通訳求人の仕事内容や給料、必要なスキルやおすすめ転職サービスを解説

海外と日本を結ぶ仕事の一つに、通訳という仕事があります。

言葉の違う人同士を繋ぐ役割があり、様々な場面で活躍することができます。

通訳の仕事に興味を持っている人でも、

具体的にどのような仕事をするのかわからない

どうやったら通訳の仕事に就けるのかわからない

と思っている人も多いのではないでしょうか?

通訳の仕事の給料や、仕事に就くメリットなども気になりますよね。

 

この記事では、そのような疑問に応えるために通訳の仕事について詳しく解説していきます。

また、通訳の仕事を探す際のオススメの求人サービスまで網羅して書いてあります。

自分のスキルを活かして通訳の仕事に就きたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

通訳の仕事について

通訳の仕事とは、具体的にどのようなことをするのでしょうか?

また、どのような人が通訳の仕事に向いているのでしょうか?

通訳について、詳しく説明していきます。

通訳の仕事はどんなことをすればいい?

通訳とは、会話に入って外国語を別の言語に変換する仕事のことを言います。

通訳には大きく分けて、次の3つの手法があります。

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

同時通訳

会話に入って、話し手が話す外国語をその場で別の言語に変換することを同時通訳と言います。

主にニュースや会議などで同時通訳を行います。

話し手の外国語を聞き取ってすぐに翻訳しなければならないので、語学力に加え集中力も必要になる仕事です。

逐次通訳

逐次通訳とは、話し手が言葉を区切って話し、その部分の内容をまとめて翻訳する手法です。

一度まとめてから翻訳するので、より正確に相手に伝えることができます。

会話のテンポは遅くなってしまうので、意見交換会やインタビューなど即効性が求められない場所での仕事が多いです。

ウィスパリング

ウィスパリングは、同時通訳とほぼ同じ流れで仕事を行います。

同時通訳と違うところは、聞き手の隣に立って通訳をするということ。

聞き手の耳元でささやくくらいの音量で、話し手が話したことを通訳して伝えます。

どんな場所で通訳の仕事がある?

では、通訳はどのような場所で仕事を行なっているのでしょうか?

通訳の仕事が活躍できる場所は、次の4つがあります。

会議通訳

国際会議など、会議での通訳の仕事です。

即効性と正確性が必要になるので、実力と経験が求められます。

ビジネス通訳

商談などのビジネスの場で活躍する仕事です。

商談内容を正確に伝えるためにも、語学力以外に専門知識が必要になることもあります。

スポーツ・芸能通訳

海外のスポーツ選手や、日本に来た芸能人などの通訳を担当する仕事です。

隣に立って、ウィスパリングで通訳を行うことが多いです。

通訳案内士

通訳案内士とは、日本へ観光しにきた外国人のガイドをする仕事です。

「通訳案内士」という国家資格が必要になります。

外国人ならとてもやりやすい職業

通訳は、外国語を聴き取る能力と、正確に日本語に翻訳する能力が必要になります。

高い語学力が求められるので、ネイティブな外国人にとってはとてもやりやすい職業です。

日本語が理解できる外国人には最適な職業と言えるでしょう。

通訳の仕事に就くメリット

様々な仕事内容がある通訳ですが、通訳の仕事に就くメリットも様々。

その中でも主な4つのメリットを、一つずつ紹介していきます。

外国人歓迎の求人が多い!

通訳の仕事に就くメリットは、何と言っても外国人歓迎の求人が多いこと!

通訳は外国人にこそ向いている仕事なので、外国人歓迎の求人がたくさんあります。

日本で働きたいと思っても、なかなか働く場所が見つからないという人もいますよね。

そういう外国人にとっても、最もオススメできる仕事です。

外国語さえできれば学歴不問の求人もある

通訳の仕事に必要なのは語学力。

聞き取る力、そしてそれを翻訳して正確に伝える力が必要になります。

なので、外国語さえできれば学歴は不問という求人も非常に多いです。

学歴に自信がない人でも、語学力さえあれば活躍できる仕事なんですね。

年収600万円以上の仕事もある

通訳の仕事は、経験やスキルによって年収が変化していきます。

年収600万円以上の仕事もあり、能力によっては1000万円を超えるところも!

高収入が目指せる職業というわけです。

経験を積めば積むほど年収も上がっていくので、やりがいも感じられますね。

バイリンガルなら仕事もスラスラ

二カ国語を話すことができるバイリンガルなら、通訳の仕事もスラスラ行うことができます。

外国語を正確に聞き取る能力と、適切な日本語にすぐに変換するという能力が求められるのが通訳の仕事。

外国語と日本語の二カ国語を話せるバイリンガルなら、比較的容易にできるでしょう。

通訳求人のデメリット

通訳求人にはたくさんのメリットがありましたが、デメリットもあります。

どういうデメリットがあるのでしょうか。

高い語学力が求められる

通訳には、高い語学力が求められます。

読み書きの能力ではなく、聞き取って正確に翻訳する能力が必要になります。

TOEICのスコアだと900点以上の能力が求められるので、少し外国語ができるという程度では厳しいでしょう。

なので、より日本語ができる外国人に向いている仕事と言えるのです。

通訳求人の給料は実際どのくらい?

様々な場面で活躍できる通訳ですが、気になるのは給料のこと。

通訳求人の報酬は実際どのくらいなのでしょうか。

通訳求人の平均報酬

企業で通訳をしている人の平均年収は、およそ600万円です。

年齢が上がり、経験を積むほどに平均年収も上がっていきます。

英語より、少数言語の方が年収が高い傾向があります。

通訳求人で高収入を得るには?

通訳の仕事で高収入を得るには、専門知識を身につけること!

例えばビジネスの会議での通訳は、そのビジネスの分野に詳しくないとできませんよね。

語学力以外に精通している専門分野があると、企業からもより重宝されます。

また、通訳の仕事を続けていくことも収入アップにつながります。

経験を積んで重要な会議などの通訳を任されるようになれば、相応の報酬がもらえます。

強みとなる専門知識を身につけ、経験を積んでいくことが大切です。

通訳のおすすめ求人サービス

では、通訳の仕事に就くにはどうしたらいいのでしょうか。

仕事を探すといっても、求人情報を掲載しているサイトもたくさんあります。

どのサイトを見たらいいのかわからない

どのサイトに良い求人情報があるのかわからない

と悩む人も多いのではないでしょうか。

次は、数ある求人サービスの中から通訳の求人を探すのにオススメのサービスを3つ紹介します。

すぐに就職したいならマイナビエージェント

「マイナビエージェント」にある求人は、時期を選ばずすぐに始められるものが多くなっています。

今すぐに通訳の仕事を始めたいという人は、マイナビエージェントがオススメ!

マイナビエージェントでは、その業界に精通している人が担当者になって就職をサポートしてくれます。

担当者とヒアリングを行なって、様々な求人の中から自分に合った求人を探してくれるのです。

「すぐに就職できる」という条件で求人を探してもらえば、今すぐに始められる仕事を見つけることができるでしょう。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

求人の回転が早いリクナビNEXT

「リクナビNEXT」は、数多くの求人が掲載されている転職サイトです。

求人数が豊富なので、幅広い分野で仕事を探すことができます。

また求人情報は毎週更新され、更新されるごとに1000件を超える新着求人が掲載されます。

選択肢が多いので、妥協することなく自分に合った求人を探すことができるのです。

>>リクナビNEXTの詳細・登録はコチラ

高収入な通訳のお仕事はDODA

「DODA」には、常に4万件を超える求人情報があります。

一般には公開されていない非公開求人数はその3倍以上も!

専門知識を持っているエージェントが担当について、その求人の中から選んで紹介してくれます。

DODAには高収入な求人が多いので、自分の能力を活かして高みを目指したいという人にもオススメ。

>>DODAの詳細・登録はコチラ

通訳求人についてのよくある質問

通訳の仕事についてのよくある質問は、以下の3つがあります。

  • 通訳の仕事は難しいか
  • 通訳の仕事に就くなら留学経験は必須か
  • 通訳の仕事に就くならどんな会社がいいか

その3つの質問について、一つずつ回答していきます。

Q.通訳の仕事って難しい?

通訳の仕事は、高い語学力に加えて専門知識など様々なスキルが必要になります。

簡単な仕事ではありませんが、その分やりがいも十分にあると言えるでしょう。

経験を積むごとに確実にスキルアップしていき、年収という形でも自分の努力が反映されます。

また活躍していくごとに仕事の場も広がり、どんどん高みを目指すことができます。

難しい以上にやりがいを感じることができる仕事です。

Q.通訳の仕事に就くなら留学経験は必須?

留学経験は必須ではありません

日本で外国語を勉強し、きちんと語学力を身につけて通訳になった人もたくさんいます。

コツコツ努力すれば目指すことができる仕事なのです。

Q.通訳の仕事に就くならどんな会社がいい?

会社で通訳の職に就くなら、国際的にビジネスを展開している会社がオススメ。

海外での取引や会議などの場面が多いと、通訳もそれだけ必要になってきます。

企業で活躍したいなら、外資系などの会社がいいでしょう。