説明すると、

 

集中すると人並み以上の処理能力になる。

しかし、それがいつ来るかもわからないし、一度過集中が切れると一気に脱力して何も手につかなくなる。

 

みたいな感じ。

 

要するに集中するタイミングや時間を自分でコントロールできないんですよね。

僕はこの過集中がめっちゃ強くて、ぶっちゃけ人と一緒に作業するのが本気で苦手です。

 

何時から何時みたいな感じで決まっていても、その間に過集中が来るかわからない。

来たとしても終わりの時間が決まっていると「え、まだ集中モード入ったばかりなのに…」って感じでやり損ねることも多く、その後に独りで持ち直そうとしても中々入らなかったりする。

 

個人的にダントツ苦手だったのがポモドーロテクニックです。アレはマジで辛かった笑

 

なんかこうやって書くと、単なる集中力欠如してるアホみたいな感じですけど、いやマジでそうなんですよ!!!本当に!

 


 

ってな感じで人によってどの特徴が特に…みたいなものはあると思いますが、若干普通に人の輪に入ると浮く存在、それがADHDです。

 

これを悩む人も結構多いと思うんですけど、別に普通にしてればわからないし、どうでも良いかなと思ってます。

 

要するに性質の問題ですし、自分が生きづらいなと思う環境にはいなきゃいいだけ!!

 

ただ、一応こういう症状の人もいるんだよーってのをわかってもらうためにこういう記事書いてるわけで。

 

この記事読んで「私はADHDで辛いのに侮辱してる!!」とかクソどうでもいいイチャモン付けられても「で?」としか言えないのでまあそういう人は適当に環境変えてみてください。

 


 

ちょっと話は逸れましたが、そんなADHDな人たち。

 

たぶんこの業界は結構多いと思います。

 

フリーランスってある意味、社会にうまく馴染めなかった人多いじゃないですか?

僕から見ても、

 

「うわあ!ADHD仲間だ!ステキ!抱いて!!」

 

って感じの人結構います。

 

多様性を受け入れるって意味でも僕はADHDな人も大好きなので、今度そういう飲み会したいですね。ADHDあるあるみたいな。

 

で、こういう話をすると若干ショッキングな顔されたりする方も多いのですが、マジで僕的にはどうでもいいことなので、今後ネタとしても出すかと思うのですが適当に扱って頂けたら嬉しいです。

 

あとは自分がADHDであることに劣等感抱いてる方もいると思いますが、逆手に取ればADHD独特の才能というか性質みたいなものもあるので、しっかり自己対話することで解決することも多いと思います。

 

だからみんなADHDとも仲良くしてくれ!

 

って話がしたかった。

ADHDメモ

発達障害って言われると、なんか括りが大きすぎてうーんってなるけどADHDって言われるとフッフッフッて調子に乗るところあるよねってこの前ADHD仲間と盛り上がりました←

 


 

タイトルにも書きましたけど、僕は僕でADHDな自分が好きですし、むしろそのくらいのハンデ(自分ではハンデだとは思ってませんが周りから見るとそう考える人もいるようで)背負ってるくらいの方が人生楽しいんじゃないかって思います。

 

僕は「つよくてニューゲーム」より、初期装備でクリアみたいな縛りプレイの方が好きなタイプなんで。

 

逆にADHDなおかげで、

 

「あの人は作業効率がめちゃくちゃいい」

 

「集中するとやばい」

 

とか言われたりしますし、

 

確かに自分でも作業時間は少ない割に出せる成果は大きいように思います。

現に効率化とかスキルアップみたいなのめっちゃ好きなんですよね。

 

今はだいぶ衰えてますが、全盛期の記事執筆速度は1時間で5000文字とかでした。

マジで集中できれば2時間で1万文字終わります。

残念ながら集中するのが難しいんですけど笑

 

まあそんなわけで、こうした「変えようのない事実」ってのは、使い方次第で大きく化けるし、目を背けるよりも使い方を考える方向にシフトすべきって事を全ADHDの皆さんにお伝えしたいです。

 

マーケティング戦略と一緒ですね。ユニーク性を活かして、どう立ち回るか?みたいな。

 


 

ってなわけで、最終的に何が言いたかったかというと、

 

ADHDだけど気にしないで!

 

っていうかフリーランスはADHD多いからな!

 

ADHDな人は特性理解して環境選んでこ!

 

そんな話でした。

 

我ながら文章力欠如し過ぎてて笑えてきますね笑

 

特に○○を伝えたい!みたいなこともなく、ADHDについて書きたいなーと思ったらこんな話になっていました笑

 

それでは今日はこの辺で。