あなたも電話恐怖症!?会社の電話が怖い人の克服法・おすすめな職種を解説

あなたは職場でこんな経験をしてはいませんか?

電話が鳴ると、途端に緊張してしまう。

会社業務の電話対応が苦手で辛い。

 

世の中には、電話に対して苦手意識を強く持っている方がいます。

あなたもその一人かもれません。

電話に対する苦手意識のない人からすると、この感覚は理解が難しいでしょう。

電話が苦手という人は、特に職場で肩身の狭い思いをしますよね。

 

当記事では、

  1. 電話が苦手になる原因とその解決策
  2. それでも苦手だった場合の働き方
  3. 電話をしなくても済む仕事のご紹介

以上のお話をしていきます。

 

電話恐怖症を克服して、自分らしく働けるようにしていきましょう!

若い人に増えている電話恐怖症

最近は、若い世代の人たちに、電話恐怖の人が多く見られるそうです。

今の新卒や若い世代は、生まれた頃から携帯電話が当たり前の世代。

昔のように直接会って話すだけでなく、メールやSNSツールなど、話さずともコミュニケーションがとれる時代だったんです。

そのため、人と話すという行為が30代40代の方々と比較すると、苦手という人が増えてしまうのは必然化もしれません。

仕事の電話に出れない!電話恐怖症4つの症状

電話が得意!という人は少ないかもしれませんが、電話が苦手という人は多いです。

電話恐怖症は、どのような特徴がある人達なのでしょうか?

4つの視点から見ていきましょう。

1.自分から電話をかけられない

電話が苦手、という人達は話すのが苦手なのです。

電話は直接会って話す方法やメールなどと比べると、難しいコミュニケーション方法です。

顔が見えない中で相手の感情や意図を汲みとり、テンポよく話しをしていく。

何も考えずにこれができる人というのは、ある種1つの才能といえるぐらいです。

 

電話を掛けるという行為は、そもそも難しいことなのです。

2.電話に出るのが怖くて無視してしまう

話すのが苦手なのであれば、もちろん電話にでることもです苦手です。

電話はメールと違い、リアルタイムで話を続けていく難しさがあります。

メールに慣れ切ってしまっている人は、リアルタイムで他人と会話をし、コミュニケーションをとるという行為に慣れていないのです。

またうまく話せないことで、ダメなやつ、変なやつと思われることを嫌っているという人も中にはいると思います。

 

単に電話がめんどくさいというだけなら、怖いわけではないので問題はないのですが、話すことが苦手だとそうはいきません。

結果、電話に出ないということで起こる問題よりも、話すことで起こる不安の方が勝ってしまうんですね。

3.怒られるのが怖くて折り返せない

社会人になり、会社に入ると、電話恐怖症の人にとっては苦しい経験が増えます。

なぜなら、仕事によっては電話がメインになるからです。

営業職であれば、電話は必須でしょうし、そうでなくても業務連絡等で電話は使います。

仕事ですから、電話に出なければ叱られてしまうこともあります。

 

一度や二度ならまだしも、何度も出れずに叱られれば、相手の怒り方もどんどんとヒートアップしていくでしょう。

すると今度は、電話で話すことではなく、怒られることが怖くて電話ができなくなっていきます。

ここまでくると、事はどんどんと厄介になっていきます。

 

電話が掛かってくる→怖くて電話に出られない→電話に出ないことを怒られる→再び電話がかかってくる。

この負のループにハマってしまう可能性が高いのです。

上記のループにハマると仕事どころではなくなってしまいます。

何かしらの改善が必要だといえるでしょう。

4.留守電すら聞くのが辛い

電話恐怖症だと最後には、留守電でさえ聞くことができなくなります。

なぜならその留守電では、相手は「早くかけ直せ!」と怒っているかもしれませんし、どちらにしてもかけ直さなくてはいけない内容かもしれません。

すると、どうなってしまうでしょうか?

留守電を聞いて不安で苦しくなるくらいなら、初めから聞かない方がいいと思ってしまうのです。

 

当の本人も良くないことだと分かっているし、出るべきだと思っているからこそ、余計に苦しいんですよね。

この症状も、仕事のことを考えれば改善が必要な段階であるといえますね。

無理に克服する必要はあるの?電話恐怖症の3つの治し方

世の中には、電話を必要とする仕事ばかりではありません。

職場や環境によっては、電話が苦手というあなたを受け入れてくれる職場も、あるかもしれません。

となると、必ずしも電話恐怖症を克服する必要はないのかもしれませんね。

 

しかし、電話ができる方が仕事をする上で都合が良いということは、紛れもない事実です。

だからこそ電話恐怖症を直したいという人も、多くいると思います。

そこで、具体的な解決方法を調べてみました。

1:「電話が怖い」という考え方を治して恐怖心をなくす

治療までに必要な流れはというと、

  • 電話自体が怖いものではないと知る、考え方を変える
  • 人と話すという経験を重ねる

この2つが必要になります。

 

そこで、まずはなぜ電話が怖いのか、ということを改めて考えてみましょう。

電話恐怖症の方は、電話で「話すこと」が怖いのであって、「電話をすること」が怖いのではありません。

つまり、話す能力が身について、自信がつけば電話恐怖所は改善されるかもしれません。

2:実際に電話をすることで、電話に慣れていく

考え方とは別に、話に慣れていく方法としては、実際に電話をしてみるしかありません。

対面で話すのとはまた違った状況での会話になります。

そのため、電話に慣れるには、電話をするしかないんです。

ただ、職場や仕事に関係する電話だと、練習にはなりますが失敗ができません。

 

友達に相談した上で、電話の頻度を増やす、アドバイスなどを貰うなどすると良いかもしれませんね。

3:人と直接話す機会を持って、話すことのハードルを低くする

話すということ自体が、スキルが必要なことです。

子どものころから、よく話す機会や性格、環境であれば特に意識をしなくても話せるのかもしれません。

話すことに苦手意識を持たないようにするためには、話す機会を持って、話す時間をとる必要があるということです。

 

話す努力をした結果、話すということへの心理的ハードルは、下げることができます。

そのため、話すということは、話すことからでしか解決できないのです。

とはいえ電話のない職種はほとんどない

エンジニア転職

とはいえ、現実的には電話が全くない仕事は、ほとんどありません。

少なからず、業務連絡やお得意先などとの連絡は取る必要があります。

だからといって悲観的にならないでください。

顔が見えない電話で話すことが苦手なのであれば、他にも手段はあります。

 

その方法とは、ビデオ通話です。

職種によっては、常にビデオ通話をするわけにもいかないかもしれません。

この後にもご紹介しますが、電話が原因で仕事や日常生活が苦しくなるのであれば、電話をしなくて済む職業への転身もありです。

 

電話がストレスで働きづらい、日常生活が幸せに送れないことの方が、問題ですよね。

あなたにとって、一番いい状態はどんな状態なのか、職種という視点からも考えてみると良いと思います。

顔が見れるだけで安心するオンライン会議もおすすめ

ここでは、顔を見ながら通話ができる、ビデオチャットができるオンラインツールをご紹介します。

ビデオチャットは、遠くにいる人とも顔を見ながら話すことができる、という特徴があります。

顔が見えることで実在する人だという安心感と、お互いに素性が知れることから、信用がしやすいというメリットがあります。

 

ビデオチャットツールには、いくつかおすすめできる代表的なツールがあります。

それぞれリンクを貼っておくので、気になるものを使ってみてくださいね。

全て、基本的なサービスは無料で使うことができます。

 

1:appear.in アッピア

 

2:Googleハングアウト

 

3:zoom ズーム

 

どれもメールアドレスがあれば、すぐに使い始めることができます!

電話恐怖症の克服のためのツールとしても活用できる点も、良いのではないでしょうか。

電話恐怖症のあなたにおすすめ!電話をしないで済む職種3選

先ほど、電話を使わなくて済む職種は、ほとんどないとお話しました。

ほとんど、ということはゼロではないんです。

電話を使わなくてもできる仕事を3つ、ご紹介します。

スキルのいる仕事ですが、一度スキルを身に着けてしまえば、一生働いていける可能性大です。

WEBライター

まず1つ目は、webライターというお仕事です。

ライティングというスキルを使ってお仕事をします。

具体的にどんな事をするのかというと、書籍や雑誌、新聞などの紙媒体への執筆。

他には、webメディアやブログなどでの執筆をするお仕事になります。

 

文章が書ければお仕事はできるので、比較的始めやすいことでも有名なお仕事です。

ですがその分、他にもライターは多いため、継続的な勉強や努力は必要になります。

 

お仕事自体は、ライターとして企業に就職する場合は、業務として行います。

会社に就職せず、フリーランスとしてライターを始めたい場合は、クラウドソーシングという方法で仕事を獲ります。

クラウドソーシングは、ネット上でお仕事を獲得する仕組みのことを指します。

そのため、電話などをせずともお仕事を獲得し、納品して報酬を得ることができるんです。

 

ここで代表的なクラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」をご紹介しておきます!

興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

リモートエンジニア

リモートエンジニアとは「リモート」と「エンジニア」という、2つの言葉でできた造語です。

リモートは「遠隔」、ここで言うところの在宅や、場所を選ばないといった意味があります。

エンジニアにはシステムエンジニアや、webエンジニア、ゲームエンジニアなど多様な職種が存在しています。

 

共通しているのは、プログラミングスキルが必要ということです。

リモートエンジニアは、どこからでも遠隔で仕事ができます。

業務内容も主に、パソコンでのプログラミング作業がメインなので、電話も基本的には必要ありません。

スキルさえ身に着ければ、高報酬も期待できる職種ですよ!

WEBデザイナー

webデザイナーは、主にサイトやHPなどのデザインをする仕事です。

どんな見た目がいいのか、サイトを見ているお客さんはどんなデザインなら使いやすいのか、などを考え実際に形にしていきます。

こちらも売上やブランドイメージなど、影響を与える要素が大きいため、その分スキルは必要ですが報酬も期待できる職種です。

 

今お伝えしてきた3つの職種は、これからのネット社会の中で、必要とされるスキルを持った仕事です。

そのため、少しづつでも身に着けることができれば、長く使えるスキルであることは間違いありません。

プログラミングを覚えると稼げるだけでなく電話もしなくて済む!

今ご紹介した

  • webライター
  • リモートエンジニア
  • webデザイナー

は、どれもプログラミングという専門スキルが必要になります。

 

プログラミングを覚えれば、電話が苦手という人でも、働きやすい環境を選ぶことができるようになります。

他にも、プログラミングはこれからAIに仕事が取って代わられる、といわれる時代でも生き残ることができます。

 

なぜなら、AIなどのシステムやサービスを作る側に立つことができるからです。

 

しかし、プログラミングに馴染みがなかったという人も多いと思います。

プログラミングを独学で学ぶこともできますが、短期で身に着けたいのなら、効率がいいとは言えません。

そこで、おすすめなのが、プログラミングスクールに通うという選択です。

 

子どもの頃に、塾に通っていたのと同じ感覚で、プログラミングの塾に通うんです。

そうすると、1人で勉強しているのに比べ、学習スピードは比べ物になりません。

スクールなので、同じ志をもった仲間や先生とも出会うことができ、モチベーションも高く学び続けることができると思います。

 

プログラミングに興味が出てきた!勉強してみたい!という方は、こちらの【2018年版】プログラミングスクールおすすめ18選を徹底比較!初心者を絶対悩ませない料金・内容まとめを参考にしてみてください!

あなたに合ったプログラミングスクールが、見つけられますよ!

 

ぜひ、あなたにはプログラミングという新たなスキルを身に着けてほしいなと思います。

あなたが働きやすいと思える環境で、働けるきっかけになれば幸いです。