読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

今すぐ自己投資を始めよう!あなたの生活が劇的に変化する最強の投資術

起業論

f:id:bun1125:20160703201110j:plain

こんにちはぶんたです。

今回は「投資」について考えてみました。あなたは投資と言うと何を思い浮かべますか?不動産投資とか身近に聞く言葉ですよね。

ぼくは最強の投資は「自己投資」だと思っています。今回はそんな自己投資についてのお話。

 

そもそも投資って?

投資とはそもそもなんでしょうか。

投資(とうし、: investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。

どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性(リスク)も高まる。この一般則に反する取引が可能な場合、裁定取引が行われ、収益率の低下またはリスクの増大が起こる。

 wikipediaによるとこう書いてありました。将来の資本を増やすために資本を投じること。それが投資です。

さて、この観点から自己投資について見ていきましょう。

すべてが投資になる。それが自己投資

あなたが何の気なしに食べるもの。毎日やる行動。少し違った視点で見て下さい。それはもしかしたら自己投資になるかもしれません。もしかしたらそもそも自己投資かもしれません。

ぼくがなぜ自己投資を推すのか。それは簡単かつ身近な瞬間すべてを糧にすることができるからです。自己投資の大きなメリットですね。思考するポイントをちょっと変えればあなたの生活は劇的に変化します。それだけの可能性を自己投資は秘めているんです。

コンビニで何かを買うとき。誰かとご飯に行くとき。

あなたのその行動は単なる消費ですか?それとも投資ですか?

それは消費?投資?

自己投資と言うと、自分のスキルを向上させたり知見を増やす為に行う資本投下になるわけですが、ぶっちゃけその境界線って曖昧だなって思いませんか?

「これも自己投資!あれも自己投資!」になってしまうとただの財布の紐が緩くて時間管理の下手な人になってしまいます。資本は有限ですから、無闇矢鱈に使うのは非常にもったいないですよね。

そんなわけでぼくは自己投資と消費に明確な境界線を設けています。以下の3つをクリアして始めて投資を行うのがぼく流投資術です。

1,まずは納得がいくか

その買い物?本当に投資?これ、必ず自分に投げかけます。そうすると口達者なぼくやあなたは「いやいや、これを買えば必ず今後の為になるから」ときっと弁解をするでしょう。まずはとりあえず自分への説得が出来るかで判断していきます。

2,論理的に結果が見えるか

1まではだいたい誰だってすると思うんです。欲求を解消し、自分を納得させたいですからね。しかしここからは、本質的に投資の意味を考えていきましょう。

仮にその商品を購入したとして、具体的な未来へのビジョンを感じ取ることができますか?そしてその可能性は実現力が高いですか?期待できるリターンは希望的観測になっていませんか?本当に必要なのか、ただ欲しいだけや、見栄のためだけではないかをしっかり考えてください。未来のリターンを達成している像を具体的に思い浮かべてみてください

3,結果の次に繋がる投資はあるか

もし2までをしっかりと想像できたなら、これが最後の問いです。あなたが実現可能と確信した未来は実現した時点で現在となります。投資は未来を見据え、資本を投下しなければなりません。達成した未来のさらにその先を想像してください。ひとつの投資が生み出した結果が、次の投資を生み出してさらなる可能性を呼び起こせるものなのか

長期的に見てその投資はあなたの未来を変えますか?難しいですがそこまで考えてみましょう。

 

ここまで来てやっと投資するんです。本を買うにも、誰かと食事に行くのも一緒。未来への価値が無いならば投資する必要はありませんから。

投資は慎重に!但しスピーディーに!より多く!

上記に書いたようなステップを辿ると、早々、投資なんてしないんじゃないかと思われますが、ぼくは割とガツガツ突っ込んでいます。それは日常への視点を広くみているからです。投資に繋がりそうな情報はネットや普段の会話を中心に常に血眼になって探します。そして瞬時に判断し、その場で判断材料が足りなければ、メモに残してその日の内にしっかりと調べあげ必要かそうでないかを検討します。

これは高速回転させることによって真価を発揮するPDCAサイクルにも似ていますね。投資の判断サイクルを毎日毎時毎秒回し、次の瞬間にも自分の成長へと繋げるのです

そして何よりも、金銭的な資本は有限ですが増やすことはできます。しかし時間を増やすことは出来ません。時間は最大の資源ですからとにかく効率的に使わなければもったいないです。未来に繋がらない消費にかけてる時間はないんですよ。その為にも、投資の速度を早め、自分をどんどん成長させる必要があるんです。

自己投資は他人の幸せへの投資にもなり得たのか?

こうしてガンガン自己投資をしていくと、ひとつ考えるべき要素が出てきます。ビジネスなら特にですが、投資をして生み出されるリターンはどこかから降ってくるものではありません。あなたの投資の影響を受けた、自分以外の誰かからやってくるんです。誰かの為になったり、喜んでもらえたりするのは気持ち的にも嬉しいですし、同時にあなたの投資の視野を広めます。もし投資がうまくいったなら、あなたの投資は誰の為になったのかを分析してみましょう。そしてこれからの投資で喜んでくれる誰かを増やす為にどうすればいいのかを念頭に置いて考えましょう。

自己投資が及ぼす周りへの影響は意外と大きいものです。その投資が本当にしてよかったものなのか分析する為に、誰の為になることができたかをひとつの指標として見てみて下さい。

セルフブランディングには周りがしない投資をしよう

自己投資を重ねることで周りとは違う自分を独自に形成することができます。周りとの差別化は簡単な話目立てますから、様々な人から見られる対象になります。こうして周りにいる人間が増えることで、新しい投資への発見や成長を早めるキッカケとなります。印象付ける事は、セルフブランディングへの投資と同義です。もっと今以上に差別化を図ることが投資を成功させる要にもなります。

周りの誰もがやるような投資のやり方ではダメなんです。知識を付けるために「本を読む」「セミナーに行く」だけでは周りと一緒でそれ以上の結果を出せないかもしれません。「詳しい人に会う為に人を繋いでいく」「実践できる事は自分で仮定して検証してみる」など。一見遠回りのように見える行動も、周りの目を惹きつけ、そして知らぬ間にあなたのファンを増やします。最終的に通常の投資以上の思いもよらぬ結果をもたらす可能性があるのです

ぼくが自己投資をしてきて得たもの

ぼくは傍から見てもバカだろ?と思われるような自己投資をよくしているそうです(自分ではそんなつもりはありません)。そんなのお金の無駄でしょ。時間も無駄じゃん。以前はよく言われました。しかし、度重なる自己投資のおかげで3つのスキルを得ました。これは一生使えるものですし、このスキルを早い段階で実践的に使えるようになったのはぼくの大きな武器でもあります。

1,検証力

何度も投資の判断を重ね、そして投資結果を検証することで養われた力です。疑う視点、仮定する視点が身につき、俯瞰的な自分を作り出しました。常に自分の行動を見ている俯瞰的で冷静な自分は、自分自身の一挙一投足を検証しながら次の行動の最適解を瞬時に示してくれます。検証力の向上は投資のスピード感に必須でした。

実際のビジネスでも、大きな未来を見据えた提案を行えるようになり、ひとつひとつ順を追って検証することで組織のマネジメントもうまくなっていきます。

2,説得力

ぼくはどんな投資の時も上に書いた3つの関門を必ず意識しています。この3つの関門を通すのは面倒な上に効率が悪いのですが、検証力と説得力が伸びた事で最初のひとつの関門だけでほぼほぼ判断できるようになりました。検証力が向上したことで、何かを疑う視点、仮定する視点が養われました。つまり強化された検証力を突破するには、相応の説得力も必要な訳です。論理的に自分を説得するだけでなく第三者を説得するつもりで投資の判断を行います。

この力は実践のビジネスや私生活でも活きてきますし、人間関係を渡り歩くにはとても武器になるスキルでした。

3,直感力

最後のスキルは直感力。この力は恐らく1番実践的であるなあと僕は思っています。言うなれば経験から来る勘ですね。投資は「もしかしてこれイケるんじゃ...」みたいななんとなくから真剣に検討する段階にシフトします。検証判断を繰り返し、さあいざやるかどうするかで悩んだらぼくは自分の直感に頼ります。

大事な場面でしっかりと決断できる力。生きていく上で人生を左右するような選択に差し迫った時、この力が養われているのと、そうでないのとでは結果が大幅に違ってきますよね。

 

以上の3つがぼくが自己投資をする上で培った大きな力でした。それこそ「自己投資をガンガンやろう!」という投資として見ると、このスキルがぼくに返ってきた大きなリターンですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は自己投資について書きました。自己投資はあなたの生活を豊かにし、これまで以上に楽しく生きやすい環境を作り出します。基本的には考える力を養うのが投資への第一歩です。その消費、投資に変えてみては?