読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

サイゼリヤのハンバーグに魅力を感じなくなったのはいつからだろうか

f:id:bun1125:20161116061504j:plain

こんにちは起業家ブロガーのぶんたです。

現在ぼくはブログの収入で飯を食べるブログ飯企画を行っています。

 


こんな生活も半月が経ちました。

節約生活(?)かどうかはわかりませんが、金額と収支を日々気にしながら生活を送るようになり、なんか大切なこととか思い出した気がします。

色々思うことがあったので書きやすい語り口で書いていきます。

 

サイゼリヤのハンバーグに魅力を感じなくなったのはいつの日だろうか。

ぼくの家は当時父親が自営業だったため裕福なときと貧乏なときの落差が激しい家庭だった。ぼくは4人兄弟の長男で、兄弟仲はそこまで良くはないけれどなんだかんだ弟達の面倒を見ながら育ってきた。

小学生の頃は週末になるとよく家族でファミレスに行った。ぼくは家で食べる料理がそんなに好きではなかったし、やっぱり外食は子どもながらに夢があったし憧れだった。

サイゼリヤで食べるハンバーグは何故か母親が作るハンバーグよりも美味しく、ココイチのカレーは家で兄弟と一緒に作るカレーよりも高級な感じがした。デニーズのデザートは休日の昼に出てくるホットケーキとは比べ物にならないほど豪華。

ひとときの優越感を味わえる外食が好きだった。

 

そんな外食もしばらく行けずじまいの日が続いた時、周りの友達のこんなの食べたよ!という話を聞いていて羨ましくなったぼくはどうしてまたファミレスに行かないの?と父親に聞いたことがある。父親は

「そんなにバンバン行くものじゃないんだよ。家でもご飯は食べられるだろ?」

そう返した。ぼくは納得いかずにそれから家でご飯を食べる度に「まずい」「おいしくない」「食べれない」「ファミレスに行きたい」といった言葉を連発した。そのせいで母親は一度泣いてしまった。毎日の様に息子が自分の飯をまずいと言ってくるんだ。気分悪いだろう。

流石にぼくも悪い気がして黙ってご飯を食べるようになった。ただ、相変わらずおいしいとは感じなかった。

 

それからしばらくしてまた外食に行くようになり、ぼくはサイゼリヤでハンバーグを頼んだ。楽しみにしていた外食。やっと母親が作る料理よりおいしいご飯が食べられる。

そう思いながら口に運んだハンバーグは、思いの外おいしくなかった。ぼくはその時気づいた。母親を泣かせてしまってから、噛みしめるように家のごはんを食べていた。母親のレパートリーは少ない。毎日何も考えずに作業として食べていたからおいしさを感じなかったのかもしれない。ちゃんと味わってなかったのかもな。そう思った。

言ってみれば外食だってその雰囲気にあてられているだけで、別にそんなにおいしいものじゃないのかもしれない。幼いながらになんとなくそんな感じがした。

 

サイゼリヤのハンバーグに魅力を感じなくなったのはこの頃だ。ぼくにとって母親を泣かせてしまった衝撃は大きく、それがぼくの価値観に大きな変化を与えた。ぼくは外食が好きだったけど、ご飯が好きなわけじゃなかった。外で食べるという点に価値を見出していたのだ。そう考えると外のご飯より家で食べるご飯の方がおいしいのかもしれない。

それからしばらくして中学生になり、ぼくはめっきり家族との外食を断るようになった。昔はあんなに楽しみにしていた外食もぼくの中ではすっかり価値をなくしていた。この頃から好きになった料理や、母親の作るご飯は前よりもおいしく感じた。

 

 

というようなことを軽く自炊をして久しぶりに思い出しました。

社会に出てから、ぼくは当たり前のように外食をして、作業のようにご飯を食べているけれど、やっぱり家で作るご飯はおいしいし、何よりお腹を満たすために食べるのではなく、味わうため楽しむために食べている、そう感じます。

 

そんなことを思い出せた半月でした。自炊が思いの外楽しかったので残り半月も楽しみながら頑張ろうと思います。

 

自炊派のみなさんはコチラもどーぞ

そんなわけで最近自炊楽しくなってきたぼくですが、このタイミングで友人が料理サロンを開設しております。

 


らくっきんぐというからには楽なんでしょう。

先日はこのサロンに入っている方がビーフストロガノフ作ってました。

ビーフストロガノフって楽に作れるのか...と衝撃を受けましたがきっと楽なんでしょう。

 

コンセプトと概要

「最短で家庭料理を一人で作れるようになりたい人向け」のオンライン料理学校というコンセプトなので一人暮らしには特におすすめでしょうね。

  • 調味料のあれこれ
  • 調理道具と調味料について
  • 野菜の切り方の基本
  • 火加減の基本
  • フライパン調理の基本①
  • フライパン調理の基本②
  • 煮物の基本
  • 揚げ物の基本
  • 常備菜を作ろう
  • 料理テクニック(電子レンジ、時短調理、手抜きレシピ、余り物活用術etc)
  • 美味しい盛り付けと写真の撮り方
  • 料理全般の知識
  • かしこい献立の立て方
  • LAST 卒業試験

内容もギッシリやで....

個人的には家に招待した女の子にキャーキャー言われたいので「美味しい盛り付けと写真の撮り方」が最優先で学びたいです。料理もできる男になるぜ。クーーーー!!

 

そんなわけで興味ある方はこちらからこちらから覗いてみてください!

7日間は無料体験出来ますよ!

お料理サロン→どこでも料理教室「らくっきんぐ」