生活ができないあなたが絶対にやるべきこと3つ!最悪の可能性を考えて対策しよう!

「生活費がいつも足りずに赤字・・・」

「少ない貯金でなんとか生活してるけど底をつきそうで不安」

「毎日我慢ばかりの生活で楽しくない」

こういった悩みを抱えて、毎日ギリギリの節約生活しながら過ごしていませんか?

なんとかギリギリのところで生活していて、いつ生活できない状況になってもおかしくない状態にいると、毎日余裕なく過ごしてて精神的にもつらいですよね。

あなたが生活していくために必要な金額を計算して見て、給料が安すぎて全然足りないなと感じたら、なにも今の仕事に固執することはないんですよ。

生活できなくなる前に、年収アップできる仕事に転職したり、金策したりと現状を変える方法はいくらでもあります。

この仕事以外できる仕事がないと思っていても、同じ仕事内容で給料が全く異なるというのも良くある話です。

 

そこでこの記事では、

  • 都会で生活するために最低限必要な生活費はどのくらい?
  • 生活ができなくなる前にやるべきことと絶対にやってはいけないこととは?
  • 今の仕事内容で給料UPさせる転職のコツは?

こういった生活に困ってるあなたが、今の苦しい生活から抜け出すために役立つ内容を紹介します。

給料が安すぎて生活ができない人はあなただけじゃない

今は手取り20万も貰えない人が多くいる時代になり、車を買ったり家を買ったり娯楽を楽しんだりする人も少なくなってきました。

自分の給料の範囲でできるだけお金をかけずに楽しんでいますが、人によってはこの給料では生活すらままならないと言う人もいるでしょう。

では実際に、都会で家族で済む場合、一人暮らしの場合でそれぞれどのくらい生活費が必要なのか説明します。

都会で家族3人だったら最低いくら必要?

都会だと固定費も全て合わせて、手取り25万でギリギリ生活できるくらいです。

内訳は以下の通りです。

  • 家賃:8〜15万円(1LDK〜2LDK)
  • 光熱費:1万5千円〜2万円
  • 通信費:1〜2万円
  • 食費:4〜6万円
  • 日用品:1万円
  • 保険料:1万円〜
  • お小遣い:2〜3万円
  • 被服費・交際費:2万円
  • 残り:貯金(教育費や老後の生活資金)

あくまでも目安ですがザッと見てこのくらいの生活費が必要になります。

ただ、給料が本当に少なくて生活がままならないほどであれば、保険料や通信費、食費や交際費といった部分は節約で何とかなるので、もっと少なめに抑えるのも可能です。

都会で生活するとなると手取り20万では家族3人で生活していくのは厳しいのが現状。

都会で一人暮らしならどのくらいで生活できる?

1人暮らしだと、余裕を持ってと言うのは難しいですが、手取り20万あれば生活はできます。

  • 家賃:5〜8万円(1R、1K〜1LDK)
  • 光熱費:1〜1万5千円
  • 通信費:5千〜1万円
  • 食費:2〜3万円
  • 日用品:5千円
  • 保険料:5千円
  • 交際費や被服費:2万円

節約して大体このくらいでの生活が目安です。

本当に生活ができなくなる前にやるべき3つのこと

毎月、給料日前なると手元にほとんどないくらいギリギリの生活を送っていると、いつお金が足りなくなるのか不安でたまらないですよね。

急な出費や体調不良で収入が減ることもあり得ますので、今何とか生活ができていても、もしもの場合に備えておくのは大切です。

なので、本当に生活ができなくなる前にあなたができることを紹介していきます。

1.給料日までに必要なお金を計算する

給料日前にお金が足りない!生活できない!ってなってしまわないように1ヶ月分の給料でやりくりできるようにお金を振り分けて置きましょう。

全ての支払いを終えた残りのお金で1ヶ月やり過ごすために、

  • 食費 4万円
  • 日用品 1万円
  • 交際費 1万円
  • 被服費 1万円

といったように、変動費をあらかじめ固定して決めておきます。

決めた分以上は使わないようにして、1ヶ月単位でのやりくりが難しいなと感じたら1週間ごとに細かく必要なお金を計算する方法もおすすめです。

 

例えば、食費を4万円としたら、1週間に使えるのは1万円までと決めてそれ以上は使わないように心がけるだけでも生活できなくなる最悪な事態は防げます。

2.金策してお金を用意する

とは言え、全ての人が決められたお金でやりくりできるかと言えば、ついつい使ってしまい、生活費が足りないと嘆く人もいます。

そういった人は、今ある収入だけに固執せず、他で金策してお金を用意する方が合っているでしょう。

金策にも色々ありますが、中にはやってはいけない金策も存在します。

逆にお金に余裕がないならこれだけはやっておいた方がいいと言う金策を借金に使える金策・やってはいけない金策まとめ!返済生活をどうやって終わらせる?でまとめているので見ておいてくださいね。

3.実家に帰れるか打診しておく

万が一、自分だけではどうしようもなくなった時、実家に帰ろうかなと考えることもあると思います。

そんな時に「急に帰って親に迷惑をかけてしまう」なんてことにならないように、前もって生活が苦しいことを相談し、実家に帰るかもしれないことを伝えておきましょう。

その時には、親も心配してしまうので、実家に帰った際の仕事の計画や今後の生活をどうするかも合わせて伝えておくと良いですよ。

生活ができないからといってやってはいけないこと3つ

生活が苦しいときは、“今”に重点を置いて今の状況をなんとかしようと、後先考えずに行動してしまいがちです。

普段なら冷静な判断ができるはずが、余裕がなくなるとやってはいけないことにまで手を出してしまいます。

 

この先、例え生活ができなくてもこれだけはやってはいけないことを3つお伝えするので、頭に入れておいてください。

1.返せる予定がないのにお金を借りる

借金をしてしまうのは、それぞれ事情があるので仕方ないですが、返す目処が全くないのにその場しのぎで借りてしまうのは絶対にやめてください。

返せる予定がないのにお金を借りてしまうと、返済ができずにまた新たな借金を繰り返し、自転車操業になってしまいます。

返す目処がなければ、まずは上記で紹介した金策を試してみましょう。

2.闇金に頼る

いくら返せる予定があったとしても、闇金には手を出してはいけません。

法外な利息でとんでもない勢いで借金が増えてしまうので、気づけば返せる予定のものも返せなくなってしまいます。

もうすでに闇金で借りてしまった・・・というあなたは、今すぐに闇金専門の弁護士に相談して解決に向けて動きましょう。

闇金問題は、債務整理でさえどうすることもできません。

解決するには、闇金を専門として扱ってるベテランの弁護士に相談する以外に方法はないので、あなた自身が追い詰められない前に相談してください。

闇金専門のDuel法律事務所であれば、数多くの闇金問題の解決実績があり、闇金を専門として扱う弁護士が多数在籍しているので安心して任せられます。

ぜひ一度、早めに相談だけでもしてください。

闇金専門のDuel法律事務所に相談する

3.ギャンブルで一発逆転を狙う

この苦しい生活から逃れるためには、一発逆転しかない!と考える人も多いはず。

だからこそ、宝くじを買う人が沢山いるのも事実ですし、ギャンブル依存症になる人が多いのもまた事実。

 

ですが、一発逆転に賭けてギャンブルを始めるのは、お金を採取される入口の始まりです。

楽しむためでなくお金のためにギャンブルを始めてしまうと、負けた分を絶対に取り戻そうという気持ちが必ず出てきてしまうので、結果的に多くのお金を失ってしまいます。

1度ギャンブルにハマってしまったら辞めたくても自分の意思では辞めるのは難しいです。

もうすでに自分はギャンブル依存症かもと感じているなら〇〇で紹介している対策を試してみましょう。

無職なら生活保護も検討してみる

もし、事情があって無職になり生活ができないなら生活保護の相談に行きましょう。

生活保護の相談に行くと、生活保護以外にもあなたの生活を立て直す手段を色々と教えて貰えます。

住居すらない場合には、そう言った住居費用を無利子で借りれる制度もあるので、役所の福祉課に相談しに行ってください。

転職活動を始めるのもアリ

今の給料で生活がギリギリのあなたは、転職で年収アップを目指してみましょう。

「自分なんか給料がたくさん貰える職業になんか就けないよ」と考えて、現状の仕事でギリギリの生活を送っていてはもったいないです。

同じ仕事内容でも企業によっては高い給料のところもあります。

転職活動に自信がないあなたでも、キャリアアドバイザーに相談しながら最適な仕事を探せるマイナビエージェントを利用すれば、給料アップしつつ今よりいい条件の仕事に就ける可能性も高まります。

転職活動のプロが一緒に支えてくれるので、1人で転職活動を行うよりも心強く、より良い仕事に就けるんです。

キャリアアドバイザーの方は、多くの仕事を見てきているので、そのリアルな仕事内容や実際の募集内容と異なる点も把握していて、こんなはずじゃなかったという転職による失敗も防げます。

給料日前にカツカツの状態で苦しい状態から抜け出して、毎月きちんと貯金もしていきたいと考えているなら、相談してみてください。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

借金を抱えすぎて生活ができないなら債務整理

給料が少なくて生活ができないなら、転職活動や金策といった方法で解決できますが、借金による生活困難は債務整理で解決するのが得策です。

生活ができないほどの借金に追われて、借金に借金を重ねてしまうようであれば今すぐ債務整理をしましょう。

債務整理は大きな決断のように思われがちですが、任意整理といった利息だけ無くしてもらい借金の負担を軽くするような方法もあります。

何も自己破産のように全財産を整理して行う方法だけではありません。

無料債務整理シュミレーターでは、簡単な質問に答えるだけであなたに最適な債務整理の手段を教えてくれます。

1度シュミレーションしてみて、まだ任意整理で間に合うのか確認してみましょう。

自己破産した方がいいという結果になった場合でも、それこそ借金を解決する手段は債務整理しかないです。

あなたのシュミレーション結果をもとに、その条件に合った弁護士を紹介してくれますので、無料相談にて今の状況を相談してみて下さい。

>>無料債務整理シュミレーターはコチラ