いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

23歳で転職ならまだ間に合う!第二新卒で転職を成功させる方法を徹底解説

23歳は高卒なら就職して5年、専門・短大卒なら3年、大卒なら1年。

仕事の経験が増え、自分の仕事のことはかなりわかってきたのではないでしょうか。

そんな中で今の仕事にこんな悩みを抱えている人もいるかもしれません。

  • これが本当に自分のやりたい仕事なのだろうか?
  • 思い描いていた仕事のイメージと違う
  • どうしても苦手な上司・同僚がいる
  • 憧れの業界だったけど実はブラックだった
  • 残業は増えるのに年収はぜんぜん増えない

こうした悩みの中で「転職」を考え始める人も増えています。

一方で「3年は職歴を積むべきだ」「日本では転職できる回数は限られている」なんてことも周りから言われているでしょう。

そのため、実績や職歴の少ない自分に転職ができるのか、今転職をしていいのか、不安に感じている人も多いですね。

 

しかし、実際は20代前半の転職はとても積極的に採用が行われていて、ポイントさえ押さえておけば23歳での転職なら十分成功させることができるんです。

今回の記事では、そんな20代前半の転職の悩みや不安を1つずつ解決しながら、具体的な転職活動のポイントや転職を検討する際に絶対にするべきことについて徹底的に解説しています。

転職活動を成功させたい方、転職に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

23歳で転職を考えるのは早い…?

f:id:bun1125:20170912001122j:plain

23歳は「経験の少なさ」や「実績のなさ」「スキルのなさ」から、まだ転職を考えるには早いと言われることもあります。

こうした意見を聞いて「3年くらい職歴を貯めてから転職を目指したほうが有利かな」と迷ってしまうこともあるでしょう。

確かに経験や実績、スキルといった面では、23歳の時点では物足りない場合が多いのも事実です。

 

しかし、果たして世の中の全ての企業が実績のある経験者やスキルの豊富な人材を求めているのでしょうか。

もちろん、そんなことは決してありません。

20代前半の若い人材、ポテンシャルを持っている人材に重点をおいて採用活動をおこなっている企業も数多くあります。

最近は、こうした人材は「第二新卒」と呼ばれて、第二新卒を採用する企業は数字の上でもかなり増えています。

23歳での転職は第二新卒を欲している企業とうまく巡り合えるかどうかが大きなポイントになっていて、それができれば転職の成功は大きく近づきます。

つまり23歳での転職はまったく早いわけではなく、企業によってはむしろ早く出会えたほうが有利になることもあるのです。

就職する前と就職した後で会社の見え方が違うのは当たり前

f:id:bun1125:20170912001747j:plain

当然のことながら、入社前に思い描いていた会社のイメージと、入社してから見える会社の業務の実態は、違ってくるものです。

特に新卒で入社した会社は、入社前のイメージとリアルな実態にはどうしてもギャップが生まれてしまいがちです。

新卒での就活は企業の知名度や業界の憧れなどで就職を決めてしまうことが多々あるからです。

これは多くの先輩社会人の方が経験されていることでもあります。

例えばこんなギャップをあなたは経験していませんか?

  • 総合職での入社後、配属で自分のやりたい仕事内容ではない部署で働くことになってしまった
  • 土日は休日のはずだったのに営業店での仕事に回されて土日勤務になってしまった
  • 社内の平均年齢が高く、新卒入社してもキャリアアップがなかなかできない
  • 有給休暇や産休育休の取得が難しく、自分の時間が取れない
  • 体育会系な社内風土で、伝統的な価値を重んじるので、自分の意見が通らない

こういった悩みは入社前と入社後のイメージのギャップから生まれる問題ですね。

「仕事内容や配属に関すること」「キャリアパスや成長環境」「社内風土や人間関係」といった内容が多いことがわかります。

初めての就職で、上記のような具体的な勤務実態を踏まえて会社を選ぶことはかなり難しいんですよね。

だからこうした会社の見え方に違いが出てくるのは当たり前だし、ある意味仕方ないことなんです。

 

しかしこうしたギャップを入社後ずっと抱えたままにしておくと、強いストレスになり、我慢を重ねることになってしまいます。

自分に合わない環境で我慢を重ねて働き続けることはあなたのためになりません

合わない会社に就職してしまうことは仕方ないですが、自分に合わない環境で我慢を続けるのは、かなり危険です。 

我慢して働き続けるとどうなるか?

f:id:bun1125:20170912002533j:plain

では実際、このまま我慢して働き続けるとどうなるのでしょうか?

我慢すればストレスが溜まり、そのストレスはやがて様々な悪影響を及ぼします。

多くの人は軽視しがちですが、以下では実際に起こりうる自体の具体例を挙げたので目を通してください。

鬱になって社会復帰できなくなる

自分に合わない環境で我慢して働き続けると、最悪の場合、鬱になって社会復帰できなくなることが考えられます。

これは大げさでもなんでもなく、合わない環境での仕事はもっとも鬱を引き起こす引き金になりやすいものの一つです。

例えばとある会社のうつ病患者500人へのアンケート調査によると、鬱の原因として本人が挙げた理由のトップ3は「仕事上の人間関係」「仕事の業務量が過多」「仕事内容への不満」とすべて仕事に関するものでした。(参考:うつ病特集 うつ病500人に聞きました-発症の原因、休職の実態- - Yahoo!ヘルスケア

うつ病の原因は簡単にひとつに特定できるものではないので、これが唯一の原因であるとは言い難いですが、仕事が大きく関係していることは間違いありません。

仕事は自分が豊かに生きるための手段の一つです。

我慢して働き続けて精神を病んでしまっては元も子もありませんよね。

嫌々続けても昇進できない

例え鬱にならなかったとしても、嫌々働き続けていてはその会社で昇進することは難しいでしょう。

昇進するためには上司から昇進に値すると評価される必要があります。

そして評価をされるためにはやはり目に見える結果を出さなければなりません。

結果を出すのはもちろん簡単ではありません、仕事に熱中して取り組む必要があるでしょう。

なんとなく取り組んでいて結果が出るほど仕事が簡単であるならば、そもそも仕事で悩むことはないでしょうから。

 

つまり、熱中して取り組むことが結果を出すためには、ひいては昇進するためには、必要なわけです。

嫌々仕事を続けていても、どんどん仕事がつまらなくなるだけで、いつまでたっても昇進できないでしょう。

もしかしたら後輩が先に昇進していくかもしれませんし、業績が悪化したらクビになるかもしれません。

人生の多くの時間を費やす仕事が、そんな苦しいものになってしまうのは、やっぱり避けたいですよね。 

昇進できなければ給料も少ないまま

昇進できなければ、当然のことながら給料も上がりません。

給料が少ないままだとできることは限られてしまいます

恋人と旅行に出かけたり、おいしいものを食べに行ったり、ちょっといいプレゼントを買ってあげることもできなくなってしまいます。

普段の生活でもいつまで経っても憧れの部屋に引っ越すことができませんし、趣味にお金を費やすこともできません。

給料が増えないと自分のできることはいつまで経っても増えません。

 

実際、現状抱えている悩みや不安の多くはお金があれば解決できることばかりです。

仕事はお金のためだけのためにやっているのではないかもしれませんが、お金があることで多くのことが実現できるのです。

我慢して自分に合っていない仕事を続けても、自分の生活を豊かにするチャンスも失ってしまいます。

家庭を持てるかも怪しくなる...?

今後、20代後半、30代と年齢を経ていくと、結婚を見据えてお金を貯めたり、家を買うための貯金を始めたり、子育てのためのお金が発生したりと、必要になってくるお金が増えてきます。

給料が少ないままではこうしたお金を準備するのもままなりません。

仕事を嫌々続けて、昇進もできないままだと、家庭を持てるかどうかも怪しくなってしまうんです。

家庭を持ちたいと思った時に、お金が原因で家庭が持てないなんて、かなりつらいですよね。

そうした事態を防ぐためにも、自分に合っていない仕事を我慢しながらこなすのではなく、よりよい環境を求めてはやめに動き出す必要があるのです。

20代ですぐに辞めて転職する第二新卒とは何か?

あなたは「第二新卒」という言葉をご存知ですか?

「学校卒業後1~3年で、転職や就職を目指す求職者」のことで、25歳前後の転職希望者を指すことが多いようです。

新卒で就職した後、早い段階で辞めて転職をする人材を指すわけですね。

新卒ではないけれど、それに準ずるような「第二」の「新卒」的な求職者。

それが第二新卒なわけです。

この第二新卒ですが、近年採用の現場において、かなり注目されている存在なんです。

採用もかなり活発に行われており、あなたが第二新卒に該当するならば、転職はかなり狙い目です。

第二新卒なら転職活動はめちゃくちゃ余裕!

f:id:bun1125:20170912002800j:plain

もし、あなたが23~25歳までの年齢で転職を試みているのであれば正に第二新卒に当たりますね。

最近は第二新卒を欲しがる企業も増えていて、転職自体はめちゃくちゃ余裕です。

最初の会社と同じ過ちを犯さないように、お目当ての企業を見つけてみてください。

第二新卒で転職する人はとても多い

実は第二新卒で転職する人って、かなり多いんです。

厚生労働省の調査によると、ここ10年ほど、新卒で就職した人の約3分の1は3年以内に離職する状況が続いています。
(参考:新規学卒者の離職状況 |厚生労働省

また平成23年のデータでは、20-24歳の年齢において、就職した人のうち転職で就職した人は男性で14.7%、女性で13.7%となっています。
(参考:平成23年雇用動向調査の概要|厚生労働省

つまり10人に1~2人ほどは転職をしている計算になります。

この年代での転職者はほとんどが卒業後1~3年の「第二新卒」に該当する人材です。

そう考えると、23歳で仕事に就く人の1割以上は第二新卒の転職活動を経て転職しているだろうと考えられます。

 

また、企業側でも第二新卒の採用の動きは活発化しています。

中途採用の実績のある企業では6割以上が第二新卒の採用に積極的な姿勢を示しており、今後採用を強化していく意思があるというデータもあります。

ここまでのデータを見ただけでもかなり第二新卒の転職が盛り上がっていることがわかりますよね。

 

では、なぜ企業はそれほど第二新卒の採用に積極的なのでしょう。

それは、第二新卒者の採用は企業としてもメリットが多いからなんです。

第二新卒は新卒で厳しい入社試験を潜り抜けて入社を果たしているため、ある程度の能力が保証されていると言えます。

また短期とはいえ一度は社会人経験を積んでいるため、基本的なビジネスマナーなどは身に着けていると考えられるため、業務を効率的に教えることができるのです。

その一方で、同じ転職でも即戦力となるような年配の転職者は自分の流儀やプライドを持っていることが多いんです。

 

しかし、第二新卒の転職者はそうした偏りがないため、会社の文化や組織になじみやすい、というメリットもあります。

つまり、経験が多くないからこそビジネスの吸収が早く、かつ最低限の能力は持っている人材として、注目されているのです。

そうしたメリットをうまくアピールできれば、活発に採用が行われている第二新卒での転職は「めちゃくちゃ余裕」ともいえます。 

時間は有限!今の会社にいるくらいならすぐに転職すべき!

第二新卒での転職はいかにメリットが大きいかお分かりいただけたでしょうか。

もしあなたが少しでも転職しようかと悩んでいるのなら、一刻も早く動き出すべきです。

なぜなら時間は有限だからです。

今の会社で我慢を重ねながら、不満をもって嫌々働き続ける間にも、刻々と時間は過ぎていきます。

どんどん「若さ」という武器を失っていきます。

第二新卒は「若さ」をポテンシャルとして評価されているため、動き出すのであれば少しでも早いほうが良いわけです。

第二新卒の採用活動が活発に行われている今は正直チャンスの時期です。

これがいつまでも続くのか分かりません。

チャンスがある今、ぜひ行動することをおすすめします。

第二新卒の転職に転職エージェントをおすすめする理由

f:id:bun1125:20170602193158j:plain

さて、いくら第二新卒の転職が簡単だとは言え、20代での転職には不安がつきものです。

23歳で転職を行う場合、多くの人は初めての転職活動を経験することになります。

 

しかし、転職活動を成功させ、仕事を開始するまでには想像以上に多くの交渉や手続きが必要なんです。

例えば…

  • 退職願いの提出や保険・年金・税金関係の手続きなど、退職に関わる手続き
  • 転職先での給与・年間休日数などの雇用条件の交渉
  • 入社に関わる手続き

などなど、これらの全てを自分で調べて、判断して、ひとりで進めていくのは、不安だというのが多くの人の本音ではないでしょうか。

ところがこうした転職活動に関わる面倒な手続きを全て代行してくれるサービスがあるんです。

退職や給与交渉まで転職に関わることを全てサポートしてくれる! 

それが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

登録すると、完全無料で企業紹介から面接のセッティング、さらには給与交渉や退職の手続きまで、転職に関わるあらゆることをサポートしてくれます。

転職活動の一人ではわかりづらい部分、進めにくい部分を全てサポートしてくれるのですね。

初めての転職活動では転職エージェントのサポートはかなり強力で、本気で転職を目指すならほぼ必須といってもいいでしょう。

登録すれば転職の専門家がつくので、転職活動がスムーズ!

転職エージェントに登録すると、転職の専門家が担当者として個別につき、アドバイスをしてくれます。

 

まず登録を行うと数日のうちに担当者から電話などで簡単な状況ヒアリングの電話が来ます。

その後、転職希望者のパーソナリティーやこれまでの仕事のキャリア、将来設計などを含めた詳細な面談が行われることが多いようです。

なんと業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが配置されている転職エージェントも多く、業界ごとの細かな具体的な情報も得ることができます。

求人票には載っていないような、社風や詳細な職場環境、入社後のキャリアパスなどに関して情報を得ることができれば、自分に一番合った転職先を選ぶことができますよね。

どんなに調べても見つからないような、とっておきの情報を惜しみなく提供してくれるんですね。

 

こうして面談を経て、次は応募先企業を決定していきます。

この際には「なぜ転職をしたいのか」「転職によって何を実現したいのか」といった本質的なことまで踏まえて応募先企業を一緒に考えてくれます。

自分一人ではあやふやにしがちなことも、転職の専門家がついてくれることでしっかりと言葉にして考えることができるんですね。

職務経歴書などの応募書類に関しても、しっかりと添削を行ってくれるため、自信をもって選考に臨むことができます。

 

また、内定が決まった後も、待遇や労働条件などに関して交渉が必要になってくることがあります。

なかなか自分の希望を伝えにくいような場合にも、相談をすれば転職エージェントが企業と交渉を行ってくれます。

 

このように転職エージェントは、登録をしておくだけで、多くの手続きや交渉において、専門家が専門的な知識に基づいて的確なアドバイスをくれるため、転職活動をストレスなく、スムーズに行うことができます

転職エージェントにも大手の求人は多数ある!

転職エージェントは企業の求人に関する情報を多数保有しています。

そして転職希望者から相談があった場合、保有している情報の中から、転職希望者に合った案件を紹介します。

転職エージェントの紹介する求人には大手の求人なんてなかなかないと思う方もいるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

転職エージェントの持つ求人には、大手の求人情報も多数あります。

さらに、中には普通の転職サイトとは違い、転職エージェントを利用した場合のみ応募できる非公開求人に応募することができる場合もあります。

 

ではなぜこれほど様々な企業が転職エージェントを採用活動に活用しているのでしょう。

それは、企業にとっても転職エージェントを介するメリットが大きいからなんですね。

転職エージェントは数多くの転職希望者の詳細な情報と、数多くの採用活動をおこなう企業の情報を持っています。

それらの両方を比較したうえで転職エージェントが紹介してくれた転職希望者は、自社の求める人材に適した人である可能性が高いため、安心して選考を行うことができます。

そのため、企業の規模の大小にかかわらず、積極的に転職エージェントを活用して採用活動をおこなう企業が多いのです。

それほど転職エージェントは多くの企業から信頼されているんですね。

転職エージェントなら転職活動の悩みを全て解決

f:id:bun1125:20170827170453j:plain

転職エージェントを活用することで転職活動の悩みは全て解決できると言っても過言ではありません。

ここでは23歳での転職でのよくある悩みについて転職エージェントをつかって具体的にどのように解決することができるのかお答えしていきます。

Q.特にスキルが無くても本当に転職できますか?

はい、もちろん可能です。

確かにスキルがあればプラスアルファを持つ人材なんだな、ということで評価はされます。

しかしそれは採用を決める際のものさしのあくまでひとつにすぎません。

スキル以上に重要なものさしというのは採用の現場にはたくさんあるんです。

 

例えば、「コミュニケーション能力」や「仕事への熱意」は企業の採用の際に非常に重要視されます。

端的に言えば採用担当者がこの人と一緒に仕事をしたい!と思うかどうかが採用の結果を左右します。

スキルというのはそう思うかどうかの切り口の一つでしかありません。

20代前半の「第二新卒」と言われる人材の採用を積極的に進めている企業は増えてきていますが、そうした企業はスキルよりも「若さ」や「ポテンシャル」を期待しています。

その企業が何を求めているかによってどんな人材が適しているかは変わってくるわけです。

目の前のスキルよりも将来その人材が成長して能力を発揮してくれるというポテンシャルを求めている企業とマッチングできれば、転職は十分可能です。

転職エージェントはそうしたポテンシャルを個人個人に沿った形で見つける手伝いをしてくれます

そして個々の人材にマッチした企業を紹介してくれます。 

Q.今の会社を辞めて迷惑をかけないか心配。

会社を辞めることで迷惑をかける心配ができるあなたは相手のことを考えられる素晴らしい人です。

しかし会社を辞める際に迷惑を全くかけずに退職することはなかなか難しいことです。

 

そんなときに転職エージェントは、今の会社を退職する際のサポートもしてくれます。

退職に関わる各種の手続きを支援してくれるため、スムーズに会社をやめることができます。

また必要であれば円満退社をするためのコツやそのために何をするべきかといった具体的なアドバイスまでもらうこともできます。

迷惑だろうなあとひとりで悩んでいても仕方ありません。

転職エージェントを使えば、何度もそうした状況に対応してきているプロと相談しながら進めることができるので、かける迷惑を最小限にすることができます。 

Q.自分に合った会社にちゃんと転職できますか?

転職エージェントでは応募先の企業を決める際に、あなたのパーソナリティやこれまでの経歴などをしっかり聞き取っていきます。

この過程で、仕事に対して何を求めているのか、どういう環境が最も適しているのかを念入りに深堀していきます。

その結果を踏まえて、エージェントの持つ数多くの求人情報の中から、最もその人に適したものを紹介してもらえます

転職エージェントは求人情報の専門的な知識と、あなたについての詳しい情報を客観的に比較してくれるプロなわけです。

そうしてプロが紹介してくれる求人であれば確実に自分に合った会社に就職できます。

ひとりではなかなか把握できない具体的なことまで照らし合わせて転職先を決めていく手厚いサポートが受けれるんですね。

Q.3年は働けって言われてるけど…

日本ではとにかく三年は働かないと職歴に傷がつく、と言われたりします。

しかし第二新卒が積極的に採用されていたりと、その状況はかなり変わってきています。

転職エージェントは第二新卒や20代前半の転職者向けの求人情報も多数持っています

ひとりで転職をしようとなるとそうした求人を探すだけでも一苦労ですが、転職エージェントなら、スムーズに実際の転職の段取りを進めることができます。

ポテンシャルを持った人材を採用することを重視している企業に対して、どのようなアピールをしていくべきなのか、といった具体的な作戦も転職エージェントと相談しながら勧めていけば、3年などという縛りは関係なく十分転職を成功させることができます。

20代第二新卒におすすめの転職エージェントはコチラ

f:id:bun1125:20170710221007p:plain

転職エージェントはいくつも存在するため、自分に合った転職エージェントを探すのも重要です。

しかし、すべてを自分で比較するのは時間ばかりがかかってしまい、大変です。

そこで20代向けのおすすめの転職エージェントを3つに絞って紹介します。

20代は転職が初経験の方が多く手順や交渉に慣れていないことが多いため、特に手厚いサポートがある転職エージェントや、20代の転職実績がある転職エージェントを選ぶのがオススメです。

 

また、それぞれの転職エージェントが扱っている求人広告はサイトによって違うため、とりあえずまずは複数の転職エージェントに登録しておくと良いですよ!

それでは以下からおすすめの転職エージェントを見ていきましょう。 

20代の転職求人多数マイナビエージェント

f:id:bun1125:20170602112807j:plain

マイナビエージェントはサイトを見てすぐに気づくように、「20代」や「第二新卒」という言葉を前面に押し出して、20代の転職をサポートする姿勢を積極的に打ち出しています。

その言葉通り、20代向けの転職求人の掲載数はダントツで多いです。

自分に合う仕事を模索している方にとっては掲載数は多いほうが多くの可能性の中から自分に合う仕事を見つける可能性が高まります。

なので、掲載数の多いマイナビエージェントは20代の転職にはかなり強い味方になってくれます。

「エージェント」と呼ばれる自分の専任のアドバイザーがついてくれるため、しっかりと自分に合う仕事を選ぶサポートをしてくれます。

エージェントは業界や職種別にチームを編成しているため、業界・職種に精通しているプロぞろい。

業界最大手の信頼感があるため、安心して任せられるのもマイナビエージェントの良い点です。

自分の可能性を探りながら、しっかりとしたサポートを受けたい方には、マイナビエージェントはかなりおすすめです。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

転職成功率の高いリクルートエージェント

f:id:bun1125:20170602114556j:plain

リクルートエージェントは、上記のマイナビエージェントに並んで業界最大手の転職エージェントです。

ここの特徴は普通の転職サイトには載っていない非公開求人が約10万件も備えられているというその求人案件の強さ。

大手であることの強みを生かして、それぞれの企業との太いパイプを持っており、他の転職エージェントでは獲得できない求人を獲得しています。

求人の約90%が非公開であるため、本当に自分に合った求人をじっくりと検討することができます。

また土日祝日や平日20時以降も電話相談が可能なほか、全国にある拠点で面談をしてもらうこともできます。

こうした求人案件の強さやサポートの厚さから転職成功実績がなんと業界No.1なんです。

とにかく転職を成功させたい方には絶対に登録しておいて損はない転職エージェントです。

>>リクルートエージェントの詳細・登録はコチラ

年収アップ率71%のtype転職エージェント

f:id:bun1125:20170602120137j:plain

転職で年収アップを実現したいなら、type転職エージェントは必ずチェックしておきたい転職エージェントです。

type転職エージェントを活用して転職した人のなんと約71%が年収アップに成功しているんです。

「年収」という指標で見た場合、最強の転職エージェントと言えます。

 

それではなぜこれほど高い割合で年収アップの転職を実現できるのでしょうか。

その秘訣は「転職市場を知り尽くした専任アドバイザー」の存在にあります。

専任アドバイザーは業界や職種ごとの専門知識を持っているプロです。

彼らはあなたを一番強く必要としている企業、つまり一番高い給料を払ってもいいと考える企業と、あなたをマッチングすることに長けているんですね。

 

今の仕事では埋もれているあなたのスキルや強みを正しく評価して、マッチングを実現してくれると定評があります。

なかなか口にしづらい年収交渉も任せることができ、納得の転職を実現できます。

>>type転職エージェントの詳細・登録はコチラ

転職エージェントを使って転職した人達の声

これまではスポーツクラブで運動指導や運営業務、会員のお客様を増やすための営業活動をしていました。

体力に限界を感じて転職を決意したのですが、本格的な営業経験がなく、どうしたらよいのかと思いキャリアアドバイザーの方に相談することにしました。

面談の中でこれまでの経験を丁寧に整理して頂いた結果、「人と信頼関係を築くのが得意なところ」が強みだと自覚することが出来ました。

強みが整理できた後は、面接でどのようにして強みをアピールすればよいのか対策をして頂き、その結果、キャリアコンサルタントとして新たなキャリアをスタートさせることが出来ました。

年収も以前より50万円UPし、労働環境も改善されたので大満足です。

(type転職エージェントより引用)

 

よりグローバルな環境で仕事がしたいと思い、転職活動を始めました。

家庭があるため年収ダウンは避けなければならず、事業内容も限定していたため転職活動は難航するかと思っていたのですが、これまで活かせていなかった英語以外の語学力に注目して頂き、それを活かせる企業をご紹介頂きました。

語学力といえば英語というイメージが強く、他の転職エージェントでは英語を活かせる企業を紹介されることが多かったのですが、type転職エージェントのキャリアアドバイザーの方はもう一方の語学力にも注目してくださいました。

企業が求めるスキルに自分のスキルがマッチしたこともあり、年収UPにもつながりました。

(type転職エージェントより引用)

 

大学を中退してから2年間、居酒屋でアルバイトしながらのフリーター生活。毎日、楽しいんだけど、親にも小言を言われるし、「このままでいいのかな…」なんて漠然とした悩みを抱えていました。
「仕事は目的じゃなくって手段なんだよね」そんな就活アドバイザーの言葉から1対1で何のために就職するのかを話し合いました。その中で「自分の店を持ちたい」という夢を実現するために就職することに!自分で店を持つなら誰にも負けない圧倒的な交渉力を身につけられ、開業資金を貯められるくらい稼げる仕事がいいってことで今の仕事を紹介してもらいました。
まだまだ新人ですが、今は基本給に加えて、インセンティブももらえてます!このままだと目標としていた1000万円も近い?とにかく夢に向かって仕事しているので毎日が充実してます!!!

(ハタラクティブより引用)

今すぐ転職しないとどんどんあなたの時間はなくなります

いかがでしたでしょうか。

23歳での転職についてその実態がみえてきたと思います。

第二新卒と呼ばれ「経験の少なさ」「スキルの乏しさ」というマイナスポイントがありますが、それを補って余りある「ポテンシャル」を持っているため、転職をするにはとても良いタイミングなんですね。

 

もし少しでも転職を考えているのであれば、今すぐ行動に移していかなければ、どんどん可能性は狭められていきます。

嫌々仕事を続けるような時間の余裕はあなたにはありません。

ただ行動を始めると言っても何も難しいことは必要ないんです。

まずは転職エージェントに登録してみるだけでも転職に対する意識が少しずつ変わってきます。

転職活動をスムーズに効率よく進めていくためにも、転職エージェントのサポートを使いながら、自分の望む転職を実現させていきましょう!

あわせて読みたい

20代就職・転職におすすめな転職サイトランキングベスト10!楽しい職場で鬱にならないためには!