債務整理はなぜ家族にバレる?3つの理由と対策をわかりやすく解説

「家族に内緒で債務整理する方法はないの?」

「どんなときに家族にバレてしまう可能性があるの?」

「バレない方法があるって聞いたけど本当?」

債務整理を考えているあなたは、このように“家族にバレるのは困る”と不安を抱いていませんか?

 

とくに、内緒で借金をしていた場合には、

離婚問題になってしまう・・・

なんて可能性も少なからずありますよね。

内緒で借金をしていたとは言え、できるだけバレない方法で穏便に解決したいと思うもの。

 

実は、家族にバレると困ると考えてしまうのは、バレた後のことを考えていないからなんです。

借金があることを伝えて、債務整理をすると話したとき、相手がどう感じるのか考えてみてください。

家族であれば今後の将来についての心配から怒ってしまう事もあると思いますが、確実な返済計画を話して今後の将来が安心できるものであれば、納得して応援してくれることもあるでしょう。

 

そこでこのページでは、

  • 家族にバレてしまうデメリット
  • 債務整理が家族にバレてしまうのはなぜ?
  • 家族を安心させるための返済計画のポイント

など、家族にバレてしまうことを心配しているあなたが、借金問題を円滑に解決できる方法をお伝えします。

家族にバレるデメリットを考えよう!

あなたはなぜ、家族にバレると困ると考えていますか?

「離婚問題になりそう」

「信用を失ってしまいそう」

「相手に心配をかけてしまう」

など、色々あると思いますが、大きく見ると「離婚or関係性」「今後の生活」の2つに分けられると思います。

事前にばれると困ることを把握しておくことで対策も可能です。

共有財産の影響で離婚を迫られる可能性

財産も債務整理の対象となる自己破産では、共有財産がある場合、あなただけの財産ではないので内緒で債務整理をするのは難しくなります。

事情を話して了承してもらった上で債務整理を行う必要がありますが、財産を取られたくない場合には最悪離婚を考えられる可能性も。

この場合の対策として、財産の有無が関係ない債務整理の方法を選ぶこともできます。

今後の生活がギクシャクする可能性

借金があることがバレるだけでも相手のダメージは大きいですが、その上、債務整理をするとなると信頼はもっと失われます。

債務整理をしようと思って債務整理について調べたあなたなら悪いことではないとは分かっているはずですが、一般的に債務整理に対して良い印象は持たれません。

急に債務整理をすることがバレてしまった場合、当然ですが相手もすぐには受け入れられず、関係がギクシャクしてしまう可能性は大きいです。

この場合、当然あなたが隠していた事実が悪いので、相手に無理やり受け入れるよう説得するのはやめて素直に謝りましょう。

債務整理が家族にバレる3つの理由

家族にバレてしまう理由はいくつかありますが、弁護士によっては配慮してくれることもあります。

ですが、弁護士と言えども絶対にバレないようにやりますと無責任なことは言えないので、絶対にバレない保証はありません。

あらかじめ家族にバレてしまう理由を知ることで他の方法を選択することもできますので、なぜ家族にバレてしまうのか?みていきます。

配偶者の収入書類でバレる

  • 配偶者の収入で生活をしている場合
  • 生活費の半分以上を配偶者の収入で賄っている場合

など、配偶者の収入証明書が必要になってくる可能性があります。

その場合、配偶者に収入証明書が必要なことを伝えなければいけないので、なぜ必要なのか?聞かれるのは当然でしょう。

こんなとき、うまく理由が話せないと債務整理するのがバレてしまいます。

財産の差し押さえでバレる

持ち家を持ってる場合や目立つ財産を持っている場合、財産を差押えされてしまうことも。

この場合は、いくら内緒にしようと頑張っても一緒に生活している以上、家族には知られてしまいます。

連帯保証人への請求でバレる

債務整理をすると、必ず連帯保証人も影響を受けます。

本人が払えないとなると、当然その請求は連帯保証人いくので、家族が連帯保証人になっている場合は高確率でバレてしまうでしょう。

任意整理なら家族にバレにくい!

とは言え、上記のように債務整理で家族にバレてしまうのケースのほとんどが「自己破産」や「個人再生」の場合です。

どうしても家族にバレたくないのであれば、借金を大幅に減らすのは難しいですが、「任意整理をする」という選択肢もあります。

任意整理であれば、配偶者の証明書も必要なく、財産を失うこともありません。

また、連帯保証人がある借金に関しては、任意整理の対象から外せば、連帯保証人に迷惑かけることなく債務整理を行えます。

家族にバレても問題ないしっかりとした返済計画を立てよう!

万が一、家族にバレてしまうことも考えて、あらかじめ家族に安心してもらえるように返済計画を立てておきましょう。

返済計画があるのとないのとでは、家族が感じる不安も大きく変わってきます。

ということで、返済計画で重要なポイントを見ていきましょう。

今後の生活の心配をなくす!

まず、家族にバレた時、家族が1番心配するのは今後の生活はどうなるんだろうというところです。

収入に対して、

  • 月々の返済はいくらなのか
  • 生活費はいくらなのか
  • 貯金はどのくらいできるのか

この辺りを中心に、今後の生活は問題なくできるように計画を立て、納得して貰えるようにしておきましょう。

子どもの学費や老後の貯金についても計画する

子どもがいる場合には、子どもの学費も考えなければなりません。

また、自分たちの老後の生活費も合わせて考える必要があります。

貯金にあてられる金額の中から、学費や老後の生活費にどれくらい割り振れるのかしっかり計算しておいてください。

子どもの学費に関しては、子どもが大きくなる頃には信用情報が回復して教育ローンが組める可能性があるなら、それも伝えておくとより安心できるはず。

収入アップを視野に入れ転職も考える

もし、返済計画を立ててる中でどうしても今の収入では厳しい場合には、転職を視野に入れるのも賢い選択です。

今以上の収入が得られる転職先が見つかれば、それこそ家族も安心できます。

収入がアップした分を貯金に回すことで、今までの生活レベルを下げずに暮らせるので、家族もより債務整理を受け入れやすくなるでしょう。

まずは無料債務整理シュミレーターであなたの債務整理手段を考える”

家族にどうしてもバレたくないと考えているなら、まずは家族にバレない可能性が高い「任意整理」で解決できるのか調べてみてください。

無料債務整理シュミレーターでは、簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った債務整理の手段を教えてくれます。

ここでもし、「個人再生」や「自己破産」と出た場合には、上記で紹介した内容をもう1度よく読んで早めに債務整理を行いましょう。

シュミレーション結果をもとにあなたに最適な弁護士も紹介してくれ無料で相談することも可能です。

無料の相談で、「なるべく家族にバレずに債務整理を行いたい」旨を伝えるとできる限りで協力して貰えるかもしれません。

まずは、どの債務整理をした方が良いのか今すぐ確認してみましょう。

>>無料債務整理シュミレーターはコチラ