自分の居場所がないと嘆く人に捧ぐ3つの処世術

I don’t fit in anywhere.

居場所がないって英語でこう言うそうです。

ちょっとかっこいい。

 

こんにちは起業家ブロガーのぶんたです。

みなさんは自分の居場所がないなって思ったことはありますか?

 

ぼくは同じところ、同じものに居続けるのが苦手で、高校だって中退していますし、取締役をやっていた会社も辞任しました。

逆に同じところにずっと居続ける人ってすごいなあと思います。しっかり自分の居場所を作ってるんだろうなって。

ぼくはいっつもここは自分の居場所じゃないかもなって思っちゃうので尊敬します笑

 

さて、ぼくと同じように自分の居場所がないと感じる人ってどのくらいいるのでしょうか?

今日はそんな人たちへ、居場所がなくても楽しく生きていくための処世術を書いていきます。

スポンサードリンク

そもそも居場所って?

そもそも居場所ってなんでしょうか?

人によって居場所の定義は様々ですけど、自分が居ても大丈夫と安心して思える場所が居場所かなってぼくは思っています。

だからこれはリアルの場所に限ったことではなく、ネットだろうが、ゲームの世界だろうが、自分を出しても何の問題もない場所。それが居場所です。

「自分に居場所がないな」って思う人はまず、今、自分を表現している原点を一度振り返ってみてください。

 

1.居場所がないなら探しに行こう

よく「会社や学校に居場所がない」と嘆く人がいます。

ただ、それって別に問題ないと思うんですよ。

だって無理してまで輪に入りたいって思うような場所ですか?

きっとそうじゃないからそこに居場所がないだけなんです。同僚にいつも悪く言われるような場所に居場所を求める人の方がおかしいです。

 

そんな人はまず居場所を探すべきです。あなたがいやすい居場所はもしかしたらネットの中にあるかもしれません。

匿名でTwitterなどのSNSを始めても良いと思いますし、そこに存在する自分を楽だなと感じるならその場所はあなたの居場所になります。

 

会社を変えてみるのもアリです。

もしかしたらその会社はあなたに合わないのかもしれません。

こっそり、転職を視野に入れるのもアリだと思います。

今は登録しているだけで自動であなたに合う転職先を探してくれる転職支援サービスもあるのでとりあえず登録してみるとか。

▼こちらで転職サイトをまとめてあるので良かったら見てみてください。

合わせて読みたい

転職サイト20選おすすめ比較ランキング!登録して評判を徹底調査してみた

住む場所を変えるってのもよくありますね。これが一番自分を変えるとぼくは思います。

こうやって環境を変えたり、新しい何かに挑戦して居場所を見つけていくのはすごくおすすめします。

 

重要なのは居場所がないと感じても無理に合わせないことです。かりそめのあなたをその居場所に作っても、疲れるのは自分ですから。

 

スポンサードリンク

2.居場所を作ってしまえばいい

居場所を探し求めてもなんだかしっくりこない。そんな人は居場所作りをおすすめします。

これは少し難しかったり大変かもしれませんね。

ぼくみたいに自分の仕事を作ってそこに人が集まるような居場所にするのもありですし、ネット上で少し有名になったりしても居場所は作れるでしょう。

 

しかし居場所を作るには結構精神力を使います。必ずといっていいほど批判が生まれるからです。

ぼく自身、何か始める度に一定の批判をくらいます。やっぱり新しい居場所を受け入れられない人って必ず存在するんですよね。

そりゃそうです。その人は今きっと素晴らしい居場所を持っているんですから。

何かをきっかけに阻害されるかもしれなかったら批判くらいしますよね。単純な防衛本能でしょう。

だから居場所作りは結構大変なんですよね。

 

もし、居場所がないと嘆くあなたの心が弱っているならば、今はそこに注力すべきでは無いのかもしれません。

 

3.居場所に属さないこと

居場所を見つけるのも作るのも苦手な人はそもそも属さないっていうのも手です。

人って周りに干渉するから消耗するんですよね。だったら極力干渉せず一匹狼だってアリだと思います。

組織や社会に属さないメリットは自分の中の基準で動けるということだと思います。

居場所は自分の中に作って、自分の基準だけで物事を選択していく。芯がしっかりしている人ならきっと出来ますね。

 

ぼくもたまーにこういった状態にすることはありますが、正直寂しいです笑

だから万人におすすめするわけではありませんが、こんな方法もあるよって言うことだけ覚えておいてください。

 

こんな居場所もあるよ

個人的に素晴らしいなと思った居場所を紹介しておきます。

それは連続起業家の家入一真さんが作ったシェアハウス「リバ邸」

「悩める誰かの居場所を作りたい」そんな理念の基、現代の駆け込み寺として各地に存在しています。

仕事や学校、人間関係で悩んだらあなたの近くのリバ邸にふらっと訪れると良いと思います。

もしかしたらあなたの新しい居場所になるかもしれません。

 

居場所がないと感じたら少しだけ自分を俯瞰してみる

最後にちょっと試してみて欲しいことを書いておきます。

 

今、居場所がないと感じるあなたは、まず自分を俯瞰してみてください。

もしかしたらどこかにあなたの居場所は既にあるかもしれません。帰り道、行きつけの定食屋さん、トイレ。車の中…

 

1つでも安心出来る場所があるのならそれはあなたの居場所です。

そしてその居場所がなぜ安心するのかを考えてみましょう。

この安心感が新たな居場所を見つける1つの指針になるはずです。まずはあなたが感じる安心感を元に居場所探しをしてみてください。

 

居場所ってこうして自分自身と向き合うことで不思議と見えてくるものなんですよね。

あなたに最適な選択肢はもう自分の中に存在しているのです。

心の底からいい場所だなって思える場所があなたの居場所です。