すぐにお金が欲しいあなたへ!簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法14選

みまもりCUBEは俳諧防止に最適なカメラ!評判や口コミをまとめてみた

近年、認知症による俳諧での行方不明が社会問題となっています。

 

2018年に警察に届けられた認知症の行方不明者は1万5863人(男性8851人、女性7012人)。

実に5年連続の増加です。

 

何事もなく見つかればまだいいものの、死亡していたという最悪のケースも考えられます。

ずっとそばで見守ることが1番確実ですが、なかなかそうはいきませんよね。

 

「遠方に暮らしていて親が心配」

「仕事が忙しくて家にいるいられない

徘徊に関して様々な悩みを抱えているでしょう。

 

しかし徘徊を防ぐための機能が集約された「みまもりCUBE」というカメラを使えば、多くの問題を解決することができます。

  • 24時365日カメラが監視
  • 異常を発見したら通知する「検知機能」付き
  • 遠方からでも音声で呼びかけられる
  • 部分的にモザイクをかけ、プライバシーも保護

こんな機能を持った見守りカメラです!

 

この記事ではみまもりCUBEの優れた機能について紹介していきま。

俳諧防止のためのカメラを探している方は参考にしてみてください。

2台まで30日間無料で試せる

無料でみまもりCUBEを試す

スポンサードリンク

「みまもりCUBE」は俳諧防止に優れた高機能の見守りカメラ

みまもりCUBEは株式会社ラムロックが開発した介護・防犯に優れた機能を搭載した小型のカメラです。

ラムロック独自の映像検知プログラムとNTTドコモのモバイル通信ネットワークを活用していて、防犯はもちろん認知症による俳諧を防ぐのにも優れています。

 

みまもりCUBEは24時間365日、カメラで見守りを行ってくれて異常が起こったらすぐに検知してくれます。

  • 俳諧検知
  • 離床検知(寝ているか、起きたか)
  • 危険検知(物にぶつかる、転倒するなど)

ドコモの回線を受信できるSIMカードが内蔵されているので、このような異常を検知した時はすぐにスマホに通知が来るようになっています。

さらにスマホを通してライブ映像で様子の確認ができ、映像を見ながら会話をすることも可能です。

 

また、みまもりCUBEの機能性の評価は高く、岐阜県警に行方不明者早期発見・予防対策ツールとして正式に採用されているほど。

認知症による俳諧で行方不明になったり事故に合うケースは後をたちません。それを事前に防ぎ家族の安全を守るためにみまもりCUBEは非常に優れた製品です。

2台まで30日間無料で試せる

無料でみまもりCUBEを試す

みまもりCUBEのメリット4つ

スポンサードリンク

1.遠方からでもライブ映像で様子を確認できる

徘徊癖のあるお年寄りですと、突然1人で家から出ていってそのまま帰ってこなくなるということがあります。

もし家族が家から出ていって行方不明になったり事故にあうことがあれば、大きな責任を感じることになるでしょう。

常にそばで見守ることが出来ればいいのですが、フルタイムで勤務していたり遠方で暮らしている場合そうはいきませんよね。

しかしみまもりCUBEであれば遠方からでも親の様子を確認することができます。

スマホを使ってライブ映像で様子を確認できますし、離れた場所からでも会話をすることも可能です。

 

まるで家族の近くにいられるかのような安心感が得られます。みまもりCUBEを導入してから徘徊が無くなったという事例もありますよ。

2.徘徊を防止できる「検知オプション」をつけられる

カメラを使って家での様子を確認できても徘徊されてしまったら意味がありません。通常の機能では見守りまでしか行えず、徘徊を防ぐには不十分です。

 

しかしみまもりCUBEには「検知オプション」という他のカメラにはない機能がつけられます。

これはカメラに事前に登録した動作を検知した場合、自動的に指定されたメールアドレスに通知が送られるというもの。

さらに音声を通して家に戻るよう注意を促すこともできます。(音声は家族の声にすることも可能)

 

たとえば徘徊を防ぐのであれば玄関に設置し、玄関の扉を開けて外に出ようとする動作を登録しておけばいいのです。

そうすれば1人で外に出ようとしたときにアラームが鳴って、音声で呼びかけ注意を促してくれます。

 

通常のモデルだと見守り+録画で月額3,000円での利用ですが、検知オプションをつけると+3,000円で月額6,000円となります。

少々値段がはりますが、家族の安全を守りたいならつけておいて損はありません。

3.小型カメラで設置がしやすい&設定はオペレーターがやってくれる

こういった高性能なカメラだと取り付けが難しく、設置工事が必要なことが多いです。

しかしみまもりCUBEは縦横10cm位内という非常にコンパクトなサイズ。一緒についている金具を使えば玄関などの天井に取り付けるのも簡単に出来ます。

さらに「検知オプション」の設定は専門のオペレーターが遠隔操作で行ってくれるので、購入者側でやることはありません。

かかる時間も15〜30分程度なので、カメラが到着したその日から使い始めることが可能です。

4.モザイク処理でプライベートを保護できる

安全を守るためにカメラを取り付けるといっても、生活の様子をずっと見ていられるというのはあまりいい気分はしません。

人間誰しもプライベートを覗かれるというのは嫌なもの。「いつも監視されているようで嫌だ」と思われることも少なくありません。

しかしみまもりCUBEはそういった面にも配慮してくれています。

 

みまもりCUBEでは見られたくないところには部分的にモザイク処理を入れることができます。

プライバシーに関わる部分は映らないようにできるので、お互いにストレスが少なく安心した利用が可能です。

2台まで30日間無料で試せる

無料でみまもりCUBEを試す

みまもりCUBEの口コミや評判まとめ

みまもりCUBEのネット上でのいい口コミ

 

海外に住んでいるのですが、日本にいる父が心配で、みまもりcubeを取り付けました。
何かあっても、すぐに駆けつける事ができない為、担当ケアマネージャーと連携をとることで、安心した日々が遅れています!
引用元:http://www.recyclefurn.org/

 

部分的にモザイク処理を掛けることができ、初めて利用した時は感動しました。
トイレを映すカメラなので母も最初はとても嫌がっていましたが、実際の録画映像を見せると「これなら大丈夫だね」と一安心。

暑い時期だけでなく、寒い時期にも体調の急変が心配になるので、これからはこのカメラで遠方からでも安心して見守ることができます。
ネット回線内蔵ですぐに利用することができました。みまもりCUBEの性能にはとても満足しています。
引用元:http://mimamoricube.nanachan.xyz/

 

私には親がいます。もう親は89歳になりました。今でも一応元気です。
でも父は一人暮らしですから名古屋に住んでいる私は心配です。

そんな時に時に時々電話はしますが、年々声に張りがないように感じることがあります。
すぐに田舎である愛媛県に帰りたいと思うこともありますが、今の安い給料では中々新幹線で帰るのは経済的な負担が多すぎます。

そんな時に実はここで紹介するみまもりCUBEを見つけたのです。
みまもりCUBEがあるとわざわざ電話をしなくても部屋の中の状況がわかります。
つまり遠くに離れていても親の状況がわかるのです。必要なときは会話だってできますね。

みまもりCUBEがあると心配事が少しは軽くなりますね。
それに何かあったときはスマホで確認ができますからね。
引用元:https://www.plenettepierson.com/

やはり遠方からでも映像付きで様子を確認できるということに安心感を覚える人が多いようですね。

何かあったときにはスマホに通知がくるので、ケアマネージャーなどと連携を取っておけばすぐに対応ができます。

 

また、モザイク処理ができるところもポイントのひとつ。

心配してくれているとはいってもずっと見られているのは嫌ですよね。

こういったプライバシーに配慮してくれるのもみまもりCUBEならではの特徴です。

2台まで30日間無料で試せる

無料でみまもりCUBEを試す

みまもりCUBEのネット上での悪い口コミ

設置料金に関しては全然不満はないのですが月額利用料金が高く設定されているのがとても苦痛です。
確かに安全を確保することができますがその代わりに多くのお金を失ってしまいます。

あまりにも高いので、最初は我慢して使用していましたが結局他の介護用防犯カメラに変えてしまいました。
引用元:https://berlioz.xyz/mimamoricube/

 

このような機械を操作したことが一切無く、操作性を理解するまでにかなり時間がかかってしまいました。
最初の方は設置してもらっても快適に操作をすることができなくて、悪戦苦闘する日々が続いていたのも残念です。

もうちょっと丁寧なサポートをしてくれれば、違った結果になったかもしれません。
引用元:https://berlioz.xyz/mimamoricube/

みまもりCUBEは機能性は高く大変優れているのですが、その分ある程度の料金はかかってしまいます。
遠方からでも見守れる機能性は評価されていますが料金が負担となり、他のものに乗り換えるということもあるようです。

 

確かにカメラの月額利用料だけでも3,000円かかりますし、俳諧を防ぐため検知オプションをつけるとなると+3,000円で合計6,000円になるので、決して安い料金ではありません。

 

だからといって他の安い見守りカメラでは機能が不十分で俳諧を防ぐには不十分です。

それに月6,000円の出費と家族の身の安全のどちらが大事でしょうか?家族にもしものことが起きるくらいであれば月6,000円払って使ったほうが後悔せずにすみます。

 

その他の意見だと、みまもりCUBEは慣れていない人には操作が難しく苦労したという意見も見られました。

みまもりCUBEは30日間は無料で使えるので、1度そんなに操作が難しいのか確かめてみるのもひとつの手です。

みまもりCUBEのデメリット

1.徘徊を完全に防げるわけではない

みまもりCUBEでは俳諧を検知し音声による呼びかけを行えます。

これで外出をやめ自宅に戻ってくれればいいのですがそうなるとは限りません。カメラからの音声を無視し、俳諧してしまう可能性もあります。

 

カメラは自宅での様子は確認できますが、外出してしまったらどうすることもできません。

俳諧の症状が見られることを近所の人や交番に伝えておき、もしもの時は対応してもらえるようお願いしておきましょう。

みまもりCUBEの検知オプションであれば万が一外出してしまってもすぐに分かるので、助けを求める場合も素早く対応できます。

2.カメラで映せる範囲が限られている

どのカメラにも言えることですが、決められた範囲しか撮影が出来ません。

みまもりCUBEの場合首振りやズームなどの機能もないので、さらに映せる範囲が限られてしまいます。

俳諧防止のため玄関を映すだけなら問題はないのですが、家の中での様子を確認するために設置した場合どうしても死角が生まれます。

 

こういったことを防ぐにはより広い範囲を見渡せるように高いところに設置するか、カメラを複数台使うしかありません。

しかしカメラを複数使うとなると費用がかさむことになります。

 

これはカメラである以上仕方のない問題なので、こういったデメリットがあることも理解した上で使わなければいけません。

2台まで30日間無料で試せる

無料でみまもりCUBEを試す

みまもりCUBEに関するQ&A

通信端末があれば使えるの?

みまもりCUBEは専用のSIMカードを入れてドコモの回線を受信しています。

たとえばドコモの回線を受信しているスマホであればauやSoftbank回線のスマホとも通話が出来ますよね?

イメージとしてはそれと同じで、スマホがカメラになっているだけなので通信端末があれば使用が可能です。

 

ただ通信端末によっては出来ないこともあります。

通信端末 画像つき
 メール
 ライブ映像 録画確認 音声を聞く 呼びかけ 設定変更

携帯電話

  ◯  ✕  ✕  ✕  ✕  ✕

Android

  ◯  ◯   ◯  ◯  ◯  ◯

iPhone/iPad

  ◯  ◯  ◯  ◯  ✕  ◯

パソコン

  ◯   ◯  ◯  ◯  ◯  ◯

Android端末であればどの機能も完全に使うことができるのですが、Apple社製の端末では音声による呼びかけが出来ません。

 

また、同じ通信端末でもガラケーやフューチャーフォンでは画像つきメールの受信以外の機能を使えないので、みまもりCUBEとの連動には適していないといえます。

 

パソコンであればどの機能も使用可能。

しかし「音声を聞く」「呼びかけ」を行う際にはパソコンにマイクとスピーカーが必要なこともあるので注意が必要です。

料金はどれくらいかかるの?

通常の見守り機能だけのものなら1GBで月額3,000円(検知オプション付きだと+3,000円)です。

しかし介護保険が適用される俳諧感知機能のついたものだと1GB(月1,000円)、3GB(月3,000円)、5GB(月5,000円)の中から選んで契約することが出来ます。

 

どのGBを選べばいいかは俳諧癖の症状など、利用状況によって変わってきます。

5GBでの利用が推奨されるのは以下のような場合。

  • ライブ映像と録画の確認が頻繁に必要
  • ライブ映像と録画の確認を2人でご利用
  • みまもりCUBEを2台以上設置の場合

ここまではいかず画像つきメールの受信だけでいいなら1GB、ライブ映像と録画の利用が必要なら3GBの利用が推奨です。

 

GB数による映像を見れる時間の目安は以下のもの。

CUBE:1台
通信端末(スマホ等):1台
CUBE:1台
通信端末(スマホ等):2台
CUBE:2台
通信端末(スマホ等):2台
1GBの場合
(月額1,000円)
約300分/月
(1日あたり約10分)
約150分/月
(1日あたり約5分)
選択不可
(2GB以上必要)
3GBの場合
(月額3,000円)
約900分/月
(1日あたり約30分)
約450分/月
(1日あたり約15分)
約225分/月
(1日あたり約8分)
5GBの場合
(月額5,000円)
約1500分/月
(1日あたり約50分)
約750分/月
(1日あたり約25分)
約375分/月
(1日あたり約13分)

なお、契約しているGBを超えての利用になったときは1GBあたり3,000円と通常の3倍の値段がかかってしまいます。

損をしないように利用状況と1GBあたりの映像を見れる時間をよく確認して契約を決めましょう。

みまもりCUBEの申し込みからまでの流れを分かりやすく解説

  • STEP.1
    商品を選択

    まず「みまもりCUBE<見守り専用>」の利用台数を選択します。
    ご希望に応じて、自動検知と通知機能を備えた「検知オプション」も1台ずつに追加することが可能です。

    現在は30日間無料おためしキャンペーン期間中で、2台までおためし利用が出来ます。

    カメラだけでなく検知オプションも30日間無料なので、使うか迷うなら1度試してみるのがいいでしょう。

  • STEP.2
    会員登録

    WEBから注文する場合は会員登録が必須です。
    2回目以降購入したい時はログインを行うことで簡単買うことが出来るようになります。

  • STEP.3
    安心保守パックへの加入

    あんしん保守パックに加入すると、みまもりCUBE本体1台につき、月額+300円(税別)で万が一の破損等に備える事ができます。

  • STEP.4
    注文完了

    ご注文確定の際は、必ず月額利用料等をご確認の上、ご注文を行ってください。

  • STEP.5
    本人確認書類提出

    免許書、住民基本台帳等、ご注文の際に入力した住所と同じ住所が明記された物を、提出用メールフォームから簡単に提出できます。
    本人確認書類提出フォーム

みまもりCUBEは縦横10cm位内と小さいサイズで、取り付けも付属の金具を使って簡単に行えます。

また「検知オプション」などの設定は専用オペレーターが遠隔操作で行ってくれるので、問題ありません。

設定は1台につき15〜30分ほどなので商品が到着したその日から使うことができます。

2台まで30日間無料で試せる

無料でみまもりCUBEを試す

みまもりCUBEがおすすめな人まとめ

ここまでみまもりCUBEについて紹介してきましたが、おすすめなのは以下のような人たちです。

  • 家族の俳諧を防止したい人
  • 遠方に暮らしている親のことが心配な人
  • カメラを設置したいけどプライバシーが気になる人

病気を抱えていたり俳諧癖のある家族のことは誰でも心配になるもの。

いつもそばで見守れればいいですが、遠方に暮らしていたり仕事でなかなか家にいられないとなるとそうもいきません。

 

しかしみまもりCUBEを使えばスマホを通して家族の様子をライブ映像で確認することが可能。

検知オプションを使えばもしものときはメールで通知が来るのですぐに対応できます。

 

同じような機能がついているカメラは他にもありますが高額なものばかり。機能性と価格のバランスはみまもりCUBEがダントツです。

2台まで30日間無料で試せる

無料でみまもりCUBEを試す