いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

低学歴でも賢く転職!面接やアピールのコツを徹底解説

f:id:bun1125:20170604141553j:plain

「学歴フィルター」。嫌な言葉ですね。

一度でも就職活動を経験した方はこのフィルターの存在を嫌でも感じたのではないでしょうか。

「自分は低学歴だから必要とされていない」

「高校もまともに卒業していないから入れる会社が限られている」

など、悲観的な意見もよく聞きます。

 

しかし、今一度考えてみてください、これらの不安って本当にもともと自分の中にありましたか?

なんとなく周りから言われているうちに「世の中はそういうものなんだ」と思い込むようになってはいませんか?

 

断言しましょう、いまだに「学歴」にこだわっている企業は考え方が古いです。

事実として一般的に低学歴と呼ばれる人を採用している会社もありますし、逆に高学歴を取り揃えていたのに落ち目になっている大企業だってあります。

そこで今回は、学歴にとらわれない転職活動について考えていきます。

 

Fラン大学卒、高卒、中卒。本当に転職できるの?

この記事を読まれている方が一番気になる部分がここだと思います。

結論から言えば「もちろん可能」ですが、「自分自身で高いモチベーションを保つことが必要」ということを意識してください。

 

俗な表現になりますが分かりやすいので使わせて頂きますと、転職(就職)活動とはつまるところ「企業と求職者の間での合コン」のようなものです。

合コンで相手を選ぶとき、確かに最初は見た目や肩書などに注目するかもしれません。

しかし最終的に誰もが重視するのは「この人は自分の性格と合うだろうか?」という部分でしょう。

企業も同じで、面接や選考を行いながら「この人はうちの会社に合うだろうか?」を一番重視しています。

明確な目標を持っている、会社の理念にピッタリな人物こそが企業にとっては学歴などよりよっぽど価値があり、魅力的な人材なのです

「なんとなく転職するか!自分にはいくらでも仕事なんてあるだろう!」

といった姿勢は、合コンでいうならちょっとイケメンで高学歴だからといってチヤホヤされ、調子に乗っているようなもの。

 

企業の面接はこの姿勢では突破できません。

高いモチベーションが必要なのはこのためで、またこれが低学歴の方でもいい会社に受かったり、高学歴でもなかなか決まらなかったりすることのカラクリです。

なぜ低学歴だと転職が難しいのか?

とはいえ世間はまだまだ低学歴の方に対する風当たりが強いです。

何故なのか理由は多々ありますが、そのうち一つは「いまだに企業のトップにいる層の頭が固い」ということではないでしょうか。

かつて大学へ進学することは一部の頭のいい人に限られたもので、その時代での「大卒」は同世代の中でエリートでした。

このとき起業し、今日まで残っているような企業のトップには「大学を出ていなければ安心して仕事を任せられん!」といったエリート思考からくる頭の固い人が多いようです。

こういった考え方が会社に、社会に浸透していた時代が確かにありました。

低学歴というだけで転職活動が難しくなっているのはこの時代の空気感の名残でしょう。

 

しかし現代は違います。

大学が増え、進学率が高くなった結果生じたのは「大卒なのに使えない/頭が悪い」という層の出現でした。

つまり現代では昔ほど「大卒」といった肩書はプレミアを持っていませんし、さらに言えば大学4年間特に何もしてこなかった人より、同じ時間でキャリアを積んでいる人の方がよっぽど有能であることに多くの企業が気づき始めています。

低学歴でも転職しやすい会社の3つのポイント

前述した内容を踏まえたうえで、低学歴でも転職しやすい会社のポイントを3つピックアップしました。

1.実力/成果主義の社風

きちんと自分の出した結果を評価してもらえる。

こうした達成感を得ることは、単純に仕事をして生きていくうえで重要なポイントです。

一見すると「学歴」というものもこれまで出してきた成果の一つなので、低学歴とは相性が悪いように感じる方も多いかもしれません。

 

ただし「転職」となるとまた話は別。

前職でどんな経験をしたのか、何を成し遂げ、いかに結果を残したのか。

これらを評価してくれる会社への転職活動において、前の仕事での自分の実力/成果というものは学歴をはるかに上回る魅力として人事の目には映ります。

よって、社風が実力/成果主義の会社は学歴にあまりとらわれず、低学歴でも転職しやすいのです。

2.社員の平均年齢が比較的若い

これも転職先を選ぶときに意識すると良いでしょう。

理由は二つ。

一つは年齢が近いと育ってきた時代による価値観も近く、前述したような「大卒は一部のエリート」という意識が薄いため、低学歴であることへの偏見も弱い傾向にあります。

社員が若いと会社自体の考え方も新しく、学歴より「仕事ができるか」という点に重きを置いている場所が多数です。

また積極的に人材を求めていることもあり、転職を受け入れることに好意的であることもこうした若い企業ならでは。

もう一つは、「上司との年齢が近い職場は風通しが良い」ことが挙げられます。

転職活動を行う時だけではなく、いざ次の職場が決まった時にうまく馴染めるかということも考えると平均年齢が若いというのは大きなメリットです。

ただし業種によっては大ベテランの社員から教えを乞うことが重要になる場合もあります。

自分の行きたい業種がどうなのか見定めたうえで、いくつか転職先の候補がある場合の副次的な指標として活用しましょう。

3.ベンチャー企業

転職活動を行う際に候補として上がることも、最近では多いのではないでしょうか。

「安定していない」といった見方もあるようですが、そうであるが故に全員のモチベーションが非常に高い傾向にあります。

先に挙げた二つの要素を満たしていることも多く、また単なる新卒よりも実戦経験を積んだ人材を重宝していることもあり、転職活動を行う際にはねらい目です。

ただし、注意すべきことが一点。

まだまだ成長段階にあるベンチャー企業は、既存の大企業に負けじと強い野心を持ち仕事に励んでいます。

ですが、それが行き過ぎるあまりコンプライアンスがおざなりになってしまっているケース、これには注意が必要です。

サービス残業は無いか、有給がきちんと取れるのかといった点は他の企業のときより注意してきちんと調べておくことをお勧めします。

面接の際に気をつけること

「高いモチベーション」、今回の記事で何度も出てきたキーワードですが、それだけ転職活動においてこの部分が重視されるということは既におわかり頂けたかと思います。

そしてこの点を一番アピールできる場面が「面接」。

ここで自分の人となりが判断される以上、失敗は許されません。

以下は面接で失敗しないための基本的な注意事項です。

この三つは最低でも押さえておきましょう。

転職をする理由が後ろ向きではないか

当たり前のことのように思えますが、このミスを犯してしまうと一気に相手の心証は悪くなってしまいます。

以前の職場を辞め、転職する理由が「残業やノルマがきつすぎた」「人間関係が悪かった」「低学歴というだけで扱いが悪かった」…

といったことは、たとえ本音であろうと面接の場で伝えるべきではありません。

裏表がないという事は確かに美徳ですが、仕事をしていくうえではどうしても本音を隠し、建前を使わなければならない場面が存在します。

面接の場でこれが出来ないということは、学歴がどうであるといった問題以前に「社会人として危ない」のです。

本音で語り合うのは入社後。

面接の場ではあくまで前向きな理由を述べましょう。

付け焼刃の知識では通用しない

企業理念などを調べたり、その業界の知識を学んでおいたりすることは必須。

しかし面接の直前になって片手間に調べたような知識では絶対にボロがでます。

本気で転職を考え、なおかつその企業に入りたいという強い意志があるかどうか。

知識が浅いようではどんなに想いが強くても、そのことを証明する説得力に欠けます。

なにを聞かれても答えられるよう万全な準備をし、その熱意を伝えることができれば、低学歴であることなどそれほど大きなマイナスにはなりません。

逆質問の際に深くまで切り込めるか

一度は社会人を経験しているからこそ知っている事や、新卒とは違う目線があるはず。

逆質問の際にこれを活かしていかに深くまで切り込めるのか、ここは面接をする側も最も期待している部分です。

仕事内容についての質問だけに関わらず、例えば残業や転勤、有給消化率といった聞きにくい部分についても、以前勤めていた会社をうまく引き合いに出して質問することは転職活動だからこそ使えるテクニックです。

「今の職場は繁忙期の〇〇月は残業することがどうしてもあるのですが、御社は残業についてどのような考えをお持ちですか」

といった、なるべく角の立たない言い回しを覚えておきましょう。

低学歴の転職にはハタラクティブがおすすめ

f:id:bun1125:20170602145455j:plain

さて、ここまでにお話したことは転職活動の際に求められているポイントや、注意すべき点のほんの一例です。

もちろん参考にして頂けると幸いなのですが、この記事でご紹介できる内容だけではまだまだ不十分な点が多いかと思われます。

転職活動を個人で行うにはどうしてもどこかに限界があり、やはりプロからの直接的なアドバイスが必要。

学歴に自信が無い方が転職活動を行う場合に一番オススメなのは「ハタラクティブ」

最後はハタラクティブについて少しご紹介したいと思います。

ハタラクティブをおすすめする3つの理由

アドバイザーによる1対1の丁寧な対応

個別にカウンセリングを行うことで、希望や条件に合った最適な求人を紹介することができます。

自己分析や書類作成のアドバイスもマンツーマンのため、深く丁寧な対応が充実しています。

転職活動という一点にのみ注目するのではなく、今後の人生やキャリア設計まで含めた長期的な目線での相談も、マンツーマンであるからこそ出来ることです。

大変な面接の日程調整や、入社後のアフターフォローまで徹底しているのもハタラクティブならでは。

すべてのサービスが無料で受けられる

一見すると「ここまでのサービスが無料なんて怪しい…」と勘ぐってしまいそうですが、これにはちゃんとした理由があります。

始めの方に「合コン」といった表現を使いましたが、転職活動はつまるところ「仕事を探している求職者側」と「適した人材を必要とする企業」間での出会いの機会。

ハタラクティブでは、優秀な人材を求める企業側から紹介手数料として料金を得ているため、仕事を探している求職者側に無料でサービスを提供できるのです。

「合コンで男子がお金を出して女子に来てもらう」というとイメージが湧きやすいでしょうか、例えが悪くて恐縮なのですが。

こうしてきちんと利益を得ているのでサービスの質も高く、納得のいくまでプロから面接対策や書類対策をしてもらうことができます。

社会人経験の浅い若年層へ向けての求人多数

若年層への求人が特に充実しており、また20代専門のアドバイザーも就いているため、まだまだキャリアを積んでいない、またはフリーターを続けていた、といった方でも本当に自分に合う求人を紹介することができます。

厚労省の「若者キャリア応援制度」の受託事業者としての実績もあり、その質の高さは折り紙つきです。

他の求人サイトには載っていない非公開の求人情報も多数。

自分にピッタリな仕事が必ず見つかります。

まずはハタラクティブに無料登録を

転職活動には苦労がつきものです。

様々な情報がインターネットに溢れている現代、本当に必要な情報を知るためにはやはりその道のプロに聞くことが一番。

単に転職のためというだけではなく、ひとまず「今の職場の悩みを相談する」という目的でもハタラクティブのアドバイザーは親身になって協力してくれます。

仕事に対して悩みがある方、自分の学歴に不安がある方。

是非一度ハタラクティブに登録してみませんか?

>>ハタラクティブの詳細・登録はコチラ