読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

ぼくがブログを書く理由

f:id:bun1125:20160721003718j:plain

最近「なんでブログやってるんですか?」と聞かれることが多いので改めて考えてみました。ただの雑記兼自分への記事です。

なぜ「今」ぼくはブログを書いているのか

なぜブログを書いているのか。考えてみると理由はたくさんありました。

ブログを通して色々な人と繋がりたい

これは結構大きいです。ブログやってる人って普通の感覚を持ってる人とやっぱりどこか違うんです。何か自分に芯があって伝えたい思いがある。だからこそブログをやっていると思うんです。ブログのおかげでぼくは様々な人と関わる機会が増えました。元々人と話すのが大好きなのでほんとうに嬉しいです。

ブログを通してぼくの意見を発信したい 

www.buntadayo.com

www.buntadayo.com

 こういった記事はぼくの思ったことを発信する為に書いています。それで周りからどんな反応があるのか、そしてどんな影響をもたらすのか。それを検証するのがとても楽しいんです。

ブログを通したマネタイズの手法を学びたい 

www.buntadayo.com

まだマネタイズって程のことはほぼ出来ていませんが、それでもこの記事から数冊本が売れてブログを通した収益化に興味が沸きました。もう少し色々と試してみたいです。

ブログを通して誰かの悩みを解決したい 

www.buntadayo.com

こちらの記事は身近なブロガーさんから反響があってとても嬉しかったです。ぼくの記事を読んで行動を起こそうとしてくれた人がいる。その事実は何よりも嬉しいことでした。

www.buntadayo.com

誰かの背中を押すために、悩んでいる人の悩みを解決するために始めた企画です。ぼくがどのくらい助けになるかは未知数ですが、それでも喜んでくれる人がいました。今は一旦ストップしていますが、またやらないんですか?と声をかけてくれる人がいます。承認欲求ですが、やっぱり誰かに求められるって嬉しいんですよね。

ブログを通してぼく自身を変えていきたい

www.katsushin.com

ブログをやっているとこういった記事を書いてくださる方がいます。まだまだ知識も経験も足りないぼくにとって、こうした批評は本当に嬉しいです。自分が間違っている時に正してくれる誰かがぼくのブログを読んでくれているのです。間違ってるな、違うな、もっと考えなきゃなと思ったら素直に変えていくのが一番の成長に繋がるとぼくは思います。

ブログを通してネットで実験をしていきたい 

www.buntadayo.com

先日はまあたぶんバズるだろうなと思って書いたこちらの記事が案の定バズりました。

 

www.buntadayo.com

昨日上げたこの記事はインフルエンサーからのシェアを貰えるか試す為に書きました。

無事、家入砲をくらう事が出来ました。

こうした仮説というか「なんとなく面白いんじゃね?」って実験をブログは可能にしてくれます。当たった時はやっぱり楽しい。

ブログを始めて何が変わったか

とりあえずザーーっとなぜブログをやっているか上げてみましたがどれも「試してみたい」という感情から出るものです。今日はこんな事をしてみよう!明日はこんな事をしてみよう!そんな挑戦意欲が今まで以上に湧いてきました。とりあえず毎日更新を心がけていますが、これは思っていた程苦ではなく、大変だけどそれ以上に楽しくて楽しくて仕方ありません。というか暇さえあればブログ書いていたいくらいです。そのくらいハマりました。ただこれは読んでくれる方がいるおかげだと思います。やっぱりそれが無かったら続けていなかったと思います。

こうやってブログを続けて自分の記事を発信していると「やっちまったな...」とか「こういう方が良かったな...」とかそういう思いも出るようになりました。普段の生活や仕事ではこういった反省や後悔をする事が減っていたぼくにとって、ブログはとても良い刺激になっています。少しマンネリ化していた生活に、成長の為のPDCAを再度呼び起こしてくれました。この感覚は起業当初に似ています。毎日が失敗と改善の連続でこの感覚を取り戻せた事がブログを続けた最大の変化です。

ぼくがこれからしたいこと

とりあえずやりたいことはたくさんあるのですが、ここに列挙しちゃってもつまらないので今後の記事で少しずつ披露していこうかと。

それとは別にひとつだけ明言しておきたい事があります。先程上げた起業家レンタルをやって気づいたのですが、結構悩みを抱えている人って多いんですね。それも答えは出ているのに自分1人では踏み切れないって人が。そういう方々と話をして、感謝されて凄く嬉しかったんです。だからそんな人の背中をもっともっと押したいなってぼくは思っています。ぼくに出来ることってそんなにたくさんあるわけじゃないし、そもそもぼくじゃ出来ないことの方が多いと思いますけど、それでも少しでも出来ることがあるなら力になりたいなって思います。今はまだぼんやりとですが、実際に会って話せたらなって思ってるんです。オンラインで話しているとやっぱりもどかしくて。呼ばれたらすぐにその場に行って話が出来る。そんな環境を少しずつ作っていきたいんです。

 

誰の為に書いた記事って訳でも無いですが、7月もあと10日なのでちょっと振り返ってみました。なんとなくすっきり。

それと、いつも読んでくださる方、本当ありがとうございます。これからも楽しく運営していければと思うので良かったらまた読みに来て下さい。