いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

すげえなって思えば思うほど動けなくなる罠にハマっていませんか?

f:id:bun1125:20170628110222j:plain

こんにちはぶんたです。

フリーランスの人や、自分で事業をやっている人特有の悩みなんじゃないかと思うんですが、仲間というか同じ業界というか、感覚で生きている人たちが何かすごいことをすると「うわーやっぱあいつすげーな」って思ったりしませんか?

それと同時に、自分自身の動きが鈍化したり、場合によっては迷走、最悪の場合停滞してしまうなんてこともありますよね。

僕の周りでも結構こういう話は聞くのですが、みなさんはいかがでしょうか?

今回はそんな状態に打ち勝つためのコツを書いていきます。

 

行動力に差が出る理由

他人を見て、自分の動きに変化がある人はみんな全く同じ思考パターンに陥っています。

それは自分と相手の比較です。

すげえなって思ったあとに、それに比べて私は...みたいな感覚になってしまう人は多いですが、これがあるからみんな遅くなるんです。

人は基本的には相対評価の社会で生きています。

誰かが偉ければ誰かは偉くないんです。

誰しも必ずそう感じたことはあると思います。

 

「すげえな」で思考を止めるコツ

じゃあ、そうやって比較してしまうのをやめれば、行動力が落ちることはないはずなんですが、そうは言っても難しいでしょう。

僕も以前までは何度も何度も他人と比較してクヨクヨしてはその場しのぎの自分の答えを出し続けてきました。

これってすごく悪循環なんですよね。きっと「俺の方が絶対にすごい!」とか思ってるからこうやって無駄な動きが多くなるわけです。それに他人が気になるんです。

極論言えば他人と比較した瞬間にあなたは一生その人には勝てません。なぜって向こうはもう行動しているから。

 

じゃあ、どうすれば「すげえな」で止められるのか。

これには少しコツがあると僕は思います。

 

そもそも論ですが、すごい人はすごいし、すごくない人はすごくないんです。

あなたがなんと思おうが、それはあなたの主観であって、世間一般から見たらまた評価は違ってきます。

つまり、主観で相手と自分を見るから色々と比べてしまうんです。

違うんですよ。

社会は客観性で動いています。ありがたいくらいみんなの意見が反映され、残酷なくらいにみんなの罵倒は集中します。

こういった社会からの目で比べる力を付けてみてください。

「確かにあいつはすごいけど、社会的に見たらまだ成長過程だ。俺だって同じくらいかもしれない」

とか、

「あいつはまだまだだな。でも、周りからは凄く評価されてるし、やっぱり見方を変えるべきかも」

とか。

 

こういう風に考えられる限り客観的に物事を見ること。

すると、自分と比較することすらないので、「すげえな」で止まるんですよ。

 

成長する人は「すげえな」から「頑張ろ」に一瞬で変換する

で、さらに言うとですが、成長し続ける人は「すげえな」をそのまま「頑張ろ」に変換します。

そしてそのまま自分の原動力に変えていくんです。

これはどうすればできるのか。

 

答えは簡単で、周りに自分よりすごい人たちを配置すればいいのです。

そこはあなたの飛び込み力、もしくはマネジメント力次第ですが、とにかく自分よりすげえって思う人達に囲まれることです。

例を出すとTwitterなんかもそうですね。

タイムラインをすげえなって人たちだけにしてあとは全員ミュートにしてください。

毎日が劣等感の連続とそこから出る無限のやる気に満ちあふれますよ。

「俺なんか...」を「俺もがんばらなきゃ!」に変える。これだけで本当に毎日の頑張り度が変わります。

 

ちなみに僕は最近何が起ころうと全て「稼がなきゃ」に変えています。

僕のめちゃくちゃ尊敬している人がたった1人で稼いだ額が25歳で年収3000万越えてるんですよ。これ、本当すごいなって思うんです。人使う使わない云々とかはさておき。

それでいて親切丁寧でめちゃくちゃ面倒見が良いんです。僕は中学生の頃から憧れています。

そんなこんなもあって、25歳までにとりあえず年収3000万、月収250万を越えるって目標があるので、僕は稼がなくてはいけません。

どんなに辛いことがあろうと転換して稼ぐに変えないとなんです。だから稼ぎます。

だからとりあえず何があっても「稼ぐぞ」って言ってます。

最近周りから、その謎の転換力すごいよね笑って言われて気づいたのですが、本当毎日のように言っています苦笑

で、言えば人間気になってやるので、おかげで全てにおいてお金的な成長があります。

言葉ってすごいもんですよね、口に出すだけで変わるんですから。

 

周りを見る前に常に自分を見よ

とにかくこのようにネガティブになる前に変換するって大切です。

ネガティブになってしまうと案外ハマってしまうので、抜け出すまで本当大変なんですよ。

 

そんなわけで、まあいわゆるフリーランスあるある?的なの書いてみました。

お世辞ですごいですねーとかそういう話しますが、そんなことよりも先に自分をどうにかするところから始めようって話です。

そして、追いつかなきゃと思って追わないこと。

ジョブズも言ってますけど、相手が10本の花を意中の人に送ったからって15本送ろうと思った時点で負けなんです。

物量勝負はただのマウンティングであり、それを選んだ時点で負けになります。

マウンティングは自己満足で終わってしまって、質が悪いと自分がマウンティングしてることにも気づきません。

それでは一生その場からは動けないんです。

 

みなさんもそんな罠にはハマらないように。

周りを見すぎると返って自分に悪いですよ。

見るべきはいつまでも自分だけで、自分に正直に生きていくべきなんです。