読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

やる気の出ない人必見!毎日モチベーションMAXのぼくが心がけている方法まとめ

f:id:bun1125:20160811234845j:plain

こんにちは毎日やる気しか無い起業家、ぶんたです。

みなさんやる気が出なくてお困りの経験ありませんか。

ぼくも昔はありました。何やってもダメですぐやる気のせいにしちゃったり。

でもやる気のせいにして何も出来ないのも悪循環ですよね。

そんなわけでぼくは「どうしてやる気が出ないのか」分析したことがあるのですが、おかげで原因と解消法が見えてきました。今では毎日やる気MAXです。

なぜやる気が出ないのか?

そもそもなんでやる気が出ないのでしょうか。少し考えてみると気になる点がありました。それが以下の2つです。

  1. なぜやる気がなくなったのか
  2. やる気を出す上での障害は何か

この2点を解説していきます。

なぜやる気がなくなったのか

やる気が出ないということは以前はやる気が出ている時もあったということでしょう。これは「今」やる気が出ないだけであって、きっと過去にはやる気に満ちあふれている期間もあったはずです。そこから「今」に至るまでの過程で変わってしまったものは何なのでしょうか。

もしやる気をなくした原因がわかれば、常にやる気を出し続けることも可能かもしれません。

やる気を出す上での障害は何か

やる気が無い状態の障害は何なのでしょうか。この障害がわかればやる気を出すのも難しくはありません。「なんで今やる気が無いんだろう?」と考えてみてください。

 

以上の2つを解消することがやる気を出す近道であり、やる気を常に出し続けるための方法にもなります。

 

やる気を出すための解決法

上に挙げた問題点の解消法が以下です。ぼくはこんな感じで心がけています。

行動することを止めない

常に行動し続けることが大切です。特にやる気を出しているときは行動を止めずに次へ次へと自分の勢いを殺さないように環境を整備しておく必要があります。仕事ならアポを切らさない。私生活なら少し予定を詰めてみる。など。

やる気がなくなった原因は行動を止めてしまったからです。勢いがあるときにそのまま上乗せを繰り返すような姿勢でいましょう。

否定意見に惑わされない

やる気が出ない主な原因は意志の弱さです。そして意志とは案外自分ひとりで作り上げているものではなく、他人の意見を元に構成された自分の好きな意見で成り立っていることもあります。人からの意見はモノとして残りませんが、その分自分の中で残ってしまうのです。

そんな中で他人から否定的な意見を言われたらどう感じるでしょうか。やはりモチベーションが下がりますよね。やる気を出して一生懸命頑張っている時とかにそんなこと言われたら、イライラするし落ち込みます。

だからこそ他人からの否定意見は一度完全に聞く耳を持たない状態にして惑わされないようにすることが大切です。

考えるより先に行動する

もし行動が一度止まってしまったら、考えるより先に行動する。それが大事です。

行動することで一歩踏み出して小さなやる気の炎が灯ります。そして結果的に色々と考えなくてはいけない瞬間が生まれるんですよね。これでいいんです。この状態までいけば既にやる気は出ています。問題が発生したらそれを解消しなくちゃ!という感覚を持てるので、その瞬間からやる気MAX。とにかく悩む前に行動することが大切です。

 

それでもやる気がでなかったら

それでもどうしても行動に移せなくて悩んでいる人にはこんな方法を。少し荒療治ですがやる気は作れます。

思考を止める

考えていること全てを止めましょう。結局のところ、自分の中の何かの意志が問題でやる気が出ないわけで。そうなってくるとやる気を出す上での最も大きな障害は自分の頭の中にあるのです。もう一切合切思考を止める。やる気を出すため云々以上にとにかく思考を止めます。そして、、、

友人と会う

で、友人と会いましょう。とりあえず荒いざらい話せる友人と会いましょう。そしてやりたいことを話しまくります。こうすることで宣言したことにより、やらなくてはいけない感が出てきます。また、行動することで直接的に喜んでもらえる人と会えると最高ですね。とにかく思考を止め、友人に会い、ぐっと背中を押してその勢いのまま行動に移してしまいましょう。やる気はすぐについてきますし、もう既にあるかもしれません。

 

やる気を出せたらその感覚を忘れずに

いかがでしたでしょうか。やる気を出すために、そして維持するためにぼくが心がけている方法をまとめてみました。これでやる気を出してみようと実践してくれる方がいれば幸いです。

そして最後に。しっかりとやる気を出せたら「どうしてぼくはやる気になったのか」「どうして今行動出来ているのか」などのやる気を出せた時の感覚を覚えておくことが大切です。こうすることで自分にあったやる気の出し方がわかるはず。あくまで今回挙げたのはぼくが心がけている方法ですが、あなたにあった最適なやり方を見つけるのが一番の近道でしょう。