いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

子供が熱で仕事を休むのは当たり前!悪く思われない会社への連絡方法

f:id:bun1125:20170626160908j:plain

  • 「子供の体が弱いせいか、今月も風邪を引いてる…」
  • 「仕事は休みたくないけれど子供の体調が…」
  • 「明日も出勤なのに、子供が急に高熱を出した!」

仕事をしている親にとって、子供の突然の発熱や病気、ケガ等で仕事を休まなければならないなんてことは日常茶飯事ですよね。

特に子供が小さいうちは、幼稚園や保育園で病気を移し合うこともしばしば…。

「出勤するか欠勤するか…。」

「休みたいけど、会社へは何て報告したらいいかな?」

こういった悩みを持つ方も多いと思います。

子供を放っておくこともできないし、早く安心させてあげたいですよね

 

今回はそんな悩みを持った方のために会社に悪く思われない連絡方法をまとめました。

もし同じ悩みを持っている方はぜひ読み進めてみてください。

 

仕事よりも家族を優先すべき!

子供の病気で仕方がないとはいえ、仕事を急に休むというのは社会人として気が引けますよね…。

しかし、もし仮に子供の発熱時に出勤したとしましょう。

お子さんが心配で仕事どころではないですよね?

それに、子供を無理矢理預けたことによって、病気がさらに悪化したり、せっかく出勤したのにすぐに連絡が入り、早退…なんてこともあり得ます。

そうなると、会社だけではなく、幼稚園や保育園にも迷惑をかけてしまい兼ねません。

そういった自体を避けるためにも子供の体調が悪い時に無理に出勤することは絶対にやめましょう。

悪く思われない電話の伝え方

「そうと決まれば、すぐに会社へ連絡しなくては!」

しかし、会社への休みの連絡は誰でも億劫な気分になりますよね。

「欠勤理由を上手く伝えられなかったらどうしよう」「申し訳ない気持ちが上手く伝わらず、信用を損なってしまったらどうしよう」と悩む親御さんも多いのではないでしょうか?

会社への欠勤報告は、メールやLINEではなく、電話で行うのが一般的。

口に出しづらいなと気分の落ち込んでいるあなたに、欠勤する際に悪く思われない電話の伝え方について、ポイントをまとめてみました!

謝罪と配慮を忘れずに

いくら仕方がないとはいえ、仕事を休むということに変わりはありません。

理由がなんであろうと、欠勤は欠勤。

開き直ったりはせずにしっかりと謝罪の意を伝えましょう。

当日の仕事の段取りやスケジュールなど、仕事で大事なこと、報告すべきことも伝えられると尚良いですね。

そして、「お休みを頂いてもよろしいでしょうか?」などと、伺いを立てることも大切です。

伺いを立てることによって、他人への配慮が伝わり、信用へと繋がるのです。

理由を明確にする

社員の欠勤理由は、会社側からもとても気になることです。

まずは、

  • なぜ仕事を休むのか
  • どのような状況なのか
  • いつまで休むのか

以上の3つを明確に伝えましょう。

又、その後に病院に行った際は、診断内容の報告も必須になってきます。

例えば、インフルエンザでしたら長期の休みが必要になりますからね。

伝える順番は「配慮→理由→伺い→報告→配慮」の順で

上記のポイントを踏まえた上で、悪く思われない欠勤の報告方法を、配慮→理由→伺い→報告→配慮の順で、伝えていきましょう。

まず最初は

  • おはようございます。○○です。お忙しい時間に申し訳ありません。実は昨晩から子供が熱を出していまして、今朝になっても改善されませんので、今日はお休みを頂いてもよろしいでしょうか?
  • おはようございます。○○です。急で申し訳ありませんが、子供が熱を出してしまいまして、今日はお休みさせて頂いてもよろしいでしょうか?

というように、配慮と理由、伺いを立てます。そして欠勤の了承を得たら

    • ありがとうございます。本日の勤務内容なのですが、○時に○○様とのお約束がありまして、この件に関しましては△△さんにお願いしてあります。通院後、またご報告させて頂こうとは思いますが、もし何かありましたら、ご連絡頂けると幸いです。大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。宜しくお願い致します。
    • ありがとうございます。本日の勤務は△△さんにお願いする予定です。仕事のことで不明な点などありましたら、ご連絡をお願い致します。ご迷惑をおかけしてすみませんが宜しくお願い致します。

などと、報告をし、配慮の意を伝えることによっで、悪く思われるなんてことはまずないでしょう。

子供のことを考えてくれない会社はすぐに辞めるべき

“結婚しても共働き”というスタイルが主流になってきた今では、子育てと仕事の両立に理解のある会社は少しずつですが増えてきています。

しかし、その一方で「無欠勤で毎日一生懸命働いている方からの風当たりを強く感じる」「上司や部下から冷たい視線を感じる」などといった会社が未だにあるのも事実。

ですが、子供が熱を出すというのは当たり前のことです!

大人のマナーを踏まえた上で、しっかりと報告しているにも関わらず「毎度のように嫌みを言われる」「仕事を大幅に減らされる」「明らかに他の社員とは異なる差別を受けている」なんてことがあるのであれば、その会社はすぐに辞めるべきなのかもしれません。

子供を持つ親として、会社選びも重要な責任です。

まずは子供が悲しまない仕事に就けるよう考えていきましょう

次はコチラをどうぞ!

転職サイト20選おすすめ比較ランキング!登録して評判を徹底調査してみた