四国カルストに行った。初めて星を撮った。行きたいと思った時に行くべきだなと思った。

「思い立ったが吉日」という言葉があるけれど、これって本当に素敵な言葉だと思う。

今やりたいと思ったら今やるのが一番いいというのは、その通りだなと思うし、そういった行動が許される環境は素晴らしいと思う。

 

今朝起きた時に「昨日といい今日といい、やけに外が暑いな」と僕は思った。

最近はとても寒くて、高知の山奥は夜はそろそろストーブが必要かなと思うくらい冷える。

特に天気が悪いと朝からびっくりするほど寒いのだ。

そんな、秋をすっ飛ばした冬の訪れを感じて「今年もコートの季節が始まるなあ」とか考えていた。

そしたら昨日から突然の晴天。

昨日はドライブに行ってとてもきもちがよかった。

でもこんなに暑い日はもうあんまり無いだろうなとも思った。

そう思っていたのに、今日も朝から晴れたんだ。

天気が悪い日が多かったから、こんなのまたとないチャンスだなと思って、夏にまだやれていなかったことをやり遂げる日にしようと思った。

 

今年の夏は盛りだくさんでこれでもかというくらいの夏成分を詰め込んでいた夏になった気がする。

きっと同じくらい遊んで感動することは早々ないんじゃないかな。

海に山にBBQに旅行に花火大会、夏祭り。山は毎日だけど、夏の山は少しだけ雰囲気が違う気がした。

でもなんだかんだ最後までやれていなかったことがあって、それだけが少し引っかかっていた。

これだけ夏を網羅したんだから、最後までモレなく夏を感じたかった。

そうやって思い残していた天体観測が今日ならできる気がした。

むしろ今日だけしかできない気がした。

 

高知と愛媛の県境に「四国カルスト」という場所がある。

僕は今年の夏に一度だけ行ったのだけれど、アルプスの少女ハイジのような景色が広がるきれいな場所だった。標高は1400mにも上る。

「ここで星とか夕日を見たら楽しいだろうなー」

そう思ってはいたものの、中々行く機会が訪れなかった。

うちから車で3時間近くかかるし、山道は1本道なのに長いし、とにかく行くのが面倒だったのもある。

それになぜかわからないけど、誰かとじゃなきゃ行けない気がした。

感動を共有できない景色は魅力が半減すると僕は思う。

 

そんな四国カルストに今日なら行けるんじゃないかと思った。

あいにく急すぎて連絡した人達はみんな行けなかったけど、なんだか夏が今日限りで終わってしまう気がして、どうしても行きたかった。

明日じゃダメだった。今日じゃなきゃ夏は終わってしまう気がしたんだ。

だから、なんとか自分を奮い立たせようと車のオイルを交換しに行き、カメラも整備し、車に布団とコートを積んで僕は1人で四国カルストに行くことにした。

ただ、たまたま行く直前に1人だけ連れていくことができたので内心ホッとしたけれど。

 

そして出発。

なんとか日の入りに間に合うように昼間に家を出たけれど、結局30分くらい間に合わなかった。

でも、また四国カルストに景色を見に行く用事ができたってことだし、それはそれで良かったと思う。このくらいのスタンスの方が小旅行のアクシデントも楽しめる。

f:id:bun1125:20170926220203j:plain

着いてすぐ、夕陽がギリギリ落ちきる前の夕景。

めちゃくちゃきれいだった。

きれいだったし、ファインダーの中に切り取るだけで、景色がこんなにもきれいになるんだなと改めて実感した。

f:id:bun1125:20170926220327j:plain

その後はひたすら写真を撮った。

夜の写真を撮るのは初めてだったけど、とても楽しかった。

当然、外灯も何もないまっくらな場所なのでシャッタースピードをできるだけ遅くする。

夜の写真を撮る時はシャッタースピードを落とすと光を吸収してくれるので暗くても写すことができる(らしい)。

三脚に設置し、切り取る景色を決めて、20秒待つ。

もちろん、「どんな景色が撮れるかな」とわくわくしながら。

f:id:bun1125:20170926220611j:plain

思った通りの風景が撮れると最高にきもちいい。

ピントがブレてしまっても、もう一度挑戦しよう!と余計に楽しくなってくる。

テントを貼っている一組の若者と僕だけの草原で飽きるまで写真を撮り続けた。

f:id:bun1125:20170926220700j:plain

それで今、満足して車に戻ってきて最高にきもちのいい状態でブログを書いている。

落ち着いているけれど、びっくりするくらいテンションが高い。

最後の夏まで搾り取ることができたんだ。

f:id:bun1125:20170926220812j:plain

今日僕はこうして突然やりたいことをやってみた。

緊急の仕事はなかったけれど、タスクはいくつかあったので明日はきっとPCの前から動けないだろう。

それでも良いと思えるほど、僕はここに来て満足している。

やっぱり行きたい時に行くべきだし、やりたいことはやりたい時にやるべきなんだ。

それだけでストレスは無くなるし、最高に良い気分で人生を謳歌できる。

 

僕は昔から旅行や遊びの計画を立てている時が一番楽しいタイプだった。

で、実際その計画通りに事が運んでいる時はあまり楽しくないという。

こういう人結構いると思う。

 

でも、最近割と自由に過ごしていて思ったことは、やりたい時にやりたいことの計画をサクサク立てて、そのまま同時進行で流れるようにやり遂げた時の方がもっと楽しいんだなって気づいたんだ。

行きたいと思った瞬間がたぶん過去と未来を含めて一番行きたい気持ちが最高潮な時で、時間が経つにつれ、どんどんその気持ちは薄れていく。

だから旅行なんかも行きたいと思った時に行って、そのまま行きたい気持ちを消化してあげる方がきっと楽しい。

行きたい気持ちは「今行きたい」のであって、「いつか行きたい」わけではないんだ。

こうやって「今やりたいこと」を叶えれば叶えるほど、人生は充実していく。もっと楽しくなっていく。

 

さて、明日はどんなことをしようか。

きっともっと、楽しいはずだ。